結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
らーめん つけめん めん翔(岐阜県羽島市)
340- 003-1

340- 009-1

340- 006-1
つけ麺(並) 780円

やって来ましたのは岐阜県羽島市です。ここらでお昼ということになり、
検索した結果、こちらのめん翔さんにおじゃますることに致しました。
お隣の柳津や笠松あたりへ行けば、選択肢も拡がるんですが時間も無かったですし、
地の地域密着店におじゃまするのも良いですよね。それも慣れない土地での楽しみのひとつです。
とは言っても、こちらめん翔さんは昨年OPENと比較的新しいお店で、メニューも豊富です。
平日ランチは、中華定食系の日替わりなどもあって少し心惹かれましたが、
お店のオススメは魚介豚骨スープのようでしたので、つけ麺をいただいてみました。

いただいて正直驚きました。失礼ながら想像以上に本格的なつけ麺でした。
非常に濃度が高くまったりとした口当たりのつけ汁は、動物系の旨味がよく出ています。
単に濃厚だけでなく、辛味や酸味も程よく効いていて、とてもバランス良く仕上がっていました。

麺は舟型の器に盛られています。やや断面が長方形状の太麺ですね。
どちらかと言うと、つけ麺ではソフトなタイプのしなやかでモチモチ系の麺ですね。
個人的には、こういうタイプのつけ麺の麺は好みです。スープをよく拾ってくれます。
具材は、麺のほうにロールチャーシュー2枚と海苔と玉子半分、
汁の方には、更にサイコロチャーシューと細切りメンマが入っていて結構ボリュームがありました。

終日ライス付き無料という太っ腹で、ポットの和だしと合わせて、セルフ雑炊でフィニッシュです。
何気に入ったお店で、正直存じ上げなかったんですが、良い店でした。
手作りギョーザやチャーハン、天津飯などもありますので、また羽島に来たら訪れたいお店です。
地域の皆さんに愛されるお店は、地域の人間じゃなくても応援したくなります。
頑張ってくださいね。愛知から応援してます。美味しかったです。ごちそうさまでした。

340- 001-1

らーめん つけめん めん翔
岐阜県羽島市竹鼻町錦町65番地
11:30~14:30 17:30~23:00
火曜定休
TEL:058-391-4880

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[岐阜県
二代目 白神(岐阜県関市)
206- 009-1

206- 012-1
豚にぼ3rd 750円

昨日の白神さんの続きです。ここ関まで来たら、当然一杯じゃ帰れません。
しげ吉といううなぎ屋さんの行列と、あっ晴れ関店を横目に、
もうひとつの「白神」、二代目白神さんのほうにもおじゃましました。
こちらのメインは豚骨ラーメンなんですが、お目当てはかつて限定提供だったこちらの一杯。
これも各方面で絶賛されていたので念願叶いました。「豚にぼ」です。

その「豚にぼ」も改良に改良を加えて、現在がサードバージョンだそうで、
現バージョンでは以前よりも豚濃度を抑え、まるで煮干をかじってるかのような
エグミすら旨味に感じられる一杯というものを目指したそうです。
確かにこの煮干しはハンパじゃないですね!エグいし、苦いですよ。
あーでも、これハマるの分かるなぁ。旨味のカタマリみたいなスープですね。
豚骨濃度本当に抑えたんですか?これで抑えたならどれだけ濃かったんだって話ですよ。
こちらのお店通常の豚骨ラーメンより、倍近く濃度を高めてるという豚骨スープは
それだけでもドロドロで、乳化以上に骨まで溶け込んでる超濃厚スープです。
その豚の骨太な濃度こそが、ヤンチャな煮干を優しくというかガッチリと受け止めてます。
初代の「えびそば」でも感じたんですが、白神さんはパワープレイの中に繊細さがありますね。
味も強めで荒々しさがあるけども、どこかしら上品さもあるという独特の雰囲気がありました。

麺はこちらも「えびそば」同様、自家製の中太ストレート麺ですね。
替玉だと豚骨ラーメン用の細麺にもなるようですが、バランス的には中太のほうが良いかな。
こちらのスープにも相性はいいですね。滑らかで食感の良さが良いアクセントです。

