結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
ラーメン 濃厚軍団(豊田市)
288- 006-1

288- 009-1
濃厚ラーメン軍団のせ 880円

久々の豊田ですね。遅ればせながら話題のドロ系ラーメン店、濃厚軍団さんにおじゃましました。
安城の極つ庵で長年店長を勤められていた、山本さんが独立して始められたお店です。
山本さんには近年の極つ庵の限定などから、スマートな作り手さんの印象があったんですが、
実は兼ねてからドロドロのこってり系ラーメンで、独立したいという気持ちがあったようですね。
メニューは基本の豚骨のみ100パーで構成された「濃厚ラーメン」と、
和出汁で割ったダブルスープの「和風とんこつ」の基本二種類となっています。
初回ですしせっかくなので、全部のせバージョン「軍団のせ」にライスを付けていただきました。

空の寸胴がカウンターから見えるんですが、その灰汁がこびりついた寸胴が、
もう濃厚さを物語ってますね。ドロ系キター!って感じですね。
各所で大岩亭さんと比較されて、似て非なるものというご意見が多いですが、
底辺の味覚では、大岩亭さんの特濃で感じた動物性蛋白質の質感と同じものを感じました。

難しい言い方をして申し訳ないんですが、上手い表現が見つからないんですよね。
しいて言えば、卵の黄身が溶け込んだような質感に近いとでも言うのかな。
これは野菜を溶かした、ベジポタ系ドロ系ラーメンでは味わえない感覚です。
この感覚を感じたのは、後先考えても私の経験では3回しかないですね。
ひとつは大岩亭さん、そしてもうひとつは大阪で食べた無鉄砲さんのラーメンです。
その中でも特に濃厚軍団さんの超濃厚スープには、丁寧に作られた細やかさを感じます。
スープに使う食材は豚骨と水だけ。最小限の食材から、目指す最高のドロスープを作り出す…、
まさに濃厚版「引き算の美学」がここにはありました。

この濃厚スープに合わせる麺は相当悩まれたみたいですが、現在は中太直麺が合わせてあります。
このスープに合わせる麺に正解は無い気がしますね。替玉は細麺提供になって固さも選べますが、
やっぱり好みはそれぞれなので、食べ手側が麺を選べるシステムでも良いのかもしれませんね。
具材の味付けは全体的にナチュラルな感じですね。チャーシューは味控えめでさっぱりしています。
メンマも柔らか目で、双方ともスープに絡むことでより美味しくいただける具材です。

このスープに挑戦するスピリットは、本当に素晴らしいと思いますし、
このスープの濃度、丁寧なプロセスのもと生み出された雑味の無いクオリティ、
この全てを維持するのは、本当に並大抵のことじゃないと思います。
その心意気に最大限の敬意を払わせていただきます。
遅くなりましたが開店おめでとうございます。
大変だと思いますが、いつまでも「濃厚軍団」でありつづけてくださいね!
またおじゃまします。美味しかったです。ごちそうさまでした。

288- 013-1
ラーメン 濃厚軍団
愛知県豊田市山之手10-50 ライフ山之手 1F
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0565-24-1515

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[豊田市
麺屋 GOO(豊田市)2
195- 005-1

195- 008-1
ガツ盛り二郎系らーめん(大) 800円

OPENして間もないですが、早くも人気急上昇のようですね。
豊田の麺屋GOOさんにおじゃましました。2度目の訪問です。
今回は流行のガツ盛り二郎系がお目当てだったので、かなりお腹を空かせてきましたよ(笑)
並で240g・大だと360gのボリュームに一瞬たじろぎましたが、大の方をチョイスしました。

ほどなくして運ばれてきた一杯は、さすがのボリュームです!
スープは実に熱々ですね~!背脂も手伝って、温度はかなりの間持続してくれます。
その温度だけでも、旨さを感じるには十分な要素なのですが、
このスープがまた二郎系にしては、非常に重厚というか深みのあるスープなんですよね。
「三河初トリプルスープ」と謳う、豚・鶏・牛の動物系3種類を使うというこのスープで、
仕上げるこの二郎系には他店にはない、単なるボリュームだけではない「重なり」があります。
二郎らしく醤油カドは立たせてあるんですが、スープの力の方が完全に勝っている印象です。
二郎系のワイルドさはそのままに、かつ繊細で上品なオリジナリティの高い仕上がりですよ。

