結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
まるぎん商店(岡崎市)18
261- 039-1

261- 045-1
MJ 880円(夜限定メニュー12/15~)

まるぎんスタイルの「MJ」が、Newバージョンとして再度限定登場したので、
味噌のサプライヤーであるいまだいさんOi!ラーメンさん達とおじゃまして参りました。
先日行われたイベント「東海ラーメン祭」「岡崎食育メッセ」で振舞われた「MJ」の
(MJ=味噌二郎、三河二郎、無添加醸造(の味噌)などの複数の意味を持っています)
まるぎんさんバージョンということになりますね。

夏の「MJ-まるぎんstyle-」は、海老油とスクランブルエッグを使った変化球スタイルでしたが、
今回はイベントメニューに倣った、醤油味→味噌味に肉を通じて変化するタイプになりました。
夏の「MJ」でいくと、「一輝style」をまるぎんさん風にアレンジしたという形になります。
ベースとなるスープは、まるぎんさん自慢の豚骨スープを使用した豚骨醤油味です。
醤油ダレもしっかり効いていて、味噌を溶かさなくても十分に濃い目の豚骨醤油を味わえますね。

一輝バージョンや、イベントバージョンでは味噌漬け肉を焼いたものが載りましたが、
こちらは味噌角煮とでも言うのかな。しっかりと中まで味の染みた味噌味の角煮が載っています。
またこの肉の量が半端ないですね!デカい肉塊が3つも載るボリュームは圧巻です!
かなりの厚みにもかかわらず肉の芯まで味噌が浸透していて、噛めばホロホロと崩れる柔らかさ!
どう作ったらこんなに柔らかくも形を残して、奥まで染みた角煮ができるのかなぁ。スゴイです。

で、この味噌角煮の食べ方如何で味が変わるというシステムになっていまして、
綺麗に肉の表面の味噌を溶かして、しっかりスープに味を移して食べるのもよし、
あまり移さずに味噌のストレートな味わいを感じながら、肉を頬張るもよしですね。
好みの食べ方で、これでもかというボリュームの味噌角煮を食べられる楽しさがありました。

麺はまるぎん本舗さんで初お目見えとなった特注麺「フォルテシモ」が採用されました。
この麺はラーメン系でも合いますね!カチっとした食感にツルっとした喉越しが楽しめます。
「二郎」のJの字が付くように野菜の盛りも嬉しい所ですね。甘いキャベツが沢山載ってましたよ。

別添の刻みニンニクとおろし生姜をチョチョっと加えて、最後までガッツリといただきました。
生姜は夏の「MJ」ではばーばらが採用した食材ですね。この意外な相性には当時驚きましたが、
その辺をさりげなくインスパイアされている辺り、「チームMJ」としての絆を感じましたね。
味的には肉の味噌をしっかり溶かしても、そんなに味噌味噌するわけではないので、
コテコテの味噌ラーメンが得意じゃない方でも、楽しめるラーメンとなっていると思います。

それにしても「今井醸造」さんの味噌が、ラーメン屋さんの手に掛かると、
特徴である優しい風味の味噌に、力強さが加わるんですよね。それが本当に面白いです。
一輝さんでもラーメン祭バージョンの「MJ」再開されてるので、機会があれば頂きたいですね。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

204- 012-1
まるぎん商店
愛知県岡崎市寿町13-20
11:30~14:00 18:00~22:00
水曜定休
TEL:0564-25-8578
まるぎんグループ公式HP http://www.marugin.org/
まるぎんグループのブログ http://ameblo.jp/marugin8/

【お知らせ】
本日12/17(土)9:25~放送のCBCテレビ「花咲かタイムズ」に「まるぎん二号」が紹介されます。

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[まるぎん商店
まるぎん商店(岡崎市)17
257- 011-1

257- 015-1
あごそば 880円(期間限定)

現在復活中のアゴ出汁の限定ラーメンをいただきに、まるぎん商店さんにおじゃましました。
過去、煮干バージョンも含め各方面で絶賛されているメニューで、ファンの方も多いようですね。

今回も期待に違わぬ濃厚なスープですね!
スープに関しては前回前々回とほぼ同じ感想なので、手短に述べますが、
今回のスープも濃厚でトロッとしていて、アゴ出汁は主張はしっかりも優しく丸く癖はないです。
改めていただくと、まるぎん本舗さんのつけ麺にも相通じるものがありますね。
キメが細かくクリーミーなスープで、ザラツキを全く感じさせない部分と、
魚介出汁の癖を出さずに旨味だけを抽出する、その技術がまるぎんクオリティですよね。

そして今回の主役とも言える麺ですが、この辺では「あっ晴れつけめん堂」さんでお馴染みの、
あの負死鳥カラス氏プロデュースの麺が使われています。しかも細麺です!
「究極の細麺」と評される通称「カラス麺」が合わせてありますが、この麺が美味しいですね。
細麺なのに、低加水ではなくかなりの加水が感じられる麺です。細麺なのにモチっとしてます。
スープが絡みはもちろんですが、スープとの一体感と麺の主張が両立している珍しい麺ですね。
それでいて持続性もあって、ダレることがなく最後まで同じ食感でいただくことが出来る麺です。

