結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 はなび 緑店(名古屋市緑区)2
337- 014-1

337- 015-1

337- 019-1
鶏塩油そば 800円

鳴海のはなび緑店さんにおじゃましました。2回目の訪問です。
高畑ほどの混雑ではないのかなと高を括ったら全然甘かったですね。
昼のオープン時には本店並の行列でした。さすが抜群のネームバリューですよね。
はなびさんと言えば台湾まぜそばですが、今回の狙いは汁なしは汁なしでも違う汁なし、
ここでしか食べられない緑店限定のまぜそば、「鶏塩油そば」をいただきました。

ネーミングは「まぜそば」ではなく「油そば」ということで、
明確な定義はありませんが、イメージ的にジャンク的な要素の強い「まぜそば」に対して、
「油そば」は、関東発祥のあっさりと食べれるタイプの汁なしラーメンで、やはり別物の印象です。
そもそも「油そば」自体、醤油ダレベースのものがほとんどなので、
塩味の油そばが珍しいですよね。油そば発祥の関東圏でも多分あまり見ないタイプだと思います。

いただいた第一印象としては、和風のオイルパスタっぽい雰囲気を感じました。
胡椒が効いてるとどこかで聞いたんですが、そうでもなかったです。多少の変更はあったのかな。
インパクト系の台湾まぜそばとは真逆の、何の尖りも無い食べやすい油そばです。

主役の麺は、多加水の太麺でかなりのモチモチ感があります。
台湾よりタレが優しいので、必然的に麺の印象がクローズアップされますが美味しいですね。
奥美濃地鶏を使用した、メイン具材の鶏チャーシューはやっぱり旨いですね。
ブランド鶏ならではのプリプリ感とジューシーさに、絶妙な香ばしさと旨味の強さがあります。
コレのおかげで価格が上がってるんでしょうが(^_^;)それでも食べたい絶品の鶏チャーシューです。

台湾ミンチの上澄み油をすくった台湾辣油が、別皿でいただけるので、それを少量加えて完食です。
辣油は意外と強い辛味もないので、バランス的には量を入れても大丈夫そうです。
ただ当然ちょっとオイリーになるので、入れるタイミングと量には注意が必要かもしれないですね。

はなびさんに来たら、周囲のお客さんの台湾まぜそば率をつい確認してしまうんですが(笑)
そりゃ比べたらヤミツキ感とかは、台湾まぜにはかなわないですけど、
緑店に来たらこれをという意味ではアリの、鶏の旨い塩の油そばでした。
はなびさんも今や5店舗あって、各店舗に必ずそこでしか食べられないメニューがありますので、
そこの限定物目当てで、各店巡ってみるのも面白いんじゃないでしょうか。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

325- 002-1

麺屋 はなび 緑店
愛知県名古屋市緑区鳴海町丸内17
11:30~14:00 18:00~22:00(L.O.10分前)
月曜日・第2火曜日休み
TEL:052-624-2002
麺屋はなび 公式サイト http://menya-hanabi.com/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/n-allstars81/

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[はなび(緑)
麺屋 はなび 緑店(名古屋市緑区)
325- 006-1

325- 010-1

325- 018-1
鶏塩ラーメン 800円

2013年1発目は、まだ伺ってなかった昨年末の新店からです。
昨年11月OPENの、麺屋はなび緑店さんにおじゃましました。
高畑、蟹江、桑名、弥富と数えてはなびさんの5店舗目、名古屋市内では2店舗目ですね。
この日もさすがに本店ほどの並びではないですが、なかなかの盛況ぶりでした。
それもそのはず。こちら緑店でも、高畑本店で提供されるものと同じものがいただけます。

汁ありは、ごまかしの効かない勝負の「塩」、「醤油」に「台湾ラーメン」もありますし、
はなびさんの代名詞ともなった「元祖台湾まぜそば」にアレンジの「カレー台湾まぜそば」、
ゴロゴロ炙りチャーシューが人気の「キミスタ」に「トロ肉のせ和え麺」ももちろん健在です。
更には緑店限定の「鶏塩ラーメン」&「鶏塩油そば」と来れば、何を食べようか迷います。
まぁ今回は緑店初回なので、こちらでしか食べれない物を。「鶏塩ラーメン」をいただきました。

綺麗な琥珀色のスープです。柔らかい口当たりのスープですね。油も少なめです。
じわじわと加速度的に盛り上がる印象とは違うんですが、スーッと喉を通り抜けるような、
魚介と鶏の柔らかい旨味があります。支店とは言えども、流石のハイクオリティですね。

合わせる麺は極細まではいかない細麺です。強過ぎず弱過ぎずの食感で、麺肌はなめらか。
丸みのあるスープと共に、スルスルと落ちていきます。
そしてこちらのラーメンのメインとも言うべき、鶏チャーシューも期待を裏切らない出来ですね。
ブランド鶏「奥美濃古地鶏」を使用していて、表面が軽く炙ってあります。
炙りといっても、もちろんスープに風味が移るような炙りではなく、
ほんの少しの香ばしさと、たっぷりの鶏の甘みを引き出してくれる「炙り」です。
弾力のある食感、そこから弾ける旨味は、さすがのブランド地鶏&名店の仕事ぶりですね。

はなびさんは、絶大な人気の「台湾まぜそば」のイメージがかなり定着していて、
世間の人気も、そこ目当てが1番強いのは確かではあるんですが、
この「鶏塩ラーメン」、店舗限定の力を入れているラーメンだけあります。侮る無かれですよ。
正直、5店舗目の支店ということで割り引いて考えていたんですが、いやいや失礼しました。
この「鶏塩」なら、名古屋市内でオススメ出来る塩ラーメンのひとつに個人的には入ります。
これはまた来ないと。美味しかったです。ごちそうさまでした。

325- 002-1

麺屋 はなび 緑店
愛知県名古屋市緑区鳴海町丸内17
11:30~14:00 18:00~22:00(L.O.10分前)
月曜日・第2火曜日休み
TEL:052-624-2002
麺屋はなび 公式サイト http://menya-hanabi.com/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/n-allstars81/

Posted by くまお
comment:3   trackback:0
[はなび(緑)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。