結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
まるぎん二号(岡崎市)12
301- 046-1

301- 048-1
大 800円(のせのせ+350円)※ニンニクありアブラ普通

本当は無性に食べたくなる時が定期的にあるんですが、
ニンニク摂取した後の家族の攻撃がすさまじいので、実は結構ガマンしてました(笑)
今回は家族と1日離れる時間が出来たので、躊躇なく二号さんへ突入です!
台湾だったり、塩だったり、肉炙りだったり、魅力的なアレンジがたくさんあるんですが、
今回はとにかく二号らしく!そして肉をがっつきたい一心で(^^;)デフォの大をいただきました。

とりあえずこのビジュアルを拝めただけでも、二号に来た甲斐があるっちゅうもんです(^^)/
迫力の盛りをひとまず避けてスープをいただけば、パンチのあるストレートな旨味…コレです!
そして麺を一すすり…、相変わらずのツルっとした滑らかな麺は啜ってこその醍醐味があります。
スープを飛び散らせる覚悟で、是非豪快にすすって食べて欲しい麺です。
いわゆる二郎系には、オーション(強力粉)を使ったゴワっとした麺が一般的ですが、
「二号」はスープの出来が良いので、だからこそこの滑らかな麺が非常に合います。
麺に強いインパクトが欲しければ「固め」指定も出来ますし、広いファンに応えてくれる麺ですね。

そして肉!のせのせで食べたかった豚バラ肉は、特大3枚にプラスアルファのほぐし肉です。
食べても食べても減らない圧巻のボリュームに、お腹も気持ちも大満足です。
味付けがそれほど強くないので、スープに浸して麺と交互に食べるとより一体感が生まれますね。
野菜とニンニクは、盛りを崩しながら徐々にスープに馴染ませて食べるのが好きですね。
味が薄くなったと思えば、卓上の醤油を入れてもいいですし、唐辛子を入れても旨いですね。

正直言うと、今回の「大+のせのせ」は結構一杯いっぱいだったんですが、(^^;)
この何とも言えない達成感も魅力のうちなんですよね。まぁ歳も感じましたが(笑)
どうしてもニンニクは入れたいので、そうなると個人的にはハードル上がっちゃうんですが、
ガッツリ行きたい時のファーストチョイスは、やっぱり「まるぎん二号」で間違いないです!
美味しかったです!ごちそうさまでした。

301- 044-1
まるぎん二号
岡崎市昭和町字下川田10-2
11:00~14:00 17:30~22:00(売切終了)
水曜定休
TEL:0564-31-8033
まるぎんグループ公式HP http://www.marugin.org/
まるぎんグループのブログ http://ameblo.jp/marugin8/


スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[まるぎん二号
まるぎん二号(岡崎市)11
262- 038-1

262- 041-1
台湾二号(小) 690円

今週月曜日から始まった新メニューをいただきに、まるぎん二号さんにおじゃましました。
ガツ盛りラーメンの台湾ラーメンバージョン、その名も「台湾二号」です。
辛いのは得意じゃないんですが、これはちょっと気になったので早々にいただきました。

改めて写真で見ると、ニラのグリーンが映えるキレイなラーメンですね!
トップの「台湾ミンチ」ならぬ、「台湾ほぐし肉」を溶かし込みながらいただくスタイルですが、
素のスープだけいただいてみても、ベースのスープに十分ラー油が効いた台湾仕様の味です。
自家製ラー油とのことですが、これが直接的な唐辛子の辛さと、
ピリピリ来る山椒系辛味の両方で、時間差で追いかけてくるような深みのある辛さがありますね。
さらに「台湾ほぐし肉」をどんどん崩していくことで、みるみると赤く染まり辛さも増します。
辛くはなるんですが、スープに散り散りとなることで、スープの旨味が格段に上がる印象です。
ただでさえコクのあるスープに辛味と旨味とニンニクが加わって、中毒性がバンバン出てました。
辛いの苦手な癖にレンゲが止まらなかったです。軽いトランス状態に入ってましたね(笑)

