結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
ラーメン 月麺(名古屋市南区)2
330- 011-1

330- 012-1

330- 014-1
油そば(大盛無料) 620円

近くへ来たので伺いました。南区の月麺さん、2回目の訪問です。
前回の塩ラーメンが好印象だったので、もう一つのデフォルトである醤油ラーメンや、
新しく加わった味噌ラーメンも気になってたんですが、
今回はスープオフから、デフォの油そばを大盛でいただきました。

タレはドンブリの下に沈んでいるので、熱いうちに豪快に混ぜてからいただきます。
まろやかな醤油ダレに、カツオで風味付けしたオイルと甘酢という構成は、
いわゆるオーソドックスな、関東風油そばのスタイルですね。
POPにある通りシンプルだけども、鰹オイルの豊かな風味でグイグイ箸が進む油そばです。

主役の麺は、多加水の平打ち気味の麺です。モチモチとした食感で油の馴染みも良いですね。
そんなに太さも無いので、とても食べやすい麺ですね。
具材も飾らないシンプルさがいいな。
短冊形の刻みチャーシューは味付けも控えめで、タレになじませることで旨味が倍増します。
あとはメンマにネギともみ海苔が少々。鰹風味と相性の良いちょっとした香りのアクセントですね。

途中で勧められた卓上のトッピングで軽くアクセントを加えて完食です。
意外と気に入ったのが、鰹系のふりかけですね。
カリカリ感に胡麻の風味も加わって、ベースを崩さずに軽い変化を付けられました。

大盛無料で、ランチタイムではライスサービスもあります。口当たりは軽やかですが、
この620円というリーズナブルなお値段で、十分お腹は膨れるんじゃないでしょうか。
トッピングは最低限でいいので、シンプルに麺の旨い汁なしが食べたいという方にオススメですね。
シンプル故に、塩味や海老辛トッピングも気になるなぁ。次回の楽しみも広がりました。
またおじゃまします。美味しかったです。ごちそうさまでした。

330- 033-1

ラーメン 月麺
愛知県名古屋市南区明円町7-1
11:30~14:00 18:00~21:00
日曜定休(9月より変更)
TEL:052-822-4605
店主ブログ「月麺日誌」 http://blog.goo.ne.jp/yama24430

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[月麺
麺の坊 晴レル屋 南店(名古屋市南区)
323- 012-1

323- 014-1
ラーメン 650円

昨年11月南区にOPENした、晴レル屋グループの新業態店におじゃましました。
独立したお弟子さんも含めると、晴レル屋系のお店も数え切れないぐらいに増えましたね。
晴レル屋系列店は、「晴れ○○」という屋号で展開されてましたが、
こちらは、屋号もロゴも見慣れた1号店のままの「晴レル屋」です。
メインはシンプルに「ラーメン」「つけ麺」の2種で、
サイドメニューに新しい試みとなる、チャーハンやから揚げのセットが用意されています。
また生卵無料、ライス食べ放題(100円)、IHヒーターの導入など、
既存店よりコストパフォーマンスを意識した構成となっています。
今回は寒い日でしたので、ラーメンをチャーハンセットでいただきました。

晴レル屋さんといえば、いわゆる濃厚魚介豚骨系のこの辺のハシリですので、
当然こちらも同じ系統のスープになります。印象としては、大府より動物系の甘みが出てますね。
おそらくモミジ等の鶏素材が強く出ている感じです。
若干トロミもあって、口当たりもまろやかで飲みやすいスープですね。
しいて言えば、他所でも指摘のあった温度がもう少し高いと良いかなぁ。夏場なら問題ないですが、
この日も寒い日だったので、熱々のラーメンだともっと美味しく感じますよね。
麺の温度でスープが温まる印象だったかな。

合わせる麺は、低加水の細麺ですね。いわゆる博多とんこつチックな麺です。
固さでいったら「カタ」ぐらいで、歯切れの良い食感が楽しめました。
チャーシューはバラ肉の脂の多いタイプのもので、メンマは細めの柔らかいものでした。

323- 024-1
チャーハンセット+200円

晴レル屋でチャーハンというのも面白いなと思って頼んでみました。
チャーハンマシンで作られるんですが、意外とこのマシンで作るチャーハン美味しいですよ。
ムラなく炒められるのがいいんでしょうかね。機会があれば是非お試しを。

