結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
らーめん工房 鹿児島(みよし市)

鶏そば塩 780円

みよし市は晴天さんから続いて、長い間宿題となってたお店のひとつでもあるこちらへ。
「らーめん工房」さんへおじゃましました。初紹介です。
掲示されていた売り上げランキングの中から、1位の「鶏そば塩」をいただきました。

この「鶏そば塩」というネーミングから、いかにも淡麗系のあっさりラーメンを連想しますが
出てきた一杯は、白濁スープのいわゆる「鶏白湯」スープのらーめんでした。
一口いただくと、程よい鶏の甘みを感じるまったりだけど優しいスープですね。
カツオ中心の魚介の風味もあり、言わずもがなスガキヤテイストの組み立てなんですが
鶏出汁のほうに適度なコクがあって、安っぽさはそれほど感じない仕上がりです。

麺は中細の軽い縮れ麺ですね。食感は意外と強く、存在感のある麺でした。
肉類はチャーシューと呼ぶべきか迷いますが、ごく薄味の鶏肉がトッピングで付きます。
もちろんスープと元が同じなので相性的にも悪くはないんですが、
もう少し味にアクセントがあってもいいかなぁという気もします。
あとは味玉はハイレベルで美味しいですね。小口のネギは辛味が少し強かったかな。

もう少しパンチなりキレなり、凹凸がほしいかなという気もしますが、
それなりに満足いく一杯でした。また他のメニューも機会があれば試してみたい…かな。
しかしここは、なんか不思議な雰囲気のあるお店ですね。
厨房がやたら広いので、店員さんとの距離が近いようで遠い感じがあるせいかも…。
まぁでもキャパも広いし、テーブル席もあって使い勝手の良さは嬉しいですね。
限定メニューに想像力が膨らんだらまた伺います。ごちそうさまでした。

PICT0002-99.jpg
らーめん工房 鹿児島
みよし市(旧西加茂郡三好町)三好字夕田18-8
11:00~14:00 17:00~22:30(LO22:15)
(土日祝~15:00)
月曜定休
TEL:0561-32-8600

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[みよし市
麺の坊 晴天(みよし市)3

らーめん 700円

本日の(2/28)中京テレビ「PS」で、こちらのらーめんが紹介されるという情報を
小耳に挟んだので、放映の数時間前に駆け込みで晴天さんにおじゃましました。
汁ありの「らーめん」は「つけめん」から派生したメニューというイメージがあったので
その辺のバランスがどうなのかな?という興味もあっての訪問です。

「PS」でも紹介がありましたが、「ドロ系」ラーメンという言葉が今ラーメン界では
囁かれはじめてるそうでして、この晴天さんの「らーめん」も文字通りドロドロのらーめんです。
そのドロドロ加減を支えているのが、もうひとつのキーワード「ベジポタ」です。
ベジポタとはベジタブルポタージュの略で、野菜を溶かし込んでトロミを作るという技法で
昨年当たりから首都圏を中心に流行しだした、濃厚だけど優しい新感覚のラーメンなんです。

こちらの晴天さんでは、ジャガイモ・タマネギ・ニンニク・ネギ・白菜などを
何段階に分けて豚骨魚介のダブルスープに溶かし込んでいくことで、
より奥行きのある野菜の甘味が、すごく引き出されてますね。
多少のジャガイモから来るザラツキはあるんですが、
それも食感のひとつとして成立していて、これが面白い感じなんです。
煮込んだシチューのように、ジャガイモ等が溶け込んだマイルドさ…とも似てるかな。
このベジポタが豚骨特有の臭みやくどさを抑えてくれて、スッキリした後味を演出してくれてます。

合わせる麺は平打ちの太縮れ麺なんですが、さながら縮れたきしめんのような面白い麺ですね。
この麺がスープをよく持ち上げてくれるんですよ。このスープにとってのこの麺ありきです。
トッピングのチャーシューはノーマルでも炙ったものが2枚付きます。嬉しいですね。
このチャーシュー、炙りの香ばしさと共に生姜がすごい効いてて美味しいですよ。
穂先メンマも柔らかくてシャクシャクで、印象の強いものの中でも存在感を出してました。

大府の「晴レル屋」さん、刈谷の「晴れやか」さん、そしてここ「晴天」さん。
どうしても「晴レル屋」グループ=「つけ麺」メインのイメージが今まで定着してましたが
スープを堪能するなら、当たり前ながら汁ありのらーめんのほうが
思う存分堪能できるという、単純なことに気付かされました(笑)。
屋号は「つけめん・らーめん」の順ですが、「らーめん・つけめん」になる日も来るかも^^;
ベジポタの可能性とクオリティの高さを、つけ麺同等…いやそれ以上にひしひしと感じました。
かなり美味しかったです!ごちそうさまでした。


PICT0020-63.jpg
麺の坊 晴天
みよし市三好字原前11-2
11:30~14:00 18:00~22:00(スープ切れ終了)
月曜定休(祝日は営業・翌日休み)
※3/1(月)は臨時営業されるそうです
TEL:0561-34-2543

Posted by くまお
comment:2   trackback:2
[晴天
麺の坊 晴天(三好町)(2)

つけ麺 750円(大盛+100円)