旨味の強さでグイグイ箸の進む一杯です。流石に替玉まではちょっと無理でしたが、
単独でいただけば、替玉で2回分ガッツリと超濃厚スープを堪能したい一杯です。
流石にここでもオンリーワンの一杯楽しませてくれますね!
美味しかったです!ごちそうさまでした。

206- 008-1
二代目 白神
岐阜県関市小瀬2611-1
11:00~14:00 18:00~21:00
月曜、第3火曜日休み
TEL:0575-23-9120
麺屋白神グループHP http://www.menya-hakushin.com/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[岐阜県
麺屋 白神(岐阜県関市)
206- 002-1

206- 005-1
軟骨えびそば 980円(味玉サービス)

ここまで長かったなぁ…と思ってしまうほど、大げさですが感慨深いものがあります。
説明不要ですね。岐阜県というか東海を代表する名店、白神さんへおじゃましました。
白神さんの代名詞と言えば白海老、そして軟骨チャーシュー。
ふたつの夢を同時に叶えてくれるのはこれしかないですね!「軟骨えびそば」です。
このラーメンの主となる白エビは、富山湾の宝石と呼ばれる富山でしか採れない貴重な食材!
その白エビを惜しげもなく使用したスープは、海老好きにはたまらない仕上がりです。

今さら自分が語るのもおこがましいので、簡潔に述べさせていただきます。
白エビという食材をいかに大事に扱ってるのかが一口飲めば分かります。
エビの味わいはストレートですが、嫌味がなくむしろ繊細なほどの柔らかい味わいです。
合わさる動物系はあくまで濃厚なんですが、白エビが出しゃばらない程度に、
味に柔らかさを加えていて、強い中にも非常にバランスが取れた絶妙な味わいとなっています。
タレも表現が難しいんですが、「味が濃い」というより「醤油が強い」という印象です。
醤油の香りも強く、シャープでキリっとした力強さがあります。
でも、醤油辛くはなくまろやかなんですよね。白エビがやっぱり大きいなぁ。上品なんです!

麺は自家製の中太ストレート麺です。これだけのスープを受け止めるだけの力があります。
滑らかでいて持ち上げも良く、プチッとした食感も感じられる美味しい麺ですね。
そしてもうひとつの主役「軟骨チャーシュー」ですが、これが柔らかいですねぇ!
量もたっぷり過ぎます!食べ応えは抜群で、お腹も大満足です!
軟骨はここまで煮込むと、トロトロのコラーゲンになることを改めて実感出来ます。
このコラーゲンのネットリした食感がクセになりそうですね!これは面白いですね。

間違いなくウマイです!間違いなく名店・名作です!
なかなか来れる所じゃないんですけど、また思い出したら食べたくなる絶品ラーメンでした。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

206- 001-1
麺屋 白神
岐阜県関市巾2-144-6
11:00~14:00 18:00~21:00
月曜、第3火曜日休み
TEL:0575-25-0656
麺屋白神公式HP http://www.menya-hakushin.com/

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[岐阜県
らーめん Nageyari(岐阜県各務原市)
183- 016-1

183- 019-1
つけめん大盛(400g) 900円

岐阜シリーズ2軒目は各務原のなげやりさんへおじゃましました。
今まで地元重視で回ってたので、さすがにここまで来る機会は無かったんですけど、
いざ県外に出たら、必ず食べたかったお店の筆頭格ではありました。
鳥居式らーめん塾出身なのと、元“やり投げ”選手から命名されたのは有名ですよね。
ここはデフォルトで麺300gのつけ麺なので、気軽に頼んだ大盛は400gです(^^;)

いわゆる豚骨魚介のつけ麺ですが、こちらのつけ汁は魚介はどちらかというと控えめで
骨太な動物系の旨味をメインに、ノーマルにしては強めの酸味と辛味で
引き締めているタイプのつけ麺ですね。タレの味も結構強いです。
コクも十分で強いぐらいなので、好みですが軽めにつけたほうがいいかも。