麺は、以前店主さんが勤められていたまるぎん二号さんと同じ業者の物を使用されています。
ツルっとした肌の麺は、口の中でプルっと躍り、噛めばモチっとした食感ですね。
大盛なら360gのアツアツな麺を啜る楽しさ、十分に堪能できると思います。
野菜はモヤシ・キャベツ共、シャキシャキな食感を味わえる軽めの茹で具合ですね。
キャベツの量もなかなかありましたよ。大振りなカットサイズは嬉しいですね。
さらにこの「豚」!かなり美味いです。厚み1cm強のバラ肉が2切れ入ります。
脂身と赤身のバランスが良くて、大きさほどの重たさを感じないチャーシューですね。
味付けもそれほど強くなく、豚本来の甘みを十分に感じられました。

気がつけばこれだけの量も、それほど無理なく完食できました。
スープを沢山味わってほしいという店主さんの希望から導入されたデカスプーンが、
禁断のスープをヤバイぐらいに飲んでしまい危険です(笑)
ランチタイムは味玉も丸1個入る太っ腹で、コスパは限りなく高いですね!
二郎ブームもあるし、逆に他のメニューが霞んでしまうんじゃないかという
余計な心配をしてしまうぐらいの、ハイクオリティの二郎インスパイアらーめんでした。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

189- 009-1
麺屋 GOO
愛知県豊田市渋谷町1-6-8 江尻サンプラザ1F
11:30~14:00 18:00~22:00
火曜,第2・第3月曜定休
TEL:0565-89-0155

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[麺屋GOO
山之手 虎玄(豊田市)2
189- 016-1

189- 018-1
汁無し担担麺 900円

先程3周年を迎えられた豊田の虎玄さんにおじゃましました。
「食べログベストレストラン2010」にも選ばれたそうですね。誰もが認める担々麺の名店です。
ここはいつも店に入るなり香りがいいんですよね。さすが担々麺・麻婆豆腐の専門店です。
さて今回は、時期的にも温まりそうな汁ありのほうに惹かれたんですが、
敢えて未食の汁無しのほうをいただいてみました。元々担々麺は本場では汁無しですしね。

汁無しとはいっても、レンゲですくえるぐらいの十分な量の担々ダレがあります。
そこにトッピングのナッツやミンチを麺に混ぜ合わせていただくわけですが、
実に店内POPの「切なく甘い」という表現が言い得て妙な、胡麻の甘味が口一杯に広がります。
さらに自家製ラー油&中国山椒の刺激が、甘みの中に弾けるように追い討ちで来るんですよね。

こんな濃厚&芳醇&刺激的なタレをしっかり受け止めてくれるのが、この極太麺です。
噂には聞いてましたが、このうどんのような極太麺が絡まない訳がありません。
強い食感も担々ダレに負けずに、より風味等をしっかり伝えてくれている気がします。
トッピングのミンチはほんのり甘い味付けで、当然ながら胡麻との相性は抜群ですね。
麺に衣をつけるように絡んでくるナッツの食感もいいですね。こちらも特有の甘みがあります。
茎青菜や白髪ネギも決して彩りだけではなく、それぞれが良いアクセント&箸休めです。

やっぱりこちらの担々麺は汁あり・汁無しに関わらず、三河じゃ代わりが利きませんね。
とにかく味が深いです。担々麺の奥深さをまじまじと実感する一杯だと思います。
あと、紙ナプキンや温かいおしぼり等のきめ細やかなサービスも嬉しいですよね。
女性客が多いのももちろん納得です。美味しかったです!ごちそうさまでした。

189- 020-1
山之手 虎玄
豊田市山之手5-90
11:30~13:30 18:00~23:00
木曜定休
TEL:0565-41-5669

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[山之手虎玄
麺屋 GOO(豊田市)
189- 012-1

189- 013-1
豚骨醤油らーめん 650円

豊田の話題の新店「麺屋GOO」さんにおじゃましました。
ジャスコ高橋店の近く、豊田スタジアムからも頑張れば歩いて来れる距離かな。
店主さんは「まるぎん商店」「まるぎん二号」で勤められていた方で、
それ以前にも東京での修行など経験が豊富な方だけに、期待は高まります。
店内は小じんまりとはしていますが、ウッディで落ち着いた雰囲気のお店ですね。
現在は醤油と塩の2種類のみの提供でしたので、筆頭の醤油のほうをいただきました。