PICT0032-66.jpg PICT0035-66.jpg

オープン直後におじゃまして以来2回目の訪問です。
行列覚悟でうかがったんですが、思いのほか空いてました。
初回は興味本位で「塩つけ麺」をいただきましたが、
やっぱり筆頭メニュー、このお店の屋台骨となる味「つけ麺」は外せません。
今回はトッピングノーマル、麺大盛でいただきました。

麺がほんの一足先に提供されたんですが、「麺が薫る」というのは
まさにこの晴天さんの麺のことを言うんでしょうね。
麺だけで存在感を示す麺には、なかなかお目にかかれませんよ。
硬いと言えば硬いんですけど、このツルツルとした麺肌とモチッとした歯応え。
2回目に素で食べてあらためてこの麺の美味しさを感じました。

さて、「つけ麺」のつけ汁ですがやっぱりこれが晴レル屋さんテイストですよ!
まさにライト・晴レル屋さんという感じです。
しっかり酸味と七味の辛味が効いていて、動物系と魚介がギュッと凝縮されてます。
それでいて、油は多いけど口当たりの軽さ、口に余韻として残るデンプン質の甘さが
晴天さんのオリジナル部分として主張されてるんです。
そのあたりの完成度の高さ…さすがですよね。

ころころチャーシューも、脂身の甘さと身の食べ応えが美味しいですね。
穂先メンマも勿論美味しいんですけど、麺に絡まってちょっと食べにくいかな。
ビジュアル的にも麺の上のほうがいいような気がするんですが…。
まぁそんなことも些細なことに感じる美味しさですね。

シメのスープ割りはセルフなんですが、前回あった「お魚スープ」に加えて
「こってりスープ」というものもありました。
今回も無難に「お魚スープ」で美味しくいただきましたが
「こってりスープ」も今度は試してみたいですね。

「塩つけ麺」「つけ麺」と来て、あとは「赤つけ」ですか。
ラーメンも始まり、ますます目が離せませんね。
もちろんまた来ます!美味しかったです!ごちそうさまでした。

PICT0020-63.jpg
麺の坊 晴天
西加茂郡三好町三好原前11-2
11:30~14:00 18:00~22:00(スープ切れ終了)
月曜定休(祝日は営業・翌日休み)

麺の坊 晴天(1)「塩つけ麺・全部のせ(大盛)」
Posted by くまお
comment:4   trackback:1
[晴天
麺の坊 晴天(三好町)

塩つけ麺・全部入り 1,150円(大盛+100円)

PICT0023-63.jpg PICT0024-63.jpg

まさに晴れてオープンとなりました、「晴レル屋」さんのサードブランド
「晴天」さんへ早速おじゃまして参りました。
お店の中・外と名古屋地区の有名ラーメン店のお祝いの花がズラリ!
話題性の高さがうかがえます。

さすが、平日昼にもかかわらずオープン時には20人以上の行列です。
現在提供されてるのは、醤油・塩・辛味噌仕立の3種類のつけ麺のみです。
どれにしようか迷いましたが、既存店にはない「塩つけ麺」をいただきました。
ご祝儀相場で(笑)、久々に大盛・全部のせのフルスペックです。

事前の情報でキーワードは「野菜」と聞いていたこのつけ汁ですが、
なるほど!野菜の甘味が際立ってますね!
じゃがいもを使ってるとのことで、そのデンプン質の甘味でしょうか。
味のベースは、完全に晴レル屋さんが確立されたまさに「晴レル屋」テイストですが
野菜の甘味が加わった洗練された完成度の高さに仕上がってました。
意識的に豚骨濃度を抑えていると聞きましたが、
いやいやどうして!しっかり豚骨の旨味出てますよ!美味しいです!

塩つけ麺ということもあって、塩分濃度はやや強めですが
カドが丸いので、麺を包み込むまろやかさがあります。
アミエビが入るあたり、一輝さんの「汐彩味」も連想させますが
磯の風味を前面に出す一輝さんに対し、あくまで豚骨と野菜の旨味・丸みを
中心に構成されるこのつけ汁とは、まったく味の趣が異なりますね。

麺の仕様は、これまた既存店とは異なりギュっと密度の詰まった印象の麺です。
カッチカチの強靭なコシと喉越しが楽しめます。

全部のせは、さすがに食べ応え十分ですが、ノーマルでも十分だと思いますよ。
チャーシューもサイコロ状のものが、つけ汁にたくさん入ります。
「晴れやか」さんでも採用されている穂先メンマはやっぱりオススメですね。
何かトッピングするならやっぱりメンマをオススメします。

ちなみに平日ランチタイムは、ライス食べ放題(セルフです)。
ポットに魚介スープがセッティングされてますので、
雑炊・スープ割りともセルフでお好みの濃さや量で作れます。

さすがとしか言いようのない完成度の高いつけ麺をいただきました。
ノーマルの醤油味と辛味噌の「赤つけ」もまた食べに来ようと思います。
開店おめでとうございます!益々のご発展をお祈りします。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

PICT0020-63.jpg
麺の坊 晴天
西加茂郡三好町三好原前11-2
11:30~14:00 18:00~22:00(スープ切れ終了)
月曜定休(祝日は営業・翌日休み)

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←応援よろしくお願いします。
Posted by くまお
comment:6   trackback:0
[晴天
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。