結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
ばーばら ラーメン屋 美合店(岡崎市)
319- 010-1

319- 015-1
ラーメンセット ランチタイム900円

記事upが遅くなりましたが、先日9/29に岡崎市美合にグランドOPENを迎えた、
幸田の名店ばーばらの2号店におじゃましてきました。
待望の2号店は「家族でも入りやすいお店」をコンセプトとしていて、
座敷やテーブルを完備したゆったりした作りのお店となっています。
食べるものもお子様ラーメンのセットがあったりと、ファミリー層には嬉しい配慮ですね。
幸田の本店はレギュラーメニューも増え、虹色の如くのラーメンメニューがありますが、
こちらはまずは「ラーメン」と「油そば」の、最も自信のある2本に絞っての提供です。
メインはその2本ですが、その分充実なのが本店にはないセットメニューです。
セットはラーメンor油そばに、唐揚げ2個と食べ放題のご飯、きゅうりの漬物に自家製杏仁豆腐が、
プラス300円(ランチは+200円)という、お得な設定でいただくことが出来ます。
今回はラーメンのセットでいただきました。

久しぶりのばーばらラーメンは、ここ美合店でもなじみの顔で迎えてくれました。
ばーばらさんのラーメンは、敢えて一言で表現すれば「丸い」ラーメンとでも言うのかな。
乳化したスープを提供するラーメンは数あれど、スープのまろやかさは随一のものがありますね。
柔らかい口当たりのスープは、素材の旨味全てを包み込むような丸みがあります。
10年以上のキャリアが、紆余曲折を経て余計な角を削っていった結果生まれた、
まさにばーばらさんの歴史を感じるラーメンです。
一方、新しいチャレンジとなったセットのから揚げに杏仁豆腐は、10年戦士のラーメンに比べて
まだほやほやのルーキーです。これからどんどん良くなっていくでしょう!進化に期待ですね。

家族でも行きやすい個人ラーメン店って、実際の所あまり多くないのが現状ですよね。
私にも子どもはいますが、なかなかラーメン屋さんに連れてくのは躊躇してしまう部分があります。
大将もお子さんが生まれて、考え方に変化があったようですが、
ばーばらのようなキャリアのあるお店が、ファミリー層のことを考えてお店を作ってくれたのは、
小さい子どもを持つ親としては、何より嬉しいです。
きっとたくさんの子ども達の笑顔が見られるお店になりますね。
私も落ち着いたら子どもを連れてまた来たいです。
オープンおめでとうございます!美味しかったです。ごちそうさまでした。

319- 008-1

ばーばら ラーメン屋 美合店
愛知県岡崎市美合新町1-1
11:00~14:00 17:00~21:00
月曜・火曜定休
TEL:0564-64-3884
ばーばらのブログ http://ameblo.jp/ba-barara-men/
食べログ http://tabelog.com/aichi/A2305/A230502/23046653/
30min. http://30min.jp/place/2278830

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[岡崎市
まるぎん二号(岡崎市)12
301- 046-1

301- 048-1
大 800円(のせのせ+350円)※ニンニクありアブラ普通

本当は無性に食べたくなる時が定期的にあるんですが、
ニンニク摂取した後の家族の攻撃がすさまじいので、実は結構ガマンしてました(笑)
今回は家族と1日離れる時間が出来たので、躊躇なく二号さんへ突入です!
台湾だったり、塩だったり、肉炙りだったり、魅力的なアレンジがたくさんあるんですが、
今回はとにかく二号らしく!そして肉をがっつきたい一心で(^^;)デフォの大をいただきました。

とりあえずこのビジュアルを拝めただけでも、二号に来た甲斐があるっちゅうもんです(^^)/
迫力の盛りをひとまず避けてスープをいただけば、パンチのあるストレートな旨味…コレです!
そして麺を一すすり…、相変わらずのツルっとした滑らかな麺は啜ってこその醍醐味があります。
スープを飛び散らせる覚悟で、是非豪快にすすって食べて欲しい麺です。
いわゆる二郎系には、オーション(強力粉)を使ったゴワっとした麺が一般的ですが、
「二号」はスープの出来が良いので、だからこそこの滑らかな麺が非常に合います。
麺に強いインパクトが欲しければ「固め」指定も出来ますし、広いファンに応えてくれる麺ですね。