トッピングの今回の変更点は大きく2点かな。
刻みタマネギが、細麺に合わせてより細かくなっているのが1点。
もう1点は、千切りのキャベツがプラスされています。
キャベツの千切りは濃厚スープに合いますね!シャキッとした食感とサッパリ感が加わります。
チャーシューは今回も大満足のボリュームですね。濃厚スープに負けないだけの濃い味です。
メンマのゴリゴリ感も、味玉のトロトロ感も、安心して食べれるトッピングですね。

やっぱりストレートに「旨いなぁ」と感じる一杯です。
ご飯も確実に進むんですよね。何処ぞになぞえて「三河一ご飯の進むラーメン」ですよ。
また次回の復活を楽しみにしてます。美味しかったです!ごちそうさまでした。

257- 016-1
まるぎん商店
愛知県岡崎市寿町13-20
11:30~14:00 18:00~22:00
水曜定休
TEL:0564-25-8578
まるぎんグループ公式HP http://www.marugin.org/
まるぎんグループのブログ http://ameblo.jp/marugin8/

※11/26,27は「東海ラーメン祭」および「岡崎食育メッセ」に参加されるため
「まるぎん商店」さんは臨時休業となります。ご注意下さい。
「まるぎん二号」さんと「まるぎん本舗」さんは通常営業です。

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[まるぎん商店
まるぎん商店(岡崎市)16
226- 003-1

226- 005-1
MJ(味噌二郎)まるぎんstyle 800円

先日の我流さんに続いて、MJ企画2軒目はまるぎんさんにおじゃましました。
店頭のPOPは二字熟語が「味噌 海老 商店 二郎」と大きく4つ書かれています。
思い起こせば、昨年のMJ企画は二号にて暗号を言うと海老油が投入されるという
裏メニュー的な扱いでしたが、今回は商店にて堂々の正規限定の提供となりましたね。

見た目は二郎の名にふさわしい、なかなかボリュームのあるビジュアルです。
海老の香りは半端じゃないですね。味噌に載ってしっかりと海老の風味が感じられます。
今井醸造さんの味噌はやっぱり優しい味わいですね。丸みのある非常にまろやかなスープです。

ただでさえ優しい味わいの味噌を、この卵由来のトッピングが更にまろやかに包んでくれます。
これは面白いなぁ。タルタルソースっぽいものと思ってたんですが違いますね。
タルタルというよりは、スクランブルエッグのたまごフィリングという感じです。
ゆで卵では感じることは出来ない、焼いて火を通したたまごの食感が残るので、
完全にスープに溶けずにスープにまろやかさを加えた上で、さらに卵の味も楽しめるみたいな。
これがまた味噌との相性が抜群にいいんです。上手く説明出来ないんですが、新感覚な味ですね。
バターやラードとは違った角度から攻めてくる味噌ラーメンは初体験かも。
たまごの中に含まれるブラックペッパーも効いてるなぁ。じわじわ来ますね、面白いです。

麺は角状の太ストレート麺です。まるぎんさんのこういう系の麺は間違いないですね。
プリっとした食感が口の中で踊り、味噌と海老の風味と共に弾けるような感覚が味わえます。
一際目を引くサイコロ形のチャーシューは、味噌を使ったド直球の角煮風チャーシューです。
甘辛く濃い目の味付けのサイコロチャーシューは、これだけでもご飯が進みそう。
チャーシューを口に含みながらスープを啜れば、さらに味噌のインパクトを感じられますよ。

これは二郎がどうとか抜きにして、ひとつのラーメンとしてかなり旨いです!
味噌とタマゴの相性に目を付けたあたりが、まるぎんさんらしいですし、
ちょっとラーメンとして弱いかなというぐらい、まろやかになり過ぎてる部分を、
海老の強い風味を加えて、カッツリまとめてあるところは流石ですね。
敢えてニンニクに頼ってないというところもいいですね。ポイント高いです。
商店と二号でちゃんとコンセプトが分けられてるのが、食べる側としてもわかりやすいですし、
商店のイメージ通りに仕上げてくれていました、まさに商店の「MJ-味噌二郎」でした。
かなり美味しかったです!ごちそうさまでした。

PICT0034-41.jpg
まるぎん商店
愛知県岡崎市寿町13-20
11:30~14:00 18:00~22:00
水曜定休
TEL:0564-25-8578
まるぎんグループ公式HP http://www.marugin.org/
まるぎんグループのブログ http://ameblo.jp/marugin8/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[まるぎん商店
まるぎん商店(岡崎市)15
214- 003-1

214- 004-1
荒武者牛次郎 880円(※荒武者サミット対象メニュー)

