結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
【Curry】coffee&curry WAYA(安城市)3
294- 002-1

294- 005-1
WAYAカレーランチ 900円(ランチタイムメニュー)

妻と安城のWAYAさんにランチをいただきにおじゃましました。
「WAYAさんという素敵なお店があるんだよ」ということは、前から妻には話していて、
彼女も興味津々だったようですが、なかなかタイミングが合わずにやっと今回来れました♪
週替わりのランチも充実の内容で迷いますが、やっぱりもう一度基本のカレーを味わいたくて、
「WAYAカレー」のランチをオーダーしました。

WAYAさんの「WAYAカレー」は、スパイシーさが全面に出ているカレーというよりは、
フルーティな甘みとほんの少しの酸味が効いた、スッキリした口当たりのカレーです。
直感的に甘みとスッキリ感が先に来て、後口にほんのりスパイシーな辛味が残るイメージかな。
ホロホロにカレーに溶け込んだお肉が、ルーに深みを与えていてしっかりコクもあるカレーです。
合わせる雑穀ご飯のプチプチ感が、カレーとの相性も良くてまた美味しいんですよ。

294- 007-1

彼女が食べたのが「週替わりランチ」です。毎週メニューが替わります。
WAYAさんのブログを拝見すると、その週のランチ情報が載っていますので参考になりますよ。
今週メインの鶏の照り焼きの美味しさはもちろんですが、嬉しいのは品数の多さですよね。
自家製のポテトサラダに、くるみの入ったきんぴら、桃のゼリーなど、
一品一品仕込みに手間ひまが掛けられている、気持ちのこもったお惣菜たちでした。

294- 011-1

WAYAさんのもうひとつの隠れた名物がドーナツです。ドーナツ1個を2人で分け合いました(笑)
なんだろうなぁ…、決して特別な材料とかではないと思うんですが、何かすごく美味しいんです。
控えめな甘さかなぁ…表面のサクっと感かなぁ…とか色々考えたんですが、
勿論そういう理由もありますが、一番の美味しさの理由はお2人が作る空気感かもしれませんね!

ラーメンばかり食べてきた反動からなのか(笑)、最近違う食べ物にも凄く惹かれていて、
その一番筆頭格なのがカレーなんですよね。カレーは知れば知るほど奥が深いんですよ。
カレーと一口に言っても、ホテルや専門店のカレーから印度料理のカリー、
はたまた家で作るカレーからレトルトカレーまで、とにかく幅広くて面白い食べ物ですよね。
専門店さんでも、軸となるスパイスの種類・分量、更に野菜・果物、煮込み時間に至るまで、
無限の作り方があって、生まれるカレーには無限の可能性が秘められています。

WAYAさんのカレーも、そんな無限の可能性から生まれた深イイ!カレーですね。
SUNDAY SPICEさんと並んで、最近好きな2大カレーライスです!
WAYAカレーもSUNDAY SPICEカレーも、どっちが好みって言えない位どっちのカレーも好きだな☆
居心地の良い雰囲気も大好きです♪またおじゃまします!
美味しかったです!ごちそうさまでした。

294- 012-1
coffee&curry WAYA
愛知県安城市弁天町1-12
11:00~21:00(L.O.20:30)
火曜・第1水曜定休
TEL:0566-75-0881
WAYAのブログ http://ameblo.jp/prenty78/

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:1
[カレー・インド料理
【Curry】RESTAURANT&CAFE 東洋軒 ジャズドリーム長島店(三重県桑名市)
280- 030-1

280- 032-1

280- 034-1
ブラックカレー単品 1050円

国内最大級のアウトレットモール“ジャズドリーム長島”に、先月支店がOPENしたこちらのお店に、
ショッピングの合間に寄らせていただきました。三重県津市が本店の老舗洋食店東洋軒さんです。
元々三重を代表する洋食の有名店ですが、最近メディアでの露出も多く、
先日はPSで中尾彬氏が推薦してたこともあり、俄然注目度が増してるお店ですね。
その中尾彬氏も絶賛する、東洋軒さんの代名詞「ブラックカレー」を今回初めていただきました。

