結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
つけめん舎 一輝(岡崎市)14
276- 034-1

276- 036-1
つけめん元味 全部のせ 1100円 (麺大盛+100円)

3/6の4周年を期に、メニューの全てを大幅リニューアルするという情報をいただき、
現行の元味を最後に確認させていただくべく、岡崎の一輝さんにおじゃましました。
大好きな汐彩味も味が変わるらしいので、一瞬迷ったんですが初志貫徹で元味をいただきました。

久々の全部のせです!やっぱり全部のせには華がありますね!
説明不要の元味ですが、久々に食べると細かい部分での進化を感じますね。
動物系は以前より確実に力強くなっています。でも口当たりの柔らかさは変わってませんね。
一輝さんのつけ麺の凄い所は、これだけの濃厚な動物出汁でも口当たりが重くなくまろやかで、
さらに後味のスッキリ感を酸味や辛味に頼らずに、ほぼ魚介出汁のみで演出していることです。
その魚介出汁と強力な動物出汁とが、高い水準でバランスを保っていることが、
一輝さんの「つけめん舎」たる所以なのかなと、改めて感じましたね。

麺もこれも変えちゃうの…って思うぐらい、美味しい麺なんですよね。
もちっとした食感から、噛むごとに粉の甘みを感じられる麺は、この濃厚つけ汁こその麺です。
全部のせにした具材は、華やかで食べ応えがありますね。
芳ばしい香りが食欲をそそるチャーシューに、黄身味の濃いランニングエッグ味玉、
シャクシャクのメンマと、それぞれのクオリティがまさに一輝スタンダートですね。

改めて思ったのは、自分にとって「晴レル屋」さん「極つ庵」さんと並んで、
一輝さんの「元味」は、つけ麺という食べ物の基準の味でした。
その基準の味が変わってしまうことに、一抹の寂しさを感じますが、
押しも押されぬ人気店の味を、麺からトッピングに至るまでガラッと変えてしまうという、
その大英断に!勇気に!男気に!飽くなき探求心&向上心に!最大限の敬意を払いつつ、
NEW一輝さんに大きな期待を膨らませつつ、現行元味のラスト堪能させていただきました!
美味しかったです!ごちそうさまでした。NEW元味も楽しみにしてます!

276- 038-1
3/6 4周年記念にて「新・元味」が1杯100円で提供されます!
現行の味は3/4までです。名残惜しい方は是非食べ納めを!

276- 031-1
つけめん舎 一輝
愛知県岡崎市法性寺町字荒子54-2
11:30~14:00(土日祝~15:00) 18:00~22:30(L.O.22:00)
月曜定休
TEL:0564-55-0112
公式ブログ http://ameblo.jp/tukemensha/

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[つけめん舎一輝
つけめん舎 一輝(岡崎市)13
257- 006-1

257- 008-1
かつおそば味玉のせ 850円(20食限定:11/25昼まで)

相変わらずのスゴイ人気ですね。岡崎の一輝さんにおじゃましました。
平日昼の開店時間に合わせたんですが、10席あるカウンターのギリギリ10番目でした(^^;)
券売機を見て、そういえばワイルドつけ麺もまだ食べてないなぁと思いながらも
今回の目当てはこちら!25日までの20食限定かつおそばを味玉のせでいただきました。
「森、道、市場」でお会いしたDAKAさんが、NO.1ラーメンと仰った一杯に期待も高まります。

隣りの方が食べてる「SO-二郎」のニンニクの香りが強くて…(苦笑)
冒頭から純粋に香りを楽しめなかったのが残念ではありますが、
「かつおそば」の名前の通り、他のニオイに負けないだけのカツオの香りが広がります。
一輝さん初(?)の清湯スープは、淡麗でもやや塩の輪郭の出たしっかりした塩梅です。
化調も使ってるのかな?淡く儚くというよりは、メリハリの効いた硬派な清湯スープですね。
この辺りレギュラーとはタイプの違う清湯スープながらも、一輝さんらしさは出てますね。
ネーミングから想像するに、もっと和だしを全面に出した仕上がりかなと思ってたんですが、
あくまで魚介だしも動物系出汁とのバランス重視で、両面の特徴がしっかり出ているスープです。

