結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
博多らーめん ばりばり軒 津島店
151- 012-1

151- 013-1
ラーメン 600円

津島詣で番外編です。一宮の博多ラーメンの有名店「ばりばり軒」さんが
津島にもあったなぁと思い、おじゃま致しました。
行列必至かなと思ってたんですが、時間帯をずらしたせいかそれほど混雑は無かったです。
オーダーはシンプルにラーメンを「ばりかた」でいただきました。

博多ラーメンらしいシンプルなビジュアルですね。
スープは噂どおり全然豚臭くないです。口当たりはいたってライトな印象です。
クセは無く食べやすい豚骨ラーメンですね。
「クセが無く食べやすい」までは豚骨ラーメンとして珍しくないですけど、
ここのトンコツはいわゆる「クセが無い」レベルの、平均的な豚骨スープよりコクがあります。
旨味はわかりやすく、その上サラッと食べれる豚骨…人気の理由も分かります。

「ばりかた」で頼んだ麺は若干他店よりも柔らかめかな。
もっと歯切れの良い食感を味わうなら、「はりがね」まで行ってもいいかも。
博多直送の麺だそうですが、小麦の味は感じられる豚骨王道の美味しい麺だと思います。
チャーシューは質感がしっかりしたタイプですね。
スープがあまりにもクセが無いので、チャーシューにむしろ豚臭を感じてしまいました(笑)
言い換えれば肉の味はしっかり感じることができるチャーシューです。

せっかくなので、別に添えてくれる「ばりばり醤」も終わりがけに入れてみましたが
辛味もマイルドで、スープが減った状態でも一変させるほどの効果はなかったかな。
でも、ゴマや高菜のように替玉対策としての役割は十分果たしてくれますね。

塩分がちょっと強かったのは気になりましたが、まぁそれも替玉ありきの豚骨なのでね。
サラッと食べる豚骨ラーメンの形としては、ハイレベルな一杯だと思います。
きっとラーメン頻度が低い方ほど、美味しいと感じる率は高いんじゃないかなぁ。
なかなか美味しかったです。ごちそうさまでした。

151- 010-1
博多らーめん ばりばり軒 津島店
津島市宇治町茶の里87-1
11:30~翌3:00
年中無休
TEL:0567-25-6777

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[津島市
中華そば 呵呵(津島市)
152- 002-2

152- 004-2
塩の一押しセット 830円

津島詣で、今回は呵呵さんへおじゃましました。
ここの内装は簡素なんですが、木とブロックを組み合わせたとてもオシャレな造りですよね。
テーブル席も完備していて、夏休みともなるとお子様連れのお客さんも大勢いらっしゃいます。
ここも何食べてもハイレベルですが、塩をすだち&温泉卵の一押しセットでいただきました。

一杯ずつ小鍋で温められたスープ。チャーシューも一枚ずつ手切り。どこまでも丁寧です。
スープだけではなく麺にも透明感があって、洗練された曇りのない塩ラーメンですね。
口にすれば、まず鼻から抜ける魚介の香りに心をガツっとつかまれ、
その後にジワジワとスープの旨味が盛り上がってくるようなイメージです。
動物系は鶏の味をよく感じます。動物と魚介どちらが強いというわけではなく
全体的に奥ゆかしいというか、丸みのある仕上がりのスープですね。
そこになくてはならないのが「一押しセット」の別トッピング「すだち」ですね。
これが入ることで、キレというか全体がキュッと締まったような味になります。
コストの関係からか別売になってますが、「すだち」を入れることで
さらにワンランク上の完成された塩ラーメンになりますのでオススメです。

トッピング類でまず目を引くのは、こちらの名物・大判手切りチャーシューですね。
肉厚な上に身は崩れるほどの柔らかさで、優しい中に強いインパクトを放っています。
あと面白いは玉ねぎですね。スープの熱で程よく火が通った玉ねぎは
シャリっとした食感は残しつつも、生特有の辛味はほとんど感じない、
素材の甘みが活きたタマネギでした。
温泉卵はなんでだろう?という素朴な疑問はありますが、
スープを温玉に合わせて、ツルっと美味しくいただきました。

卓上にはフライドエシャロットやハーブオイルなど面白いものもあるんですが、
その存在を忘れるぐらい夢中になって食べてしまう力が、このラーメンにはありますね。
遠くてなかなか行けないですが、時々サラッと食べに行きたいお店です。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

151- 001-2
中華そば 呵呵(かか)
津島市神尾町字西之割25-1
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜・木曜定休
TEL:未確認

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[津島市
らーめん 双葉(津島市)
151- 006-1

151- 007-2
ゴマ辛らーめん 700円

津島詣でです。まずは好来系の双葉さんにおじゃましました。
もちろん正統派のしょう油味も良いのですが、やはりこちらへ来たら1番人気のコレを!
双葉さん特製の「ゴマ辛らーめん」をいただきました。

薬膳ラーメンの「好来系」をいわゆる担々麺“風”にアレンジしたらーめんなんですが、
もはや双葉さんの看板メニューとなっているだけあって、絶妙なバランスですね。
自家製のゴマペーストで生み出されたゴマの豊潤なコクと、こちらも自家製の
ラー油等から来るキツ過ぎないまろやかな辛味の向こう側に、優しさが感じられます。
本来のスープが持つ、動物系や根菜類の旨味から来る優しさですね。

麺のほうは太めのストレート麺ですね。
しっかりとした食感ですが、強すぎない麺なのでゴマ辛スープとの相性は良いです。
スープをバッチリ受け止めてくれる麺に、ここでもバランスの良さを感じます。
トッピングはチャーシュー・メンマの定番に、モヤシとネギが加わります。
チャーシューは巻きチャーシューから変わったんですね。
先入観から丸くないチャーシューに違和感を受けますが(笑)
肉の旨味の強い美味しいチャーシューですね。
この一杯にはミンチよりチャーシューがよく似合います。
メンマもまた然りですね。細めの柔らかめメンマはこちらも好相性です。

実はゴマが強過ぎる本格的担々麺はあまり得意ではないんですが、
こちらの「ゴマ辛」はそれほど胡麻ゴマしてないのが、個人的にはツボにはまる味です。
ベースとなるスープの土台がしっかりしているんで、
老若男女問わず幅広い層で満足できるような、さすがの完成度だと思います。
自分みたいに辛さに弱い人でも、ノーマルなら問題ない辛さですし、
辛好きの方には辛味増量もできるので、食べ手を選ばないというのもポイント高いです。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

151- 002-1
らーめん 双葉
津島市東柳原町1-46
11:30~14:30 18:00~21:30
月曜、第1・3木曜定休
TEL:0567-26-8399

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[津島市
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。