結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
徳川町 如水(名古屋市東区)
317- 024-1

317- 028-1

317- 032-1
塩ラーメン 700円

意外にもくまぶろ初紹介になります。名古屋無化調ラーメンの雄、如水さんにおじゃましました。
とにもかくにも如水さんは、老若男女問わずファンが多いですよね。
あんまりラーメン詳しくない方でも、如水さんのラーメンが好きというのはよく耳にします。
今では多岐多彩に渡るプロデュース店があちらこちらにありますが、やはり元祖はここ徳川町です。
淡麗系「塩」「醤油」のほか、如水流「たいわん」「担々麺」に、にんにく風味の香味油を加えた
「香そば」なども人気ですが、やはり如水といえばこれ!「塩」をいただきました。

訳30種類の天然素材を使用した完全無化調のスープは、一口いただけば「ああ如水!」です。
熱々のスープは、節の風味が鼻を抜け、厚みのある旨味が舌に乗ってきます。
重層感がありながらも、後味の軽い旨味が特徴ですね。わかりやすい美味しさがあります。
三河赤鶏を使用した鶏メインの丸みを帯びた動物系に、魚介の香ばしい風味が重なれば、
これは日本人なら否定できないでしょう。年月を経ても如水さんの根本は変わらないですね。

合わせる麺は、小麦の香りにこだわった特注の細ストレート麺です。
パツっとした弾力を楽しむというより、しんなりとしなやかにいただく細麺ですね。
チャーシューも品がありますね。柔らかく素直な味のチャーシューです。
メンマはなかなかの太さですが柔らかいですねー。瑞々しさがある美味しいメンマです。
ちなみにネギが入らないんですが、まぁ入ってもいいと思うんですけど、
このスープならば入れないという選択も分かるような気がします。

言わずと知れた人気店ですが、人気の秘密はやはりわかりやすい美味しさにあると思います。
無化調と難しく考えずに、直感的に節の風味で鼻から感じ、
熱々のオイルの乗ったスープを舌に感じれば、「あ、ウマイ」と感じるのは当然な感覚ですね。
だからと言って決して安っぽい味ではなく、素材を大切にしているのはとても伝わります。
その辺りが多くの人に愛される理由ですね。美味しかったです。ごちそうさまでした。

317- 036-1
徳川町 如水
愛知県名古屋市東区徳川町201 日幸ビル1F
11:30~14:30 18:00~24:00
火曜定休
TEL:052-937-9228

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市東区
中華そば 白壁あおい(名古屋市東区)2
280- 008-1

280- 009-1
味噌そば 700円(味玉+100円)

東片端で定期的あった研修も今回で一区切りとなり、片端ラーメンランチも一区切りです。
最後はこのR41の並びの中から、一番もう一度リピートしたかったあおいさんにおじゃましました。
前回は中華そば、今回はもう一つのチェーン店には無いメニュー「味噌そば」をいただきました。

濃厚とは謳っていますが、味噌ラーメンにしては非常にスッキリした口当たりのスープです。
まずスープのベース自体が、野菜の出汁が効いた甘みを感じるスープなんですが、
さらに津軽米麹味噌、信州白味噌、大分麦味噌の3種類をブレンドした味噌ダレが絡んで、
何とも甘みの強い味わいですね。味噌的には麦味噌が効いてるのかな。優しい味噌味です。
味噌スープそのものは優しすぎるぐらいですが、そこに辛ミンチとニンニクで、
パンチを持たせていて、味噌ラーメンとしてのインパクトを押し上げているイメージですね。

麺は何故か家系ラーメン並みに短いのが特徴の自家製麺です。太さは中太レベル位かな。
スープがそれほど強いスープではないので、これぐらいの太さの麺との相性が良いですね。
ここのチャーシューは本当に絶品です!とろける系のチャーシューが好みならベストに近いかも。
「中華そば」の時も、スープに溶けていくような感覚のチャーシューに大満足でしたけど、
味噌でも良いですね!よりシンクロするような感覚が味わえます、今度は焼豚増し必須です。
メンマは細身ながらも十分な歯ごたえがあって、脇役としても十分な存在感でした。
追加した味玉も、黄身が飴色に輝いていて文句無しの出来ですね。美味しい味玉でした。