「三河初トリプルスープ」と謳う、細かい背脂に包まれたスープを
レンゲ代わりの木のデカスプーンでいただけば、芳醇なしょうゆの香りが広がります。
タレは醤油カドこそはないですが、ハッキリした濃い目の味付けですね。
合わさる中細ストレート麺に、しっかりと味が乗るスープです。
動物系は豚骨に加えて、鶏の甘味のようなものを感じるどっしりとしたスープですが、
魚介もそれなりに効いていて、それほど重さを感じない仕上がりになっていました。

トッピングも修業先のDNAを随所に感じます。
芳ばしい香りを添える炙りチャーシューは、肉厚十分なものがデフォでも2枚のります。
しっかりした食感で、肉の旨味も強い美味しいチャーシューでした。
メンマも極太ながらも、適度な柔らかさと噛み応えを兼ね備えていて存在感は十分です。
ほんのり色づいた味玉も旨いですねぇ。それぞれのパーツがハイレベルなものばかりです。

今は2種類だけですが、担々麺・台湾・そして二郎系も準備中となれば
豊田市民だけじゃなくても、その期待は大きいですよね。
開店おめでとうございます。これからの展開に益々期待してます!ごちそうさまでした。

189- 009-1
麺屋 GOO
愛知県豊田市渋谷町1-6-8 江尻サンプラザ1F
11:30~14:00 18:00~22:00
火曜,第2・第3月曜定休
TEL:0565-89-0155

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[麺屋GOO
とんこつ名人 かつみ屋(豊田市)
160- 021-1

160- 022-1
とんこつらーめん 650円

豊田シリーズも今回でとりあえず一区切りになりそうです。
中京大学豊田キャンパス近くのかつみ屋さんにおじゃましました。とんこつ専門店です。
中京大に近いということで、アスリートからも人気があるようですね。色紙もいっぱいです。
メニューは大きくデフォの「とんこつ」「辛口」「とんこつ担々麺」の3種ですが、
今回はオーソドックスに普通の「とんこつらーめん」を麺「かた」でいただきました。

細かな背脂浮くトンコツスープは、非常にまったりとしたコクがあります。
でも臭みもなくて全然しつこくないですね。濃度もあって程よい乳化加減のスープです。
決して巷にあふれる「ライト豚骨」とは違いますね。スープに厚みがありますよ。
聞けば、隠し味的に鹿児島産の軍鶏を少し配合してるそうで、
これがどうやらスープに深みとまろやかさを与えてるみたいですね。
ちょっと久々にヒットのとんこつスープかも!美味しいです。

麺にもこだわってるようですね。自家製麺だそうですがキレの良い麺ですね。
麺の歯応えも良くて、「かた」でも十分「ばりかた」級の歯応えを味わうことが出来ました。
歯応えと言えばキクラゲも細長い麺のようなカットで、こちらもコリコリの食感です。
チャーシューは嬉しい大判サイズですね。箸でつまめばホロホロ崩れる柔らかさです。
ほんのり生姜の風味が効いていて、「旨い」チャーシューですね。
あと面白いのが海苔!ここの海苔は溶けます(^^)
この溶けた海苔がまた面白いアクセントになりますよ。是非急いで食べずに溶かしてみて下さい。

いつも「九州豚骨は裾野が広いので難しい」って思ってますが、
その難しさの中にも、こういったキラリと光る一杯にめぐり合うのも食べ歩きの醍醐味ですね。
正直今回は驚きました。もっと評価されていいお店だと思います。
唐辛子を練り込んだ赤玉麺は怖くて今回は頼まなかったんですが、
辛口とんこつやとんこつ担々麺も、評判がいいようなのでまたチャレンジしてみたいですね。
つけめんも気になるなぁ。近ければ通うところなんですけどね。
美味しかったです!また来ます。ごちそうさまでした。

160- 019-1
とんこつ名人 かつみ屋
豊田市貝津町鉄炮迫28-1
11:30~15:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0565-46-5599

Posted by くまお
comment:6   trackback:1
[豊田市
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。