結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
みつ星製麺所 福島本店(大阪市福島区)
335- 025-1

335- 027-1
つけ麺 大300g 750円

先日の大阪編の続きです。
JETさんを後にして歩くこと数分、もう1軒はつけ麺を食べたいと思いこちらへ。
こちらも行列の出来る人気店、みつ星製麺所さんにおじゃましました。
「製麺所」という屋号のラーメン屋さんです。ならば必然的に興味もつけ麺に行きますよね(^-^)/
(小)の1玉150gから半玉75g単位で、並・大・特盛まで増量無料なんですね。嬉しいですね!
2杯目なので流石に特盛は遠慮しましたが、せっかくなので大の300gでいただきました。

盛りのキレイなつけ麺ですね。まずはこのフューチャーされている麺をそのまま食べてみます。
この麺美味しいです!麺肌はキメが細かくて滑らかです。麺に品があります。
噛めばしなやかな弾力で、モチッとした食感の中に小麦の香りが広がります。
塩気がほんのり効いているので、そのまま食べても全然美味しいです。

一方つけ汁ですが、丼のフチにまで付くほど多めの魚粉が散らされています。
スープ自体の粘度は強くないものの、旨味の強いつけ汁ですね。魚粉要らないと思えるほどです。
豚頭などクセの強い素材をメインに使ってるようですが、全然クセないですね。
野菜を大量に使っているそうで、その野菜で動物系の旨味が上手く引き出されている印象です。

つけ汁の中には粗みじん切りの玉ねぎがたくさん入ってるんですが、これも効いてます。
このタマネギ、完全な生じゃないんですよね。辛みというより甘みが強くて、食感も残っています。
こういう玉ねぎの使い方って、あまり出会ったことなかったです。面白いですね。
麺のほうには白髪ネギもトッピングされています。こちらも全然辛くないんですよ。
細く丸まったネギで、薬味の役割というよりは食感のアクセント的要素が強いかな。
チャーシューは幅あり厚みありの立派なサイズですが、箸で持つとプルプルに柔らかいです。
噛めばじゅわーと旨味があふれる美味しいチャーシューでした。

味玉もデフォルトで半個付くのも嬉しいですし、麺の増量サービスも嬉しいですね。
750円で満足いくスペックのつけ麺がいただけるというのは、流石商人の町大阪ならではです。
大阪はどちらかというとつけ麺は後発だと思うんですが、
激戦区で行列を作るだけの理由が、レベルの高さがそこにはありました。
やっぱり外(県外)で食べないと味わえないものってたくさんありますね。
今回もそれを強く実感した大阪の麺でした。
美味しかったです!また来るで大阪!ごちそうさまでした。

335- 020-1

みつ星製麺所 福島本店
大阪府大阪市福島区福島7-17-21 ベルメゾン福島1F
11:00~16:00 17:30~20:30(夜営業は火・木・土のみ)
※スープなくなり次第終了
日曜定休
TEL:06-6451-9915

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[関西方面
ラーメン人生 JET(大阪市福島区)
335- 011-1

335- 012-1
鶏煮込みそば 730円

毎年春に訪れる機会がある大阪。やはり来たからには現地の美味しい麺を食べたくなります。
今年は時間も腹具合も限られてたんですが、何とか2軒おじゃますることが出来ました。
梅田から近くて隣接した2軒、知名度やクオリティを求めた結果、ターゲットは隣駅福島です。
まずは大阪では説明不要の大人気店、ラーメン人生JETさんへおじゃましました。
時間をずらしたにも関わらず、流石の人気ぶりを伺う行列が出来ていましたね。
大阪のラーメンは何も分からないんですが、きんせいさんの流れを汲んでいるということと、
筆頭でない鶏白湯が大人気ということぐらいは知ってます。念願の鶏煮込みそばいただきました!

