結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺創 なな家(豊田市)5
137- 002-1

137- 006-2
オムらぁ ~なな家と洋食屋がコラボしたら~ 950円 (超らーめんナビ限定)

今日は豊田へ。キメ打ちでなな家さんにおじゃましました。
本音を言うと、一時食べようかどうか迷ってた一杯なんですけど(笑)
食べた方の話を聞いて、やっぱり食べとかないと後悔するかなと思いまして^^;
例の大人のお子様ライス「オムらぁ」をいただきに、駆け込みでやって参りました。

137- 008-1

スプーンとフォークまで添えられるこちらは、誰がどう見てもこれはオムライスですよね。
しかし、オムレツを割ってみると中にはケチャップライスではなくて、
フレッシュトマトのソースに和えられた刻み麺が、米粒のようにビッシリと入っています。
麺はプリプリとした食感の太麺で、パスタでも焼きそばでもない正真正銘“ラーメン”の麺です。

これが鶏白湯スープをベースにしたというデミグラスソースに合わさると、
不思議なことにこれが十分にラーメンテイストを感じるんですよ。
デミソースにトマトという洋食の王道の組み合わせで、もちろん「洋」の味もしますが
トマトなのに…デミグラスなのに…麺とスープ(ソース)のハーモニーが
「ラ感」たっぷりで驚きました。見た目に続いてダブルでのサプライズですね。
さらにこの中央にかかる白いソースは、マスカルポーネチーズをベースに
レモンの風味を加えたという少し酸味のあるソースで、
これがまたトマト麺&鶏白湯デミグラスに合うんですよね!爽やかな酸味がプラスされますよ。

トッピングもまた遊び心いっぱいです!ハンバーグに海老フライ・フライドポテトまで^^
妥協を許さない手作り感のある定番洋食セットに、大人だって嬉しくなりますよね。
大人と言えば、付け合せの酢漬け野菜は大人の味かな。鋭い酸味が口直しにいいですね。
トマト麺、マスカルポーネソース、付け合せ野菜と、
3種類の酸味のコントラストが楽しめるのも密かな面白さですね。

もし食べるのを躊躇している方がまだいらっしゃったら、絶対食べといたほうがいいですよ!
創作ラーメン中の創作ラーメンは、「変り種」の範疇もはるかに越えて
文字通り今まで味わったことの無い、感動すら覚える楽しい“らぁめん”でした。
躊躇していた自分が少し恥ずかしいですね・・・^^;
恐れ入りました。美味しかったです!ごちそうさまでした。

128- 001-1
麺創 なな家
豊田市松ケ枝町2-21-1
11:30~14:30 17:30~23:00
月曜定休
TEL:0565-42-2567
公式ブログ『「なな家」の心の中』
※「オムらぁ ~なな家と洋食屋がコラボしたら~」は6/25までの「超らーめんナビ」限定メニューです。

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[なな家
麺創 なな家(豊田市)4
128- 004-1

128- 006-1
超特別ならーめん 800円(5/18のみ約130食限定)

豊田のなな家さんへ、1日限りの1周年記念メニューをいただいて参りました。
その名も「超特別ならーめん」は、本当に本当に「超特別ならーめん」でした。
あまり多くを語るのもおこがましいですので、控えさせていただきますが、
まさになな家さんの「神髄」を体感しました。
幾重にも重なった旨味は深く…どこまでも深く、そして淡く…儚い。。。
130人の方と感動を分かち合えたことを嬉しく思います。
素晴らしい一杯をありがとうございました。

1周年おめでとうございます!ごちそうさまでした!!

128- 001-1 128- 003-1
麺創 なな家
豊田市松ケ枝町2-21-1
11:30~14:30 17:30~23:00
月曜定休
TEL:0565-42-2567
公式ブログ『「なな家」の心の中』

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[なな家
麺創 なな家(豊田市)3

玉子と柚子の爽快!辛麺(茶碗蒸し仕立) 900円

ちょうど「PS」の放映が重なってしまい、伺うのを躊躇してたんですが
そろそろいいかな…と思い行ってまいりました。豊田のなな家さんです。
ラーメン王石神氏をはじめ、フリークの皆さんが口を揃えて絶賛されたメニュー
「玉子と柚子の爽快!辛麺(茶碗蒸し仕立)」をいただきました。
石神氏いわく、今年の流行するのでは?という新ジャンル「サワー系ラーメン」です。
玉子を溶く泡立て器のチャチャチャという音がまた心地よく、
どんなラーメンなんだろうと、感じたことのないワクワク感を抱きながらいただきました。

まるで世界地図?…^^;香味油の陸と、溶き玉子スープの海のコントラストが何とも綺麗です。
この香味油の正体は、自家製ラー油に柚子の風味酸味が見事に付いた「ゆずラー油」です。
レモンと共にしっかりした柑橘系の爽やかな酸味が、程よい辛さと共に口中に広がります。
その酸味と辛味を優しく包んでくれるのが、スープに溶かれた溶き玉子です。
俗にある卵とじラーメンよりも全然キメが細かくて、飲み口がフワッとしています。優しいです。

具材は「茶碗蒸し仕立」の名の通り、見事に茶碗蒸しのラインナップですね。
元和食職人さんだけあって、この各具材の仕事ぶりはホントにため息が出るぐらいです。
プリップリの海老・香ばしくも柔らかい鶏肉・ジューシーな肉厚しいたけ・フワッとしたつくね…
本当にすべてが素晴らしかったです。
一方の麺はスープの存在に比べて存在感が薄かったんですが、
スープの存在がとにかく際立っているので、麺は脇役でもいいのかな…。