こちらのブラックカレーは、完成するまで実に1ヶ月以上の時間を掛けて作られています。
黒い色は別に黒い混ぜ物を入れてる訳ではなく、松阪牛の背脂、小麦粉、スパイス等を
3週間以上煮込み続けることで生まれる「黒さ」ということのようです。
その味わいは説明が難しく、かなり深い味わいですね。
大きく括れば欧風カレーなんですが、非常にまろやかでとろみがあって甘みがあります。
甘みはタマネギやフルーティな甘みもありますが、この松阪牛の牛脂から出ているであろう
動物性の甘みというか旨味が、強く全体のカレーのコクに繋がってる印象です。
また甘みの中から辛さもじんわり来るんですよね。辛さにも品の良さを感じます。
これだけまろやかでありながらも、後味が意外とスパイシーなのも面白い特徴のひとつですね。

思わず一口一口頷きながら食べてしまうほど、あまり経験の無いお味のカレーでした。
このレシピが80数年前に完成されていたというのが驚きです。
「東の魯山人、西の半泥子」と呼ばれたかつての美食家、川喜田半泥子氏の提案によって
こちらのブラックカレーを開発されたのが、昭和初期のお話です。
80年以上の長い月日を重ねてきた歴史の重みを、是非漆黒のカレールーから感じてください。
クラシカルなロマンから溢れ出る、カレーの奥深さを改めて感じられるはずです。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

津の本店もいつか行きます!

280- 037-1
RESTAURANT&CAFE 東洋軒 ジャズドリーム長島店
三重県桑名市長島町浦安368
三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 サウスエリア2F
(レストラン)11:00~21:00(L.O.20:30)
(テイクアウト)[月~金]11:00~20:30 [土・日・祝日]10:00~20:30
無休(施設に準ず)
TEL:0594-45-2883
公式HP http://www.touyouken.co.jp/j_top.html


東洋軒 ジャズドリーム長島店洋食 / 桑名市その他)

夜総合点★★★★ 4.0


Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[カレー・インド料理
【Curry】印度料理 ジャイプール(大府市)
272- 019-1

272- 020-1

272- 023-1 272- 024-1
サービスセット 850円(ランチタイム)
※カレー2種・ナン(大)・ライス・サラダ・ドリンクのセット
上:ひき肉のカレー 中:ほうれん草のカレー

インドカレーの専門店もここ数年で急激に増えた印象がありますが、
ブームになるずっと前から営業していた、この辺りのインド料理の先駆け的なお店ですね。
以前はナンのカレーが食べたくなったら、定期的に伺っていたお店です。
大府のジャイプールさんにおじゃましました。最近はご無沙汰してたのでホント久しぶりですね。
メインのランチは今も昔も、こちらのカレー2種のランチのようです。
チーズナンも選べましたが、今回は普通のナンの大きいサイズのほうでいただきました。

カレー2種はトマトベース1種類が固定で、もう1種類を3種類の異なるカレーから選びます。
この日はA.ほうれん草(辛くない)、B.ひき肉のカレー(少し辛い)、C.チキンカレー(辛い)でした。
私はBのカレーをチョイスしたんですが、全体的にここのカレーは日本人にアレンジされていて、
辛さは控えめですね。個人的には好きな辛さのカレーになります。
物足りなければスパイスを持ってきていただけますので、そちらを足してもOKです。
特にほうれん草のカレーとなると、多少ガラムマサラやチリパウダーを入れた方が、
味が引き締まって、また美味しくいただけると思います。