合わせる極太麺がまた美味しいですね。パンチのあるスープに相応しい存在感のある麺です。
豪快にすすれば口の中でプリっと跳ねまわるような、弾力のある食感が楽しめます。
肉はほぐし肉になるのでかぶりつくような肉感は無いですが、その分スープにパンチは出ますね。
それでも肉にかぶり付きたいという方は、肉マシorのせのせでプラスも良いと思います。
ニラはスープの熱で、しんなり&シャキっとした食感となります。辛味とニラが合うんですよね。
通常のヤサイが載るのも嬉しいところです。時々顔を出すキャベツの甘味に癒されました。

ガッツリ、しっかり、汗をかいての完食でした。外に出た時の冷たい空気が気持ち良かったです。
確実に汗や鼻汁が出ますので(笑)ハンカチやティッシュを持参されることをオススメします。
二号の台湾バージョンと期待して、イメージ通りの一杯だと思います。
商店の台湾系がお好きな方も是非!寒い冬にぴったりのメニューですよ。
美味しかったです!レギュラーになると良いですね!ごちそうさまでした。

262- 043-1
まるぎん二号
岡崎市昭和町字下川田10-2
11:00~14:00 17:30~22:00(売切終了)
水曜定休
TEL:0564-31-8033
まるぎんグループ公式HP http://www.marugin.org/
まるぎんグループのブログ http://ameblo.jp/marugin8/

※台湾二号はレギュラーの食券を購入し、手渡す時に口頭で「台湾で」と指定をして下さい。
食券を渡した後での台湾への変更は出来ませんので、お気をつけ下さい。

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[まるぎん二号
まるぎん二号(岡崎市)10
198- 008-1

198- 009-1
大 800円(ニンニクアブラマシ)

気持ち久しぶりにまるぎん二号さんへおじゃましました。
なんか時々無性に食べたくなるのが二号のラーメンです。
それは何故か「二号」じゃなきゃダメなんですよね。
一旦衝動が起きると、他の二郎系じゃ満足できないんですよね。「二号」の魔力です(笑)

仕様が変わったのかな?今回のスープはいつもより気持ちライトでした。
ライトな分だけ非常に食べやすい「二号」ですね。
一方で、パンチという部分ではおとなしめの印象も受けました。
スープの印象が変われば、化学調味料的なうま味の印象も当然変わってきて
やはり、ケミカルな舌に残るうま味が今回はより強く感じられました。
まぁそれも、むしろより二郎チック寄りな出来とも言えますかね。想定内の変化ですね。

麺は相変わらずのプリッとモチッとツルッとの3拍子揃った麺ですね。
二郎インスパイアでも色々な麺が使われてますが、このダイイチ製麺製の麺…好きですね。
そして「二号」の醍醐味はやっぱり「肉」ですね。
バラ肉のチャーシューは厚みたっぷりのものが2枚、&ほぐし肉少々が標準装備です。
それでも足りなければ「のせのせ」でこれでもか!というぐらい喰らいつくのもいいですね!
ヤサイもクタまでは行かないけど、こんなに火が通ってたっけ?というぐらいの
なかなかしっかりした茹で加減でした。キャベツも柔らかくてこれぐらいのほうが好みだなー。

スープの印象が違ったとはいえ、今回の「二号」も大満足でした。
来るたびに思うんですが、汁なしに毎回惹かれているので、次回こそ「汁なし」を!
美味しかったです!ごちそうさまでした。

132- 013-1
まるぎん二号
岡崎市昭和町字下川田10-2
11:00~14:00 17:30~22:00(売切終了)
水曜定休
TEL:0564-31-8033
まるぎんグループHP

Posted by くまお
comment:0   trackback:1
[まるぎん二号
まるぎん二号(岡崎市)9
173- 301

173- 302
大盛+のせのせ 800円+350円(R.Q.P聖帝バージョン)

久々の二号です。早いですよね~、1周年ですか。ちょっと感慨深いものがありますね。
1周年イベントは都合がつかないので、宣伝だけさせていただきますね!(下記参照)
今回は、お祝いの気持ちを込めて1年ぶりの「のせのせ」バージョンでいただきました。
麺は合同イベント「R.Q.P」の限定麺「聖帝」をチョイスです。
ちなみに「聖帝」は茹で時間が通常麺より掛かるので、お急ぎの方はお気をつけ下さいませ。