玉造のJET600さんも大人気で、今や大阪鶏白湯の代名詞とも言えるこの「鶏煮込みそば」ですが、
初めていただいてもすぐに分かりますね。これは自分の中では愛知で出会っていない鶏白湯です。
何が違うって言ったら、一番は後味ですかね。
鶏のガラとゲンコツを10時間以上炊くというスープは、鶏の甘みを伴った旨味が、
十二分に引き出されていて、濃厚でまったりとしながらも、後味にしつこさが全然残りません。

合わせる麺は自家製麺ですね。大阪は名古屋圏に比べて自家製麺のお店が多いのも羨ましいです。
断面は長形の中太ストレート麺で、麺肌が滑らかな麺ですね。
スープの旨味を適度に纏って、つるつると収まっていきます。啜るのが楽しくなる麺ですね。
チャーシューはシンプルな味付けです。肉本来の味が楽しめるタイプのチャーシューです。
ネギは白ネギが斜めに太くザックリと、特徴的なネギですね。
ネギ本来の辛みが強く、こらがスープと中和されていい感じになります。
さっくり食べれるメンマも、ちょっとした箸休め的アクセントでした。

旨味はダイレクトだけども、残らない後味の良さはまさに鶏白湯!その極みに近いですね。
個人的には今まで食べた鶏白湯の中でも最高レベル、さすがの完成度でした。
鶏白湯といえば中津の弥七さんも有名ですし、愛知で食べれないラーメンをという選択肢では、
大阪鶏白湯は、またこれからも来阪したら選択肢の上位に入ってくるかなと思います。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

335- 005-1

ラーメン人生 JET
大阪府大阪市福島区福島7-12-2
11:00~15:00 18:00~23:30
年中無休
TEL:06-6345-7855

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[関西方面
麺や 高倉二条(京都市中京区)
282- 056-1

282- 059-1
味玉つけめん2玉 880円

大阪の帰りに京都でもう1杯。京都で京都らしいつけ麺をということで高倉二条さんへ。
もう超の付く有名店ですよね。一度はおじゃましたかったお店です。
京都のつけ麺のパイオニアであり、全粒粉を初めて京都というか関西で使ったお店だと思います。
系列の「すがり」さんや「ろぉじ」さんも有名ですよね。
とにかくいただきたかったのは、オンリーワンのこの自家製全粒粉麺です!
ラーメンとつけ麺が2大看板ですが、麺をしっかり味わいたくつけ麺のほうでいただきました。

ビジュアルからしたら完全にそばですよね。色といいツヤといい細さといい日本蕎麦の佇まいです。
まず何もつけずに麺をいただいてみれば、全粒粉の香りが本当に口の中一杯に拡がります。
中華麺のような弾力はない代わりに、全粒粉の持つザラっとした質感から弾ける香り…、
本当にそば粉使ってないんですよね?って思っちゃう位香ばしさの薫る麺です。これは旨いです!
つけ麺の主流は今は完全に極太麺ですが、太麺じゃなくても香りが強ければ、
太麺以上に満足感を得られるというのを、この麺が完全に証明してくれますね!

この極上の麺に合わせるつけ汁は、いわゆる魚介豚骨のスープです。
魚介豚骨というジャンルからも京都では先駆けのお店だと思いますが、それだけの事はあります。
魚介が強めに効いたスッキリとしたつけ汁は、麺の風味をさらに引き立ててくれますね!
魚介豚骨に細麺は麺が負けちゃうんじゃないの?という疑問は見事に払拭してくれてます。
やっぱり麺の薫りの強さが大きいです!見事に調和した感じたことのないマッチングでした。

趣のある竹の容器に入ったガラムマサラを少量入れて、スパイシーに最後は〆てみました。
具材もハイクオリティで、本当に大満足のつけ麺でした。
こういう洗練された食事をいただくと、自分の経験値がすごく上がる実感があります。
それはやっぱり外の地域に出ないと、なかなか簡単に味わえない感覚なんですよね。
世の中にはまだまだこんなに美味しいものがあるんだぜ!ってことですね。
京都の雰囲気も好きだなぁ。またゆっくり来よう京都!
素晴らしいつけ麺でした。美味しかったです!ごちそうさまでした。

282- 053-1
麺や 高倉二条
京都府京都市中京区観音町64-1
[月~金] 11:00~15:00(LO14:50) 18:00~22:00(LO21:50)
[土・日・祝] 11:00~15:00(LO14:50) 18:00~21:00(LO20:50)
年末年始以外基本無休
TEL:075-255-9575
公式サイト http://www.takakura-nijo.jp/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[関西方面
宗家一条流 がんこラーメン十八代目(大阪市中央区)
282- 029-2

282- 030-2
塩ラーメン(えび油) 700円

○丈さんを後にして難波でもう1軒の有名店へ。がんこラーメンさんにおじゃましました。
黒い外観にただ「塩ラーメン」と書かれているだけで、屋号は記されてなく、
骨がぶら下がっていれば営業中ということも、知らなければ入りにくそうな硬派な店構えです。
表の文字の通り一番のウリは「塩ラーメン」で、とにかく味が濃いという噂は有名ですよね。
もちろんここは1番人気の「塩」の海老油バージョンでいただきました。