ここのナンはやっぱり好きですね。他所のナンよりふわっとした焼き上がりです。
噛めばモチモチとした食感で、ほんのり甘味を感じるカレーとの相性ピッタリの美味しいナンです。
ナンは大きいので食べきれずによく持ち帰ったりしますが、
案外時間が経つと美味しさも半減してしまいますよね。ここのナンは冷めても美味しいですよ。
あと少量ですがライスが付いてるのは、カレーライス好きには嬉しいですね。
以前はバターライスでしたが、お値打ちにもなったようですし、普通のライスでも十分です。

272- 025-1

最後のシメは普通にコーヒー等も選べますが、是非飲んでいただきたいのは特製マサラティです!
シナモン・ローリエ・カルダモンなど複数のスパイスが効いたミルクティは、
俗にチャイと呼ばれるようなスパイスの効いたミルクティなんですが、ここのは香りが違います。
砂糖を入れないで香りを楽しみながら飲むのが私は好きなんですが、若干癖がありますので、
まぁお好みの甘さで飲んでいただければ良いかと思います。オススメですね。

お腹もかなり膨れて、このお値段。安いですよね!慣れ親しんだ味という点を差し引いても、
自分の中では、未だにインドカレー専門店のランキング上位に位置しています。
やっぱり好きです、ジャイプール。美味しかったです。ごちそうさまでした。

272- 016-1
印度料理 ジャイプール
愛知県大府市月見町6-14
11:00~14:30 17:00~22:00
火曜定休
TEL:0562-44-5188

インド料理 ジャイプールインド料理 / 大府駅

昼総合点★★★★ 4.0

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[カレー・インド料理
【Curry】coffee&curry WAYA(安城市)
264- 006-1

264- 009-1
三州豚カツカレー 1100円

今年の外食の締めはラーメンではなくカレーでした。
ヨクさん&かえる☆さんとご一緒に、安城のWAYAさんにおじゃましました。
屋号の通り、コーヒーとカレーがご自慢の、食事も出来る小じんまりとした空間のカフェですね。
夜はお食事も充実していて、カレーの他にオムライスや鉄板ナポリタンなどもあったんですが、
やっぱりメインの「WAYAカレー」に、カツがのった「三州豚カツカレー」をいただきました。

10種類のスパイスと香味野菜、果物を、オリジナル味噌スープでじっくり煮込んだという
カレーは欧風タイプのカレーで、野菜から出るまろやかな甘みがありますね。
トマトからだと思いますが、フレッシュな口当たりもあって後味がスッキリしたカレーです。
辛さはそれほどではないんですが、食べ進めるとじわじわと辛味を感じてきますね。
程良いスパイス加減と甘み酸味が上手く重なった、広い層に受け入れられるカレーだと思います。

ごはんは宮本農園(幡豆町)さんの虹色米というお米を混ぜているそうで、
雑穀米の中でも特にプチプチとした食感があるお米で、食感を楽しめるごはんでした。
豚カツは、こちらも地産のトヨタファームさんの豚さんを使用されていて、
サクっとした衣の中に、柔らかくジューシーなお肉を堪能出来ました。

264- 018-1 264- 020-1

せっかくなので、コーヒーとデザートの中で気になったドーナツ(120円)もいただいてみました。
ドーナツは表面がサクッとしていて、中はしっとりしっかり。美味しかったですね。
コーヒーは詳しくは聞かなかったんですが、松屋コーヒー式ということで、
一杯ずつ丁寧に淹れていただけた、香り高くも癖のないマイルドな好きなタイプのコーヒーでした。

ご飯も食べれて、お茶も出来て、余裕があればデザートなんかもいただけて、
ついつい時間を忘れて会話も弾んでしまうような、居心地の良い空間でした。
お店の方お二人もとても感じの良い方で、またフラッと立ち寄りたいカフェですね。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

264- 003-1
coffee&curry WAYA
愛知県安城市弁天町1-12
11:00~21:00(L.O.20:30)
火曜・第1水曜定休
TEL:0566-75-0881
WAYAのブログ http://ameblo.jp/prenty78/
※新年は1/3からの営業だそうです。