斬新!新鮮!まさに新感覚のラーメンをいただきました。
しいて言えば、個人的にもう少し酸味を抑えてくれたほうがより好みなんですが、
まぁグレープフルーツに砂糖をかける人間ですので、そこは聞き流してください(笑)
美味しかったです!ごちそうさまでした。

PICT0028-80.jpg
麺創 なな家
豊田市松ケ枝町2-21-1
11:30~14:30 17:30~23:00
月曜定休
TEL:0565-42-2567

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[なな家
麺創 なな家(豊田市)2
PICT0002-80.jpg
カキ焼味噌の汁そば 880円(限定)

採算割れ必死という噂の限定メニュー「カキ焼味噌の汁そば」を目当てに
久しぶりに豊田のなな家さんへおじゃましました。
まもなく終了とのことですので、気になられた方はお早めに・・・。

なな家さんの印象といえば、なんと言っても前回の「山六そば」の和出汁です。
心温まる香りと旨味は、今年食べた淡麗系らーめんの中でも秀逸の出来でした。
今回のは、動物だし(鶏オンリーかな?)とのW淡麗スープがベースになってます。

まず素のスープからいただくと、和出汁のみの「山六」ほどではないにしろ
上品な節系の香り・・・いいですね。
その上に和出汁と動物だしの旨味が舌に乗っかるようなイメージでしょうか。
そして、味噌を溶かしてみると、味わいがガラッと変わって強い赤味噌味に。
焼かれた味噌の香ばしさがスープに乗っかって、
さながら「焦がし赤味噌らーめん」といった様相に様変わりしました。

味噌と一緒に焼かれた牡蠣はそこそこの大きさのものが3個入ってました。
牡蠣自体は火の通り具合もちょうど良く、プリプリとした食感が楽しめました。
味噌が入ったことで、素スープの繊細さが失われ気味にはなるんですが
あおさや小海老が入ることで、魚介系の風味がうまく補われてるのはさすがですね。
ここのらーめんはチャーシューや玉子、麺さえも脇役になってしまいますが(笑)
チャーシューはしっとり柔らかく、玉子もさりげなく職人技が光ります。
白髪ネギのシャキシャキ感、上に降られた七味の辛味も良いアクセントです。

結果的には十分美味しかったですが、赤味噌という強い食材がどうしても
なな家さんの生命線である繊細さを包み込んでしまうのが、なんとも惜しいですよね。
繊細といえば、新作の限定メニューがこれまた面白そうですね。
山六だし」使用のなんと!「寿がきや」インスパイアだそうです。
今日は初志貫徹でしたが、なな家さんのスガキヤ・・・またこれは食べに来なくては!
また来ます!美味しかったです。ごちそうさまでした。

PICT0028-80.jpg
麺創 なな家
豊田市松ケ枝町2-21-1
11:30~14:30 17:30~23:00
月曜定休・他週末に不定休あります


Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[なな家
麺創 なな家(豊田市)

山六そば 700円

PICT0027-41.jpg PICT0028-41.jpg

今日は、今年の春オープンしたばかりの新店ですが
最近ブロガーさんの間に話題上昇中のなな家さんへ行きました。
豊田の市街地からトヨタ自動車の本社へ続く賑やかな通りを
一本入った場所にありまして、ジャスコ豊田店のちょうど裏になります。
薀蓄たっぷりのお店側の自信メニューらしい「山六そば」をいただきました。

地元豊田で70年ほど続く魚節専門店「山六花かつを店」の魚節を
ふんだんに使った動物系スープを使わない魚介だしのみのラーメンです。

まずもちろん、魚節の香りがすごくいいです!
飲んでみても出汁の旨味がギュっと詰まっていて、旨味自体はとっても濃いです。
ゴクッと飲み込めば、風味がふっと鼻に抜けるなんとも言えぬ心地良さが気持ちいいですね。
油も控えめ、醤油ダレもごく控えめなんですが、
とにかく節を前面に出ていて、それが全体のコクにつながっています。

合わせる麺は中細のちぢれ麺で、スープとの相性もいいですね。
スープの存在が大きすぎて、ラーメンなのに麺が脇役になっています。

そして面白いのが具の中身で、ラーメンではあまり見ないラインナップです。
チャーシューの代わりにプリプリの蒸し海老が2匹のりますが
魚介のスープに合わない訳がなく、なんとも贅沢な気分にしてくれます。
仕込みに職人の技が見えますね。

さらに湯葉なんてラーメン屋で見たことないですよ。
聞けば和食の修行をされていたとのこと。納得です!
花かつおはこのスープにさらに勢いと風味をプラスしてくれるし
かわいくちょこんと乗った1匹のにぼしも軽い苦味がいいアクセントです。

実に薀蓄の通り、お店の意気込みを強く感じる和テイストたっぷりの
今までこの地区にはなかったタイプの淡麗系ラーメンでした。
豊田は街の規模の割には、これといってオススメできるお店が少なかったんですが
これは期待の新店誕生!と言ってもいいでしょう。
美味しかったです!また来ます。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←応援よろしくお願いします。
Posted by くまお
comment:10   trackback:0
[なな家
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。