今回いただいた麺は、全粒粉とのミックス麺でした。
おかげで素で食べれば麺の風味がよく分かりました。
比較的つけ麺の麺にしてはしっかり茹でられていて、モチモチ感はあります。
超まで付かない太さ加減からも食べやすい麺ですね。

トッピングはつけ汁に隠れていますが、結構な量入ってますよ。
岐阜県産の美濃けんとんを使用しているというチャーシューは、
肉感の強いタイプのチャーシューで、短冊形にカットされたものが十分な量入ってます。
同じような大きさのメンマも太くはないけど、しっかりとした歯応えを楽しめるものでした。

スープ割りで最後までいただきましたが、割ってもやっぱりちょっと味濃い目ですかね。
美味しいから全部飲んじゃうんですけどね。
いわゆる豚骨魚介のつけ麺は出尽くした感はありますが、
何年もブームを支えているお店というのは、やっぱりそれなりの特徴がありますね。
“またお前か”系と揶揄されてる濃厚豚骨魚介つけ麺ですが、
まだ自分の中では飽きてないので(笑)東海3県でもまだ行ってない店は押さえたいかな。
期待に違わぬ美味しさでした。ごちそうさまでした。

183- 014-1
らーめん Nageyari (なげやり)
岐阜県各務原市那加野畑町2-53
11:30~14:30 18:00~21:00
月曜(夜)・火曜休み
TEL:058-389-2339

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[岐阜県
ぶっこ麺らーめん(岐阜県多治見市)
183- 005-1

183- 011-1
つけ麺大盛 900円(ぶっこ盛り+250円)

長年の夢と言ったら大げさですけど、一度は食べてみたくも未体験だった“ぶっこ”さん。
距離と臨休から壁が高かったんですが、念願叶い今回初めていただくことができました!
ここはウエイティングルームというか、ガラス越しの通路に待機スペースがあるのも有名で、
食べる側も待つ側も気兼ねなく過ごすことができる、行列店ならではの心配りがあります。
そのガラス越しにお店を眺める様は、まるでアトラクションのスタンバイのようで、
そこからつながる背の低い扉は、さながら“ぶっこ麺ワンダーランド”への入口でしょうか。
ここまで来たら思う存分味わいたく、大盛ぶっこ盛りのMAXでいただきました。

まずはつけ汁!これかぁ~って感じです。濃度感がハンパないです!
口中に粘りつくような濃度は、旨味が凝縮されたトロトロドロドロです!
もちろんそれは混じりっけのない、豚骨中心の動物濃度そのものの濃ゆ~い味わいを感じます。
その濃度は言うまでも無く東海地区トップクラスでしょう。
これだけの濃度なのに、つけ汁の温度が高くキープされているのも素晴らしいところですね。

そして自家製麺!いやぁ~なんて美しい麺なんでしょう…!
透明感があって、艶やかで、風味があって、喉越しが良くて、弾けるような食感…。
自家製麺といってもそれは色々ありますけど、自家製の特徴を最大限出したような麺ですよ。
濃厚なつけ汁にも全く負けない力強さとしなやかさを兼ね備えた素晴らしい麺です。

トッピングも素晴らしいですね。チャーシューはちょっとした衝撃を受けました。
トロトロの柔らかさと旨味の強さは、同じくトロトロのつけ汁にほとんど同化してます。
これだけつけ汁にシンクロしているチャーシューは初めて食べましたね。
他の具材も手抜かりは勿論無く、メンマのコリコリ・青菜やネギのシャキシャキ・
風味ある海苔・味玉のトロトロ加減と全てハイレベルなものでした。

色々な濃厚豚骨魚介のつけ麺を食べましたが、やはり名店にはそれなりの理由がありました。
いくら様々な思考を凝らした新店が登場しても、やはり真似できない美味しさがあります。
ぶっこ麺さんのつけ麺は、やっぱり東海最高峰の濃厚つけ麺でした。
素晴らしく美味しかったです!ごちそうさまでした。

183- 004-1
ぶっこ麺らーめん
岐阜県多治見市太平町1-14-1-101
11:00~14:00 18:30~21:00
月曜定休(祝日の場合翌日)月2回火曜休み ※臨時休業あり
TEL:0572-25-8595

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[岐阜県
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。