ニンニクが思ったより効いていたのは、少し想定外ではあったんですが、
「中華そば」を看板にするお店の「味噌そば」としての満足感は高かったですね。
やっぱり順番として「中華そば」→「味噌そば」の順番でいただいたのが良かったのかな。
「味噌そば」の中に「中華そば」の要素を感じられるので、その順序がオススメですね。
これも大切にしてほしいラーメンでした。美味しかったです。ごちそうさまでした。

280- 005-1
中華そば 白壁あおい
愛知県名古屋市東区白壁1-36
11:30~14:00(土日祝~14:30) 18:00~22:30
月曜定休
TEL:052-971-0187
55グループ公式ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/soupbeat/

Posted by くまお
comment:0   trackback:1
[名古屋市東区
はまゐば 東片端店(名古屋市東区)
275- 019-1

275- 021-1
あかはまらーめん 740円

今回も東片端で研修です。ラーメン好きにはこの界隈は本当に助かります。
今回の昼食は、「はまゐば」さんの東片端店へおじゃましました。
杁中の本店から数えるともう中堅以上になりますが、あまり縁がなかったお店です。
はまゐばさんと言えば「あかはま」「くろはま」が看板メニューですので、
ここはやはりでっかく一番人気と書かれていた「あかはまらーめん」をいただきました。

多少の背脂は浮きますが、豚骨ベースの魚介割りスープは当然の如く軽い口当たりです。
初期の頃から経営も替わり、紆余曲折もあったと思いますが、
コンセプトはやっぱり今でも変わってないですね。「スガキヤインスパイア」は今も健在です。
スガキヤチックな味と表現しちゃえば簡単ですが、もちろんそこまでのチープさは無くて、
和風だしの上品さが前面に出ている、品の良い和風ライト豚骨ラーメンですね。
やっぱりこの味は名古屋圏に住む人間にとって、否定できる味じゃないですよね。

麺は太麺か細麺を選べます。オススメは太麺ということでそちらを選びましたが、
個人的にはこのスープだったら細麺のほうが相性が良いような気がします。
太麺も多加水のプリッと食感が楽しめる美味しい麺でしたが、この麺だと若干麺の方が強いかな。
「あかはまらーめん」は、要するに白髪ネギの辛ネギトッピングなんですが、
辛ネギがそんなに主張の強い味ではないので、和風ライトスープには考えられた相性ですね。
程よい味の変化と持続するシャキっとした食感は、食べてての楽しみはありました。
味玉も半分初めから付いているのは、値段相応かもしれませんが何となく嬉しいものですね。

ランチだとご飯とキムチor漬物が無料で付きます。
何気にキムチを選んじゃったんですけど、これがちょっと失敗だったかもしれないです。
本郷亭のような浅漬けキムチならまだしも、辛味もニンニクも効いた本格キムチだったので、
これを食べるとラーメンの味がちょっとマヒしちゃいましたね。次あれば漬物にします。
至って卒なくいただける、名古屋のソウルフードを連想させるライト魚介とんこつでした。
ごちそうさまでした。

275- 017-1
はまゐば 東片端店
愛知県名古屋市東区撞木町1-15
11:30~14:30 17:00~24:00
基本無休
TEL:052-973-0678

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市東区
タンメン ニュータマヤ(名古屋市東区)
275- 002-1

275- 004-1
タンメン 680円

東片端での研修が定期的に続いているんですが、この辺りは選択肢が多くて有難いです。
今回はタンメンのニュータマヤさんにおじゃましました。
蒙古タンメン中本インスパイアの「大陸タンメン」が有名ですが、自分には無理なので(^^;)
筆頭メニューでもある普通のタンメンをいただきました。