半田のさくらさんに続いて2杯目ですね。“荒武者”という小麦粉をフューチャーした企画
“荒武者サミット”の一杯を求めて、まるぎん商店さんへおじゃましました。
まるぎんさんが持ってきたのは、その名も「荒武者牛次郎」という新作のまぜそばです。

“牛次郎”とありますが、“牛”は肉ではなく脂の牛…“牛脂”です。
なぜ牛脂を使っているだけで、“牛次郎”と名乗っているかということですが、
これは食べればわかります。“牛脂”やこのまぜそばの主役で大きなポイントなんです。
牛脂というと精肉のおまけでついてくるようなブロック状の塊で、
身体に悪いような重たい脂をを連想するかもしれませんが、全然違いますよ。
こちらの牛脂は無色透明でサラッとしていて、しつこさのような物は全然ないですね。
口当たりは軽くても独特のコクがあって、これが丸くて優しい醤油ダレと見事に合います。
ペッパーも唐辛子もフライドガーリックも、バランスを損なわない程度に適度に効いてますね。

そしてこのコラボの主役“荒武者”を使用した麺ですが、
先日いただいたさくらさんの荒武者麺より、弾力がある麺でした。
牛脂醤油ダレが思ったより優しかったのは、麺を感じる仕様ともいえますね。
こちらの麺も噛めば噛むほど味わいが深くなる印象です。じっくり食べたくなる麺です。

具材もまるぎんらしさが随所に見られます。サイコロ炙りチャーシューは定番ですね!
キャベツやもやしにメンマもいいですが、この中では長いカットの青ネギが面白かったですね。
敢えて細かく切らずに長いまま活用することで、薬味ではなく具材となっていたのが新鮮でした。
そして別添の割り下入り生卵を溶いて投入すると、また表情が一変します。
甘過ぎない甘さと生タマゴのまろやかさが、これが元の牛脂ベースのタレと合うんですよね。
すき焼き風につけて食べるのもアリだと思いますが、私は投入をオススメします!

もっとガツンと来るものかと思ってたのですが、想像よりも全然シンプルな味でした。
なぜ牛“次”郎のなのか?、なぜ“二号”じゃなく“商店”での販売なのか?という疑問は、
一口食べてすぐに吹き飛びました。間違いなく“まるぎん商店”のまぜそばでした。
飾らずにシンプルに素材の美味しい食べ方を教えてくれるのが、まるぎんさんの真骨頂ですね。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

204- 012-1
まるぎん商店
愛知県岡崎市寿町13-20
11:30~14:00 18:00~22:00
水曜定休
TEL:0564-25-8578
まるぎんグループHP
※「荒武者牛次郎」は5/31まで、1日20食の限定商品です。

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[まるぎん商店
まるぎん商店(岡崎市)14
204- 006-1

204- 008-1
大人のシブメのアゴ出汁濃厚ら~麺DX 880円(平日夜限定)

昨年度のMOSTインプレッションラーメンと言ってもいい、
まるぎんさんの「大人のシブメのアゴ出汁濃厚ら~麺」が、
平日夜限定という条件で、DXバージョンとなって現在復活中なのでいただいてきました。
つけ麺バージョンは先日のチャリティー企画でいただきましたが、
ラーメンVer.を作ってほしいという要望が多かったようで、応える形となったようですね。

こちらのスープの特徴は、まずなんと言ってもこの濃度ですね!
濃厚でトロッとしていますが、決して重たい感じはなくて、
口当たりはとてもまろやかな飲みやすいスープです。
以前はワイルドな印象を持っていたアゴ(トビウオ)干しは、
こちらの一杯で印象が180度変わりました。力強さと同時に品の良い優しさがありますよね。
濃厚な動物系スープにがっぷり組み合えるだけのパンチを持ちつつも、
エグミとか苦味とかマイナス面を感じないアゴのクオリティが素晴らしいです。

この強い動物&魚介に負けない麺を持ってくるだけでも一苦労だと思いますが、
今回採用された麺が、見事にその役目を果たしてくれています。
全粒粉を使用した平打ちの太麺は、喉越しの良さ・スープの持ち上げ・モチッとした食感、
さらにその全粒粉が持つ麺の香りまでも感じさせてくれる、このスープにこその麺ですね。
チャーシューはサイコロ形と1枚ものが両方入っていて、ボリュームも満点です。
炙られた風味もスープとマッチして、さらに美味しくいただけます。

麺の量もアップしていて、さすがの大満足でした。
ちょっと味は濃い目ですけど、このパンチの強さあっての濃い口ですので、
コッテリ系でも幅広い方に満足いただける一杯じゃないでしょうか。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

204- 012-1
まるぎん商店
愛知県岡崎市寿町13-20
11:30~14:00 18:00~22:00
水曜定休
TEL:0564-25-8578
まるぎんグループHP

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[まるぎん商店
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。