麺は細麺でプチップチッと歯切れ良く切れるタイプの麺ですね。
するするっと入っていく、喉ごしの良さも楽しめる美味しい麺です。
チャーシューは柔らかく適度に炙ってあります。適度な香ばしさはスープを邪魔しませんね。
味玉は薄味の仕上げなので、この清湯スープとの相性もいいですね。
こだわりの卵「ランニングエッグ」の甘みと、スープの塩味が非常にマッチしています。
ネギはつけ麺と同じものかな。欲を言えば、もう少しネギが優しいと風味がより引き立つかな。

チューリップ形のドンブリは結構底も深くて、見た目以上にたくさんスープが入ってましたが、
気がつけばスープまで完飲でした。もう少しタレが控えめのほうが好みではあるんですが、
あっさり系でもインパクトは残してくれるのが、いかにも一輝さんらしいですよね。
今まで一輝さんにないタイプのスープでありながらも、ちゃんと特徴が出ている辺りは流石です。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

257- 001-1
つけめん舎 一輝
愛知県岡崎市法性寺町字荒子54-2
11:30~14:00 18:00~22:30(L.O 22:00)
月曜定休
TEL:0564-55-0112

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[つけめん舎一輝
つけめん舎 一輝(岡崎市)12
227- 002-1

227- 004-1
MJ 一輝style 800円

MJ3件目は岡崎の一輝さんへ。一輝さんでラーメンスタイルをいただくのは久しぶりですね。
ちょっと間が空いたおかげで、ワイルドつけ麺にニラ辛そば、さらに荒武者限定と
食べてみたいメニューがかなり増えてます。またすぐに来なくては…(^^;)

こちらのMJは、もやしてんこ盛りのニンニクガッツリ効いた完璧な二郎スタイルです。
一輝さんの二郎系と言えば「SO-二郎」ですが、やはりベースの味は「SO-二郎」に近いかな。
ベースのスープは、醤油の輪郭がハッキリとした一輝スタイルの背脂豚骨醤油です。
そこから味噌漬けの豚肉がだんだんとスープに溶け出すことで、
狙い通りに醤油ベースのスープから、味噌ラーメンスタイルに変化する面白い一杯ですね。

今回の重要ポイントである、今井醸造さんの味噌で漬けたチャーシュー(豚肉)は、
フライパンでしっかりと焼かれていて、所々焦げ目が付いているのが特徴です。
味噌漬け肉特有の風味と食感がありますね。表面の味噌が溶けてもまだ濃い目の味が残ってます。
軽く振られた一味もちょっとしたアクセントになっていて、スープの引き締め効果もありました。

合わさる麺はモチっとした食感とツルッとした喉越しが楽しめる麺です。
量はそれなりにありますが、食べやすい麺で思ったより軽く食べれました。

最近食べてないので単純な比較が出来ないんですが、やっぱり「SO-二郎」の変化型かな。
醤油そのものの風味をダイレクトに感じられるのが、一輝さんの二郎系スタイルですし、
そういった比較的硬派な一輝さんの二郎系スタイルはこのMJでも健在ですね。
一方で今井醸造さんの味噌は、こちらの一杯ではほぼ味噌漬け「肉」に集約されてる感じですね。
味噌二郎というからには、もう少し味噌を全面に出した感じでも面白いのかなとも思いますが、
「SO-二郎」という元々培った醤油ベースの二郎系があるので、
敢えてそこを起点とした「醤油発→味噌行き」の変化スタイルは、
これはこれで間違いのない美味しさがありました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

201- 016-1
つけめん舎 一輝
愛知県岡崎市法性寺町字荒子54-2
11:30~14:00 18:00~22:30(L.O 22:00)
月曜定休
TEL:0564-55-0112

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[つけめん舎一輝
つけめん舎 一輝(岡崎市)11
201- 019-1

201- 021-1

201- 022-1
つけめん(汐彩味) 800円 (大盛+100円)

そんな感覚はないんですけど、調べたらすごい久しぶりでした。岡崎の一輝さんです。
ここの所の一輝さんといえば、ローソンでコラボつけ麺が販売されたり、
昨年は東海テレビわんだほ祭り、そして今度はマンモスフリーマーケットに出展されたりと、
もはや人気は三河だけにはとどまらず、名実とも東海3県を代表するつけ麺店でございます。
その人気を不動としたものは何と言ってもこちら。
元味に代わってこちらが代表メニューと言ってもいいんじゃないですか?
一輝オリジナルつけめん「汐彩味」です。
塩味のつけ麺は難しいという定説を覆したのが、こちらの一杯ですね。

