結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
つけめん 京蔵(静岡県浜松市)
299- 007-1

299- 009-1
得製つけめん 1000円(麺300g+150円)

来たい来たいと思いつつチャンスを伺っておりましたが、やっと来れて嬉しいです。
浜松は西区に昨年OPENの「つけめん京蔵(きんぞう)」さんにおじゃましました。
言わずと知れた、つけめんのパイオニア「六厘舎」さんご出身の方のお店です。
10数年前、妻が浜松に住んでいたことがあって、交際中のその頃よく通った辺りなんですが、
当時は何も無かったのに浦島太郎ですね。新しい街にある清潔感のある落ち着いたお店の印象です。
平日の昼間に伺いましたが、それでも行列は絶えることなく、人気の高さを感じます。
メニューはノーマルと辛いバージョンのつけめんの2種類で、各トッピング対応となります。
全部入りバージョンの「得製つけめん」を麺300gの大盛でいただきました。

つけ汁を一口いただけば「なるほどー」と、思わず唸ってしまう深みのあるつけ汁ですね。
もちろん構成は、現在の流行つけ麺の直系ですので、濃厚動物魚介系のそれです。
言葉じゃ上手な表現が見つからないんですが、つけ汁としての「味」が強いんです。
それはカエシによるものではなく、素材のひとつひとつが重なって生まれた「強い」つけ汁です。
なので塩分的には決して濃いという感じはないのに、素材の旨味が濃くて、その素材の旨味で、
ガンガン麺が進んでしまうようなつけ汁です。やっぱり一味も二味も違いますね!
つけ麺の汁なのに、ついレンゲから直接飲みたくなってしまうようなつけ汁です。

このハイレベルなつけ汁に合わせる麺は、カネジン食品さんの極太ストレート麺です。
特徴としてはかなり固めの麺ですね。形状記憶っぽい麺と言っても分かりにくいかな(^^;)
箸でつまんでも、麺の形が真っ直ぐに戻ろうとするぐらいの固さがありますね。
風味は強くて、麺自身の旨味は申し分ないんですが、この固さはやっぱり好みが分かれるかな。
個人的にはもう少しもっちりとした食感で、麺肌が滑らかな麺のほうが好みですね。
逆にゴワッとして、強靭な弾力がある麺がお好みの方には合うと思います。
具材のチャーシューは「得製」にすると、ロールにブロックと違う食感のものが楽しめます。
メンマや味玉も名店のご出身だけあって、クオリティの高さが光りました。

本当は、六厘舎譲りの柚子の香りの効いたスープ割りで〆たかったんですが、
あまりにつけ汁の口当たりがよくて、そのままの濃度でほとんどをいただいてしまいました(笑)
まだ開店1年少々のお店ですが、もうすでに静岡No.1つけ麺の評判もある京蔵さんですので、
浜松方面に伺う機会があれば、是非訪れてみてはいかがでしょうか。
個人的には、愛知の名のある店のつけ麺も決して負けてはいないと思いますが、
逆につけ麺をあまり食べ慣れない方だと、この味は衝撃的に映るだろうなぁと感じました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

299- 002-1
つけめん 京蔵 (きんぞう)
静岡県浜松市西区雄踏1-12-21
11:30-14:00 (スープ切れ終了)
月曜・第3火曜休み
TEL:053-592-7200

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:2
[静岡県
電撃羅愛麺 青空きっど 零(静岡県浜松市)
182- 038-1

182- 041-1
黒つけ参号 690円(大盛+150円)※参号は和牛仕立て 金曜日限定

くまぶろ初静岡ですね。浜松へ寄ったついでに長年耳にしていたこちらへ。
浜松の有名店「青空きっど零」さんへおじゃましました。
こちらのお店は曜日限定の「豚・鶏・牛」のつけそば三部作が看板メニューでして、
その中でも伺った日がちょうどレアな牛肉仕立ての「参号つけ麺」の提供日(金曜)でした。
さらに味のバリエーションも、黒(醤油)白(塩)赤(唐辛子)黄(カレー)金(唐辛子)と
非常に豊富なので迷いましたが、原則通り筆頭の黒(醤油味)でいただきました。

なんだろう…これ、表現が難しいなぁ。つけ麺では味わったことない面白い味ですね。
非常にスパイシーなんですけど、ベースはあくまでも醤油。カレーじゃないです。
カレーで言うガラムマサラのような風味付けの香辛料が多く使われていて、
牛の風味と相まって、エスニックぽくもある独特な味わいですね。
動物スープ自体の濃度は高くないですし、塩分も強くないので、
そのままでも全然飲めるぐらいのつけ汁なんですが、
そこに強めのスパイスと牛ミンチやタマネギはしっかり絡むので、
物足りなさを感じることなく食べ進めることができました。

麺もこの不思議な雰囲気に一役買ってます。平打ち麺と中太ストリートの混合麺です。
この2種類の麺を一緒に食べることで面白い食感が生まれますね。
食感も固めでパスタのアルデンテっぽくもあります。
そんなに強い麺じゃないのが好印象ですね。つけ汁とのバランスも良いですよ。

なかなかオンリーワンな面白いものを食べることが出来ました。。
挽き肉と玉ねぎの相性はキーマカレーっぽくもありますが、あくまで“Not Curry”なんです。
またこれが味噌や塩ならどうなんだろう?という想像も広がりますし、
何しろ曜日替わりで3種類のベーススープという設定もニクいです。
さすがに浜松…、いや静岡を代表するつけ麺のお店だけはありますね。
美味しかったです!また機会があれば壱号・弐号もいただいてみたいですね。
ごちそうさまでした。

182- 036-1
電撃羅愛麺 青空きっど 零
静岡県浜松市中区曳馬5-24-19
10:45~15:00 17:30~22:00(月~木は昼営業のみ)
祝日休み
TEL:053-471-3617

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[静岡県
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。