「聖帝」は幅広&幅厚の食感を重視した麺という印象ですね。デフォルトでも固めです。
“モチモチ”というよりは、もっと密度の濃い“ムチムチ”といった感じですね。
形状は生パスタっぽいんですが、確かにパスタというより平打ちではあるんですが、
味噌煮込みうどんの芯のあるような食感に近いかなぁ。
今回普通の汁ありでいただきましたが、面積の広さや食感からまぜそばのほうが合いそうですね。
汁ありにしても、卓上のタレで少し辛くした方が合いました。

ベースのスープは初期に比べると本当に厚みが増しましたね。
「二郎」から「二号」への脱皮というか、独自性追求の結果他所では味わえない
「二号」だけのクオリティをこの1年で確立されたのは、本当に素晴らしいことです。

「のせのせ」で頼んだので「豚」は1cm程のバラ肉が計4枚、食べ応え十分過ぎます。
やっぱり「豚」は「二号」ですね。美味い肉を腹いっぱい食べたければ間違いなく「二号」です。
最後に陳皮入り唐辛子をほんの少しだけ入れて、ピリッと完食、大満足です!

1周年本当におめでとうございます!
今後も地域の「二郎系」の先駆者として、末永いご発展をお祈りしています。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

132- 013-1
まるぎん二号
岡崎市昭和町字下川田10-2
11:00~14:00 17:30~22:00(売切終了)
水曜定休
TEL:0564-31-8033

【※緊急告知!!】
2010年11/27(土)・11/28(日)の両日、1周年イベントとして通常690円の「小盛」が、
昼夜限定50杯ずつ計200杯、感謝価格の260円(ジロー)で特別提供されます!
しかも麺はこの日だけの特別仕様麺となっているそうですよ。
詳しくは↓こちら公式HPを参考にしてくださいね。
まるぎんグループHP

Posted by くまお
comment:6   trackback:0
[まるぎん二号
まるぎん二号(岡崎市)8
150- 009-1

150- 010-1
大盛 800円 (魚粉+60円、煮干し油、肉炙り、ニンニクなし、アブラアリ)

夏場ということもあって意図的に最近離れてはいたんですが、やっぱり恋しくなりますね。
まるぎん二号さんにおじゃましました。麺が少し前に変わってからは初ですね。
今回は諸事情で残念ながらニンニクNGだったので、
そのかわりに魚粉&煮干し油の魚サカナバージョンで攻めてみました。

いやぁ…魚粉と香味油でこれほどまでに味が変わるのかというぐらい、別物になりますね。
色からして違うこちらは、ベースの動物スープに負けないだけの魚介パンチが加わってます。
とにかく魚介の風味が強いです。どちらが強いというよりは両方入ってるからでしょうね。
決してスープが弱いという訳じゃないですよ。スープは以前より格段にパワーアップしてます。
それなのに、ここまで魚介風味に支配されるとはちょっと予想外でしたね。

仕様の変わった麺は一言で言えばパワフルですね。
弾力というか噛み応えが増しましたね。こちらも明らかにパワーアップしてます。
プリプリした食感とこのダブルパンチのスープは、力と力のがっぷり四つです。
今回の豚は2枚プラスほぐし豚でした。
豚はほぐしも入れれば十分な量ですが、以前よりは少なくなってましたね。
野菜も某店よりキャベツの比率が高いのは嬉しいところです。

今までこの手の二郎インスパイアなラーメンは、ニンニク入れてナンボみたいなところが
あったんですが、それを覆すだけのパワーが魚粉にはありました。
逆に言えば、魚粉プラスニンニクでどうなんだろう?とか
トッピングのバリエーションで、次回への想像力が膨らむのもまた楽しいですね。
二郎系のもうひとつの楽しみは、自分好みのカスタマイズでもあると思います。
その組み合わせの豊富さたるや、二号さんのたまらない魅力のひとつでもありますね。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

150- 012-1
まるぎん二号
岡崎市昭和町字下川田10-2
11:00~14:00 17:30~22:00(売切終了)
水曜定休
TEL:0564-31-8033

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[まるぎん二号
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。