まさに「汐彩」の名にふさわしい、磯の味、特に海老の風味を前に出した味わいが特徴です。
最近は、伊勢海老をつけ麺の材料に使用する店も増えてきたりと、
海老系のつけ麺は広がりを見せていますが、海老のワタを味の中心としていくのが多い中で
一輝さんの汐彩は、あくまでアミエビなどの海老の香ばしさや風味にこだわっています。
前者もいいんですが、海老が好きな人にとっては一輝スタイルのほうが琴線に触れますよね。
何回食べてもこの味は好きですね。ベースとなる動物系の力強い旨味があるからこそ、
汐彩系の風味が活きるというものです。それがオリジナリティでありバランスの良さですね。

麺は、比較すれば晴れ系より柔らかめの茹で具合です。個人的にはこれぐらいが好みですね。
メンマも同じく柔らかいです。チャーシューはもう少し食べ応えがあると嬉しいですが、
ここ汐彩では、チャーシューは主役にならなくていいんです。それ程つけ汁が秀逸なんです。

平日でも何でも行列は当たり前の人気は、完全に盟友を凌ぐ勢いですね。
地域No.1人気店の理由は、おのずと食べれば分かります。
「SO-二郎」も「まぜイチロー」も「一輝そば」もいいですけど、
やっぱり一輝さんはつけ麺がウマイです!特に汐彩サイコーです!ごちそうさまでした。

201- 016-1
つけめん舎 一輝
愛知県岡崎市法性寺町字荒子54-2
11:30~14:00 18:00~22:30(L.O 22:00)
月曜定休
TEL:0564-55-0112
つけめん舎 一輝のブログ http://ameblo.jp/tukemensha/

※今年もT-1グランプリ始まってます。気になる方は是非!
「一輝」参加メニュー:『温故知新~3丁目の中華そば~』500円(昼夜各5食限定・5/22迄)

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[つけめん舎一輝
つけめん舎 一輝(岡崎市)10

かけだしそば 750円 (☆T-1グランプリ2010 対象メニュー)

東海エリアの有名ラーメン店の若手No.1を決めるという
「T-1グランプリ2010」という企画が、3月中1ヶ月の期間で始まっています。
岡崎の一輝さんからは、かの二郎系メニュー「SO-二郎」の由来ともなった
大将の右腕として活躍中の市川惣二郎さんが参加されています。
その名も「かけだしそば」です。いいネーミングですね!^^

多めの油に覆われたスープには、煮干しと思われる光る粉末が見えます。
スープの味は、簡単に表現すると旨味過多なんですけど
逆に言うと、その荒削りさが良いというか…新人戦らしいフレッシュさが伝わってきますよ。
細かいコントロールは気にせずに「かけ」というスタイルで
直球を思いっきりズドンと胸元に投げ込まれた気分です。
舌に痺れるぐらいの旨味が、彼の挨拶がわりのようでなんか嬉しいですね。

麺は、一輝そばに使われてる麺と同じだそうです。
この麺の歯切れの良さが「かけ」というスタイルで、さらに活き活きと感じます。
もちろんスープのノリもノリ過ぎなぐらい抜群ですね。

別皿のローストビーフは、噛み応えはありますがその分旨味も十分で
アスパラやエリンギの食感も、それぞれの違いがあって面白いですね。
しいて言えばこのドレッシングが、酸味のある和風系だともっと箸休めとして合うかなぁ。
風味変化アイテムとして大葉のみじん切りが付きましたが、これがまたさっぱりと合いましたね。

あまり点数を付ける事は、自分の本意ではないので辞退させてもらおうと思ったのですが
感謝と激励の意味を込めまして、僭越ながら付けさせていただきました。
「かけだしそば」が彼の「らーめん人」としてのこれからの礎になることを祈ってます。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

PICT0006-44.jpg
つけめん舎 一輝
岡崎市法性寺町荒子54-2
11:30~14:00 18:30~22:30
※スープがなくなり次第閉店
月曜定休
TEL:0564-55-0112

Posted by くまお
comment:4   trackback:1
[つけめん舎一輝
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。