野菜を炒める中華鍋から漂う、いかにもジャンクなニンニクの香りで店内は満たされます。
スープはやや白濁していますが、タンメンらしくベースはアッサリ目の塩味です。
そこに炒め野菜からのラードとニンニクが効いていて、
あっさり一辺倒ではない、パンチの効いたタンメンへと仕上がっています。
店内のニオイからは身構えましたが、ニンニクは食べると匂いほどのインパクトじゃないですね。
二郎系の生刻みニンニクやクラッシュとかに比べれば、よっぽどマイルドだと思います。

合わさる麺は中太のストレート麺です。若干やわめかな。
タンメンって太麺のイメージですけど、この麺でも別に違和感は無かったです。
炒め野菜は流石に盛りだくさんですね。「野菜摂取」の看板通り野菜を食べてる実感はあります。
キャベツが多いですね!その代わり豚肉は少ないですけど、その辺はご愛嬌でしょうか(^^;)
茹で野菜にはない、炒め野菜特有の風味と食感、ラードのコーティングによるコクと、
中華鍋で煽られた野菜ならではのメリットがあると思います。

関東じゃ珍しくないタンメンですが、名古屋じゃ意外とありつけないんですよね。
それを考えたら、以前のつけ麺店からの業態変更は大成功でしょうね。
もっとお客さんのほとんどが「大陸タンメン」を頼んでるかと思ってましたが、
サラリーマンの一番人気は普通のタンメンでした(笑)そりゃそうかもしれませんね。
ニンニク的には、サラリーマンのお昼にギリギリのラインかな…アウトかも知れませんが(笑)
ガツっとサラッと野菜摂取!美味しかったです。ごちそうさまでした。

273- 008-1
タンメン ニュータマヤ
愛知県名古屋市東区主税町2-26 主税町ビル1F
11:00~14:00 18:00~23:00
無休
TEL:052-968-1727

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市東区
中華そば 白壁あおい(名古屋市東区)
273- 012-1

273- 013-1
焼豚そば 850円

この日も片端研修ということで、少し歩いてお昼はあおいさんへおじゃましました。
言わずと知れた、今をときめく“フジヤマ55”グループの一号店になります。
屋号の通り、当初は中華そばメインというか一本でやっていたお店ですが、
今じゃグループの看板「つけ麺」もやってるんですね。IHはなかったですが(^^;)
味噌やまぜそばを食べてる方が多かったんですが、やはりここは原点の味をいただきたいと思い、
いわゆる中華そばのチャーシューメンですね。「焼豚そば」をいただきました。

高山ラーメンの流れを汲んだビジュアルは、醤油色の濃いいかにもという風情ですが、
いただけば色ほどの味の濃さはなく、野菜から出たとみられる甘みを感じることが出来ます。
動物系は下支え程度で、魚介系の出汁が前面に出た味わいですね。
スッキリとした飲み口で、レトロ感に浸りながらしみじみといただくことが出来るスープですね。

合わさる麺ももちろん高山風で、平打ちの不揃いな細縮れ麺です。自家製麺だそうです、
のど越しというよりは、沢山絡むスープと共に縮れ麺の口に広がる食感を楽しむ麺ですね。
チャーシューは柔らかいですね。箸で持てないほどのトロトロでした。
メンマはコリコリとした食感で、ネギは粗めにざっくりと甘味を感じるものでした。

フジヤマ55の原点であるこちらのお店は、キャパの小ささがどうしても難ではありますかね。
本当に街のラーメン屋という印象で、決して広くはないカウンターのみの店内に、
お昼時は店内待ちもあり落ち着いていただけなかったのが、ちょっと残念ではあったかな。
せっかくのしみじみ良い中華そばだったので、味わって食べたかったというのはありました。
現在では味噌系やまぜそば・つけ麺がメインで、原点の中華そばはサブに回ってるようなので、
まぁそれも仕方ないかもしれませんね。広い展開でつけ麺ブームに貢献している55さんですが、
これが原点の味ならば、大切にしてほしいなぁと思う中華そばでした。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

273- 015-1
中華そば 白壁あおい
愛知県名古屋市東区白壁1-36
11:30~14:00(土日祝~14:30) 18:00~22:30
月曜定休
TEL:052-971-0187
55グループ公式ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/soupbeat/

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[名古屋市東区
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。