そして肉!のせのせで食べたかった豚バラ肉は、特大3枚にプラスアルファのほぐし肉です。
食べても食べても減らない圧巻のボリュームに、お腹も気持ちも大満足です。
味付けがそれほど強くないので、スープに浸して麺と交互に食べるとより一体感が生まれますね。
野菜とニンニクは、盛りを崩しながら徐々にスープに馴染ませて食べるのが好きですね。
味が薄くなったと思えば、卓上の醤油を入れてもいいですし、唐辛子を入れても旨いですね。

正直言うと、今回の「大+のせのせ」は結構一杯いっぱいだったんですが、(^^;)
この何とも言えない達成感も魅力のうちなんですよね。まぁ歳も感じましたが(笑)
どうしてもニンニクは入れたいので、そうなると個人的にはハードル上がっちゃうんですが、
ガッツリ行きたい時のファーストチョイスは、やっぱり「まるぎん二号」で間違いないです!
美味しかったです!ごちそうさまでした。

301- 044-1
まるぎん二号
岡崎市昭和町字下川田10-2
11:00~14:00 17:30~22:00(売切終了)
水曜定休
TEL:0564-31-8033
まるぎんグループ公式HP http://www.marugin.org/
まるぎんグループのブログ http://ameblo.jp/marugin8/


Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[まるぎん二号
らーめん工房 暖だん(岡崎市)
281- 009-1

281- 012-1
博多豚骨ラーメン 680円

248沿い、岡崎南公園近くに先日OPENした暖だんさんにおじゃましました。
公園からは道路を挟んで反対側で、そば屋「鐘庵」さんのお隣りになります。
話によると、三重県のショッピングセンターに入っているお店のチェーンのようですね。
メニューは「博多豚骨」を筆頭に、「和風醤油」「塩」に「つけ麺」「二郎系」まであります。
何を食べようか迷いましたが、卓上の大きい紅生姜の瓶が鎮座してるあたりから、
博多豚骨が推しなのは想像が付いたので、そちらをノーマルでいただくことにしました。

口当たりはザラツキとかとは無縁な、クリーミーな豚骨スープですね。
タレ味はしっかり効いていて、ハッキリとした味の豚骨ラーメンです。
塩分が強いので若干喉が乾きますが、癖のない豚骨なので豚骨慣れしてない方でも、
すんなり受け入れられそうな味わいですね。元がフードコート併設店というのも納得です。

ダイイチ製麺の麺箱が見えましたので、麺はおそらくそちらの麺ですね。
麺の固さは聞かれませんでしたが、言えば対応はしてくれるようで、
実際“バリカタ”でとか注文してる方もいらっしゃいました。
博多の極細麺までは行かない細麺で、確かにこの麺ならしっかり茹でた方が食感が良さそうです。
具材は大判のチャーシューが一枚と、ネギとキクラゲが少々、普通に美味しくいただきました。

さすが国道沿いということもあり、ランチタイムのお客の入りは上々でした。
やや気になるのはお値段かな。680円は他の博多ラーメンと比較しても若干高い印象を受けますね。
隣りがコスパ抜群のそば店チェーンだから、なおさら気になるところではありました。
まぁでもお店も清潔ですし、メニューも豊富なので、何回かおじゃましたいなとは思いました。
開店おめでとうございます。頑張ってくださいね!ごちそうさまでした。

281- 015-1
らーめん工房 暖だん
愛知県岡崎市若松東1-8-26
11:00~15:00 17:00~21:00(仮)
火曜定休(仮)
TEL:0564-53-2022

Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[岡崎市
らーめんハウス BunBun(岡崎市)
274- 014-1

274- 020-1

274- 017-1
極太肉みそラーメン 840円
(ライス・ゆで卵・漬物はサービス)

実は初めてなんです。恥ずかしながら、場所すらも大体しか知りませんでした(^^;)
独自の道を行く岡崎の隠れた名店と呼ばれる、ブンブンさんにおじゃましました。
話には聞いてましたが、個性的なメニューが数多く並んでいて迷いますね。
無化調で仕上げる「ダシしょうゆラーメン」を筆頭に、紅生姜の載った「ごまラーメン」、
“渾身の一撃”と表現される、台湾チックな「ぶんぶんラーメン」、
更に“和の心の味を表現したい”という、うどんライクな「和鰹しょうゆ」、
最近では二郎系っぽい焼肉ラーメン「太麺ぶんぶん」なんかも人気のようですね。
そんなラインナップの中から、今回は「極太肉みそラーメン」をいただきました。

