結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺の亭 ささき屋(豊橋市)2
338- 003-1

338- 008-1

338- 009-1
ゆずつけ麺 800円

オープン当初以来なので約2年弱ぶりですか。そんなに経つんですね。
2回目の訪問です。豊橋二川のささき屋さんにおじゃましました。
豊橋待望の本格つけ麺が食べれるお店として、オープンしたのが2011年夏で、
以降すっかり豊橋の人気店として、積極的に地域のコラボ企画なんかも参加されています。
久しぶりなので、今回はデフォルトつけ麺の派生メニューゆずつけ麺をいただきました。

基本は変わらないという解釈で良いのかな。濃度出てますね。
非常に濃厚なまったりとした旨味があって、それを晴レル屋系つけ麺の特徴の1つ、
甘酢に+柚子が適度に濃度を抑え、食べやすくしてくれています。
ゆずが加わることで、口当たりのスッキリ感と甘酢にはない風味の爽やかさが加わります。
ちょっとしたことですけど、そこに晴レル屋系の進化を感じる部分がありました。

合わせる麺は馴染みのある太麺です。
ツヤもあるし、麺自体に甘みのある相変わらずの美味しい麺です。
固めではありますが、ガッチガチまではいかないほど良い硬さで、
噛むことによる、風味の拡がりを感じることが出来ました。
それからこちらでは、刻み海苔ではなく白胡麻が中央に散らしてあります。
風味は海苔のほうが強いですが、個人的には胡麻の方が食感が加わるので好きですね。
チャーシューは四角い物がつけ汁の中に結構入ってます。柔らかくジューシーなチャーシューです。
メンマは太いですが、しんなりした食感で見た目よりも食べやすいメンマでした。

オープンして2年近く経ち、ささき屋さんのつけ麺&ラーメンの美味しさも浸透しているようで、
次から次へとお客さんが入ってきます。
オーソドックスに旨い濃厚つけ麺を、久しぶりにいただいたなぁという気がしました。
色々な新メニューもいいけど、シンプルに旨いつけ麺が食べたくなったら、
ささき屋さんに行けば間違いないという、お店でいつまでもあってほしいなと思います。
そのためなら、豊橋まで僕はまた食べに行きます。
美味しかったです!これからも頑張ってくださいね。ごちそうさまでした。

338- 001-1

麺の亭 ささき屋
愛知県豊橋市大脇町字大脇20-42-101
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0532-41-7715
公式ブログ http://ameblo.jp/mennnoteisasakiya/

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:1
[ささき屋
麺の亭 ささき屋(豊橋市)
234- 004-1

234- 007-1
つけ麺 750円

前回、いまだいさんOi!ラーメンさんとご一緒した時に
“ある方”にもお会いしたいなと言ってたことが、今回実現の運びとなりました。
「ソラトブ ドンブリ in 愛知」しょーろんぽーさんです。
お互いブログも3年目になりネット上の付き合いも長いんですが、意外にも今回が初対面でした。
行き先は豊橋!豊橋自体久しぶりですね。
いまだいさんOi!ラーメンさんしょーろんぽーさん、私くまおの
ラーメンをこよなく愛する4人での夜の豊橋遠征スタートです。

まずおじゃましたのは、先日8/16OPENと新店ホヤホヤの「麺の亭ささき屋」さんです。
言わずと知れた大府の名店「晴レル屋」で店長をなさっていた方が、独立されたお店です。
「晴レル屋」といえばラーメンもいいんですが、自分の中ではやっぱり「つけ麺」ですね!
シンプルにノーマルでいただきました。隣(いまだいさん)からチャーシュー1枚来ましたが(笑)

分かる人にはニオイやビジュアルで、食べる前でも修行店を連想させる雰囲気がありますね。
チラリと見た隣の隣(Oi!ラーメンさん)の「全部のせ」ビジュアルなんか完全にそうでした。
つけ麺に関しては、まさに「晴レル屋」の質そのものと言ってもいいんじゃないですか。
それも大府の本店「晴レル屋」のディテールですね。
つけ汁は濃すぎない濃度ですが、しっかりと豚骨の旨味が伝わるものです。
それでいて口当たりに重たさはなく、甘酢と節の効いたスッキリした後味を演出してくれます。

合わせる麺は、晴レル屋系列と同じく林製麺さんの麺ですね。
麺も「晴れ系」の特徴を踏襲していて、やや固めの食感です。弾力性のある歯応えが楽しめます。
具材のチャーシューも流石の質の高さですね。肉味が強いのに脂はしつこくないです。
メンマは若干違うかな。本店のゴリゴリ仕様に対して、固さの中に柔らかさの残るメンマですね。
個人的にはこれぐらいの柔らかい部分があるメンマは好きです。粗めのタマネギもいいですね。

豊橋の方にとっては、待ち望んでいた待望の本格的濃厚つけ麺店の誕生ですね!
場所がまた、豊橋でも二川からさらに東へ行ったほぼ静岡との県境に近いところですので、
豊橋の方だけでなく、静岡県湖西市あるいは浜松まで含めても嬉しいお店の誕生だと思います。
オープンおめでとうございます!益々のご発展をお祈りしています。
大変美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

234- 002-1
麺の亭 ささき屋
愛知県豊橋市大脇町字大脇20-42-101
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0532-41-7715

Posted by くまお
comment:4   trackback:3
[ささき屋
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。