全体的な印象としましては、晴レル屋っぽさを見せつつ、小じんまりとまとまった印象でした。
つけ麺も推測ですが、IHを導入してるので、雑炊まで食べての満足感を目指してるんでしょうね。
ちなみに晴レル屋さん、こちらのお店で勢いを付けて、更に店舗展開の計画があるようです。
少なくともつけ麺に関しては一日の長がありますし、それに+αで55系のような
ハイコスパのサービスを実施すれば、一気に多店舗展開するだけの力はありますよね。注目です。
遅ればせながら開店おめでとうございます。美味しかったです。ごちそうさまでした。

323- 007-1

麺の坊 晴レル屋 南店
愛知県名古屋市南区宝生町3-15
11:00~15:00 17:00~24:00
年中無休
TEL:052-611-8068
team晴レル屋 http://hare-gr.seesaa.net/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市南区
ラーメン福 笠寺店(名古屋市南区)
314- 025-1

314- 028-1
ラーメン 550円

実は初紹介です。正直あまり縁がなかったお店でした。笠寺のラーメン福さんにおじゃましました。
今更私が語るのもおこがましいぐらいですね。ご存知1978年創業の老舗ラーメン店です。
とにかく福さんは地元の人に愛されてるんですよね。いつ通りがかっても駐車場は一杯で、
本当に人気があるなぁといつも感心してたんですが、今回珍しく空いていたので入ってみました。
基本のラーメンをそのままコールなしで注文です。

まず何と言っても福さんといえばこのビジュアル!もやしのてんこ盛りですね。
とりあえずこの盛りを見ただけで嬉しくなってしまいます(笑)
もやしの山をかき分けて、スープをいいただけば、しっかりとした旨味に思わずニンマリです。
化調や脂の予定調和的な旨味ももちろんあるんですが、下地のスープがしっかりしてますよ。
このスープの旨味こそが、長年お客さんの心を掴んでいる何よりの証拠ですね。

合わさる麺は固さのオーダーが出来ますが、敢えてノーコールで。
そうするとちょい柔らかめになりますが、かえってこの柔らかさが郷愁を誘う気がして好きですね。
麺が柔らかめだと、逆にもやしのジャクジャク感がより活きてきます。
麺と絡めることで、お互いの食感の違いを楽しめました。
もやしも熱々なので、スープに沈めても温くならず薄くならずでちゃんと計算されていますよね。
チャーシューもお世辞にも良いとは言えないんですが、何か美味しく感じるのが不思議ですね。

数年でも例えば人が変わったり、多店舗展開する中で味が変わってしまう店も少なくない中、
創業34年の年月が経っても、全く変わらない味というのが最大の魅力なんでしょうね。
慣れたサラリーマンのお客さんや、女性のおひとり様が、もやしやネギの量、麺の硬さなどを
スラスラと注文している様に、人気の強さを感じました。
特にもやしの増量対応これは嬉しいですよ。それで550円だもんね。文句のつけようがないです!
アライグループ流石です!美味しかったです。ごちそうさまでした。

314- 022-1
ラーメン福 笠寺店
愛知県名古屋市南区前浜通3-35
11:00~23:00
火曜定休
TEL:052-823-3605
公式HP http://ra-menfuku.com/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市南区
ラーメン 月麺(名古屋市南区)
314- 035-1

314- 036-1
らーめん しお 680円

「labo」の時から行きたかったんですが、なかなかタイミングが合わずやっとの初訪問です。
南区明円のラーメン月麺さんにおじゃましました。地下鉄最寄駅は桜通線鶴里駅です。
もう一度おさらいしておくと、こちらのお店は元々店主さんご両親の中華料理店だったんですが、
1週間に一度月曜日だけお店を間借りしての実験(labo)営業から始められ、
今年の6月に、会社員だった現在の店主さんが店舗を引き継ぐ形で、
新たに中華からラーメン店へ生まれ変わっての、2代目の再営業となったそうです。
実験時代は鶏白湯とか様々なスープをやっていたようですが、
現在のレギュラーメニューは、清湯系の「しお」と「しょうゆ」そして「油そば」という構成です。
その中で一押しという、「しお」らーめんをいただきました。

豚骨、鶏ガラ、煮干し等を13時間以上煮込んだというスープは、やや濁っていて、
想像よりも重みのある、しっかりした飲み口の豚と鶏の旨味が出ているスープですね。
さらにスープ内に加え、魚介の旨味がおそらくカエシに凝縮されてるんでしょうね。
トータル的に、その辺りの魚介系もしっかりと効いたスープになっています。
なので、繊細なイメージを持ついわゆる淡麗系の系統ではなく、
どちらかというと如水さん、なるとやさん系の、中間的な厚みのある塩ラーメンという印象です。