前情報があるので勿論気合を入れてスープをいただきましたが、まぁ~しょっぱいですね(^^;)
一見さんは薄めてくれるということも書いてありましたが、ここで薄めては男がスタります(笑)
慣れてくるとトンガった塩ダレの中に、出汁を深く感じてくるのが面白いですね。
クセになるというのも分かる気がします。こういう出汁の主張の仕方もあるのかと思いました。
海老油も塩分に慣れてくるに連れて、風味の印象が強くなってくる感じで、
海老の風味もふんわりというよりは、塩ダレに合わせた力強さを感じるイメージですね。

麺はプリッとした食感の細麺で、スルスルっと喉を通る喉越しの良い麺ですね。
スープの味が強い分、絡みも強くてしっかりとスープの味が載ってきます。
具材も流石にレベルが高いですね。チャーシューはホロホロと崩れる柔らかさで、
チャーシュー自体の味は薄味なのが、スープとのバランスを考えるといいですね。
メンマは太さこそはないですが、コリコリとした食感が楽しめました。

とにかく味が濃くてトンガリのある塩ラーメンなので、まぁ好みは分かれるかもしれませんが、
意図的に作られた塩分の濃さというのがわかるし、それが癖を生むというのもよく分かります。
個人的にはもう少し控えめなタイプのほうが好みですが、これはこれでアリの面白さでした。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

282- 028-2
宗家一条流 がんこラーメン十八代目
大阪府大阪市中央区難波千日前10-13
11:30~16:00 17:00~20:30
不定休(詳細は公式ブログにて告知あり)
TEL:非公開
公式ブログ http://blog.livedoor.jp/ganko18/
食べログ http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270202/27011053/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[関西方面
中華そば ○丈 -maru JOE-(大阪市中央区)
282- 026-1

282- 027-1
中華そば 650円

少し前の話なんですが、私用で大阪へ行った時に難波で昼食となったので、
難波周辺の有名店を2軒ほど、攻めることに致しました。
まず1軒目は千日前の○丈さんです。細い路地を入った所にお店はあり少し迷いながらの到着です。
さすがにNGK「なんばグランド花月」の近くだけあって、芸人さんのサインも多数ありますね。
東大阪高井田風ラーメンの「中華そば」と、和歌山風の「○丈そば」が2枚看板のお店ですが、
迷いましたが、全然経験のない「高井田風」の中華そばのほうをいただきました。

そもそも「東大阪高井田風」って全然知識が無かったんですが、ブラックラーメンなんですね。
ちょっと調べてみましたが「光洋軒」さんを元祖として「住吉」さんとの2軒が2大巨匠のお店で、
○丈さんは歴史的には浅い、インスパイアのお店ということになるのは分かりました。
スープは真っ黒ですが、富山ブラックまでのしょっぱさは無いですね。
もう少しあっさりした口当たりを想像しましたが、動物系のコクが深くて魚介は下支え程度の、
非常にしっかりしたスープですね。それで口当たりの醤油の風味がとても強いので、
醤油由来の酸味が口の中に残るのが後を引く美味しさで、どんどんレンゲが進んじゃいます。

極太のストレート麺は、スープをどんどん吸ってみるみる変色していきます。
スープが「絡む」というよりは「吸う」麺ですね。
それでいて麺のヘタリが少なくて食感も持続する良い麺ですね。滑らかで啜り甲斐もあります。
チャーシューは素朴な味なんですけど、これがまたスープを吸って美味しくなりますね。
脂身の割合が絶妙で、肉の旨味が存分に味わえる美味しいチャーシューです。

高井田系ラーメンは別名「おはようラーメン」とも呼ばれているそうで、
第一日曜日は7時からの「朝ラー」も楽しめるそうなので、これを朝食べるのも乙な感じですね。
もう場所はわかりましたので、また難波でラーメン食べる機会があれば、
今度は和歌山系の「○丈そば」狙いでおじゃましたいと思います。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

282- 024-1
中華そば ○丈 -maru JOE-
大阪府大阪市中央区難波千日前6-16
11:30~15:00 18:00~21:00
(毎月第一日曜 7:00~10:30 11:30~15:00)
水曜定休
TEL:06-6643-6633
公式ブログ http://marujoe.blog112.fc2.com/

Posted by くまお
comment:0   trackback:1
[関西方面
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。