Posted by くまお
comment:5   trackback:0
[カレー・インド料理
【Curry】Sunday Spice in 今井醸造(移動販売)
いまだいさんが、あまりにも美味しかったので自分の店に呼んでしまったという、
移動販売車のカレー屋さん「Sunday Spice」さんのカレーをいただいてきました。

このカレー屋さんに惹かれた理由は、いまだいさんの熱の入れ様も勿論なんですが、
決め手となったのは、このカレーの作り手「Sunday Spice」島田さんのブログ、
「Sunday Spiceの負けるなガラムマサラ」内の記事「ぼくとカレー」を読んでからでした。

抜粋してお伝えさせていただくと、

1.作り手の島田さんが、辛いものが得意ではないということ。
→攻撃的な辛さではなく、じわじわと辛いカレーを目指しているとのこと。そのために、
タマネギの甘味を一番大事にされていて、5時間かけてジャムみたいになるまで炒めるそうです。

2.カレーはやっぱりごはんで食べたい。
→ナンもいいけど、カレーにはやっぱりごはん。日本人はカレーにライスでカレーライス。
これすごく分かります。ナンもうどんもいいけど、やっぱりカレーはコメで食べたいです!

3.子どもからじいちゃんばあちゃんまで食べられるカレーを作ること。
→こどもや年配の方でも食べられるカレー。辛くないけどスパイシーで、そしておいしいカレー。
これって自分にとって理想のカレーです。こんなカレー作れたらスゴイなって思いました。

この3つ全てにすごい共感出来たというか、ひとつひとつに「うんうん」とうなずいてしまって、
そんな思いの詰まったカレーが是非食べてみたくなった訳です。

261- 014-1

261- 017-1

前置き長くなりましたが、これがそのSunday Spiceさんのカレー。合いがけにしてもらいました。
甘口のほうも辛口も共通して感じるのは、その一番大事にしているというタマネギの甘味です。
フルーツや他の野菜なんかも甘味を出す材料として使われてるとは思うんですが、やっぱり
「眠くなるまで炒めました」というタマネギの甘味が、このカレーにすごく深みを与えてますね。
一方スパイスは辛口のほうは勿論、甘口のほうでもとってもスパイシーで風味がいいです。
まさに「辛くないけどスパイシーで、美味しいカレー」です。子どもでもこれ大丈夫ですよ!

辛口のほうも心地の良い辛さというか、唇で受ける辛さというより身体の中から感じる辛さです。
それに辛さの中にもタマネギの甘さが際立ちますね。ちょっぴり辛いけど甘いんですよ、これが。
2つ食べ比べれば甘口・辛口なんですけど、単体ではそんな風にくくれないカレーですね。

100数十食用意されたそうですが午後6時には完売という、予想以上の大盛況だったようです。
きっと子どもからお年寄りまで、カレーを食べた皆さんが美味しいと思われたんじゃないかなぁ。
カレーの奥深さをすごく感じました。カレーって今まで数え切れないほど食べてますが、
その中でも心に残るカレーのひとつとなりました。すごく美味しかったですね。
また今井醸造さんで第2回以降もあるみたいですし、豊川や新城に毎週出店してるそうなので、
機会を見ていただきにおじゃましたいと思います。ごちそうさまでした!

261- 011-1

261- 012-1

移動式屋台カレー Sunday Spice(サンデースパイス)
【主な出店場所】
毎週月曜日…豊川市伊奈町北村213 カーゴシゴシ駐車場内にて(11:00~14:00 17:00~20:00)
毎週金曜日…新城市字町並304-4 新城まちなみ情報センター (11:00~14:00 売り切れ次第終了)
店主さんblog 「Sunday Spiceの負けるなガラムマサラ」
お問い合わせ先TEL:090-4448-7754

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[カレー・インド料理
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。