こちらのスープに合わせる麺は、極まではいかない細麺です。
結構鶏油が効いているので、麺にスープの風味は良く移る印象ですね。
メンマは細切りタイプなので、控えめな脇役という感じ。
刻みタマネギもほんの少しだけ入ってますね。こちらもごく控えめです。
あくまで麺とスープを楽しんでほしいというお気持ちがうかがえますね。

元々不動産関係のサラリーマンだったという店主さんが退路を断って、
2代目として新たな挑戦をされるということに、エールを送りたいですね。
一言でいえば「真面目」なラーメンでした。良いラーメン作ってます!
ラボの時は希少感が先立って、やや話題が先に行っていたような印象も正直あったんですが、
実際に伺ってみると、下町の地域に愛されているアットホームな雰囲気のラーメン店でした。
先代譲りの手羽先も美味しいらしいので、是非次回の機会にはいただいてみようかな。
頑張ってくださいね。またおじゃまします。美味しかったです。ごちそうさまでした。

314- 033-1
ラーメン 月麺
愛知県名古屋市南区明円町7-1
11:30~14:00 18:00~21:00
日曜定休(9月より変更)
TEL:052-822-4605
店主ブログ「月麺日誌」 http://blog.goo.ne.jp/yama24430

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[月麺
麺屋 滝昇(名古屋市南区)
259- 030-1

259- 034-1
ラーメン 690円(ニンニクあり)

何気にこの界隈熱くなって来ましたね。南区内田橋の麺屋滝昇さんにおじゃましました。
商店街の一角にあるお店で駐車場が近くにないので、車でお越しの際はご注意下さい。
(銀行の駐車場が使えるかもしれませんが、未確認です)
写真でお分かりのように、今急増中の二郎インスパイアのラーメン店です。
汁なし「まぜそば」もありましたが、初回なので普通に汁あり「ラーメン」をいただきました。
無料トッピングは「ニンニク入れますか?」の一言だけだったので、
「はい」と答えてのニンニクありのみです。ここで呪文を唱えてよかったのかな?(^^;)

それでも青磁のドンブリで運ばれてきた一杯は、デフォにしてはなかなかの盛りですね。
豚骨スープに魚介風味の醤油ダレを合わせたというスープですが、
ベースはかなりライト寄りの豚骨スープで、そこに背脂・化調&ニンニクが加わっての
いわゆる二郎風なテイストに分かりやすくまとまってる印象です。
醤油ダレのパンチがもう少し欲しいかな。魚介風味というのはちょっと分かりにくいですかね。

麺は林さんの平打ち極太麺のようですが、あっ晴れさん同様に手もみで縮れを入れています。
不揃いな縮れ具合な上にモチモチとしていて、口に頬張った時の食感が面白いですね。
ただ柔らかめなので、固いのお好きな方はカタメを指定したほうがいいかもしれないです。

キャベツ&もやしの野菜類は、湯がいた後水をかけるという変わった手法を取られています。
野菜への火はしっかり入れている上に、水で冷ましているので、
キャベツなんか他にはないシャクっとした食感になっているのが特徴的でした。
ただ温度的にはぬるくなってしまうのが、懸念材料ではありますが。まぁその辺は個性ですね。
チャーシューは、バーナーで炙りを加えた大きなものが1枚鎮座します。食べ応えはありますね。
ネギは刻みタマネギの他、醤油味の付いた青ネギがトップに載っていました。

全体的な印象としては、おとなしめの二郎系かな。
ネギとか炙りチャーシューとか、差別化を図りたいという気持ちの伝わる一杯ではありました。
少し気になったのは、店主さんご自身が二郎系に不慣れなのかな?少々温度差を感じましたね。
ジロリアンの心を掴むのは、やっぱり無料トッピのカスタマイズに尽きるんじゃないかと…。
呪文対応とまではいかなくても、お客側としてはそこをフォローしていただけると嬉しいかな。
そこさえクリアすれば、二郎系の潜在需要は恐ろしくありますから、
大きくブレイクする可能性は秘めていると思います。
開店おめでとうございます。是非頑張って下さい!ごちそうさまでした。

259- 027-1
麺屋 滝昇
愛知県名古屋市南区内田橋1-5-11
11:00~14:00 17:30~23:00
無休
TEL:052-698-7273

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[名古屋市南区
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。