スープはシンプルな鶏ガラベースかな。味噌ラーメンといっても非常にスッキリした味わいです。
3種類の味噌を併せてあるという味噌ダレは、いわゆる合わせ味噌のような風味で、
比較的豆味噌が前に出たような、この地域の味覚に合うような味噌スープですね。
ピリ辛という表記がありましたが、辛さは全然大丈夫でした。ほんのちょっと辛さが残る程度です。
ミンチの旨味が徐々に溶け込んでいき、全体的に肉の旨味を感じるスープですね。

麺は確かに太麺で、平打ちストレートな面白い麺ですね。幅狭めのきしめんチックでもあります。
気持ち柔らかめで、もちもちっとした食感が楽しめます。スープの絡みも十分過ぎるほどです。
肉類は充実してますね!ミンチ+食べ応えのあるチャーシューが2枚載ります。
チャーシューは柔らかくジューシーで、肉の旨味を味わえる良いチャーシューですね。
ミンチも所々固まってるのが、アジがあっていいですよね。ミンチ自体の肉味も強いですよ。

お店の雰囲気も、カウンターが一枚板だったり、木をふんだんに使った店内で、
確かに外観も含めて喫茶店っぽくはあるんですが、私はこの雰囲気嫌いじゃないなぁ。
ただ、今では珍しくなった喫煙可なお店ですので、気になる方は注意してくださいね。
ランチタイムはライスとゆで卵、漬物が無料で付きますのでお得感もありますね。しかも19時迄!
今まで何で来なかったんだろう…もっと早く来れば良かったです(^^;)
気になるメニューも多いので、またおじゃま致します。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

274- 022-1
らーめんハウス BunBun
愛知県岡崎市戸崎町一丁田2-4
11:30~14:00 17:30~22:30
火曜定休
TEL:0564-54-9206

Posted by くまお
comment:4   trackback:0
[岡崎市
つけめん舎 一輝(岡崎市)14
276- 034-1

276- 036-1
つけめん元味 全部のせ 1100円 (麺大盛+100円)

3/6の4周年を期に、メニューの全てを大幅リニューアルするという情報をいただき、
現行の元味を最後に確認させていただくべく、岡崎の一輝さんにおじゃましました。
大好きな汐彩味も味が変わるらしいので、一瞬迷ったんですが初志貫徹で元味をいただきました。

久々の全部のせです!やっぱり全部のせには華がありますね!
説明不要の元味ですが、久々に食べると細かい部分での進化を感じますね。
動物系は以前より確実に力強くなっています。でも口当たりの柔らかさは変わってませんね。
一輝さんのつけ麺の凄い所は、これだけの濃厚な動物出汁でも口当たりが重くなくまろやかで、
さらに後味のスッキリ感を酸味や辛味に頼らずに、ほぼ魚介出汁のみで演出していることです。
その魚介出汁と強力な動物出汁とが、高い水準でバランスを保っていることが、
一輝さんの「つけめん舎」たる所以なのかなと、改めて感じましたね。

麺もこれも変えちゃうの…って思うぐらい、美味しい麺なんですよね。
もちっとした食感から、噛むごとに粉の甘みを感じられる麺は、この濃厚つけ汁こその麺です。
全部のせにした具材は、華やかで食べ応えがありますね。
芳ばしい香りが食欲をそそるチャーシューに、黄身味の濃いランニングエッグ味玉、
シャクシャクのメンマと、それぞれのクオリティがまさに一輝スタンダートですね。

改めて思ったのは、自分にとって「晴レル屋」さん「極つ庵」さんと並んで、
一輝さんの「元味」は、つけ麺という食べ物の基準の味でした。
その基準の味が変わってしまうことに、一抹の寂しさを感じますが、
押しも押されぬ人気店の味を、麺からトッピングに至るまでガラッと変えてしまうという、
その大英断に!勇気に!男気に!飽くなき探求心&向上心に!最大限の敬意を払いつつ、
NEW一輝さんに大きな期待を膨らませつつ、現行元味のラスト堪能させていただきました!
美味しかったです!ごちそうさまでした。NEW元味も楽しみにしてます!

276- 038-1
3/6 4周年記念にて「新・元味」が1杯100円で提供されます!
現行の味は3/4までです。名残惜しい方は是非食べ納めを!

276- 031-1
つけめん舎 一輝
愛知県岡崎市法性寺町字荒子54-2
11:30~14:00(土日祝~15:00) 18:00~22:30(L.O.22:00)
月曜定休
TEL:0564-55-0112
公式ブログ http://ameblo.jp/tukemensha/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[つけめん舎一輝
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。