結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
博多ラーメン 鶴亀堂 大府店 5
253- 014-1

253- 018-1
肉抜き 490円

近くを通ったので何となく寄ってみました。1年は開いてるかな。久々の鶴亀堂さんですね。
ピリカラ四川ラーメンなど未食メニューもあるんですが、
何かここの店に限ってはこの「肉抜き」が魅力的なんですよね。今回もそれでいただきました。

まぁ今更語ることもそれ程ないんですが、相変わらず臭みのない乳化したスープですね。
頭骨の割合が多いそうで、脳髄まで溶け込んだ骨の甘味を感じる濃厚スープです。濃いです!
口に含めば唇にべったりとまとわりつくような、ライト豚骨では味わえない質感がありますね。
ただ濃いと言っても、今風のドロ系のような強い粘度ではないので、
極細麺に絡み過ぎずもしっかりと旨味を吸い上げてくれる、計算された濃度のスープですね。

「アンバランスなバランスを考えた」というPOPの博多直送の麺は、
“ばり”で頼めば、濃厚スープに負けないだけのクキクキとした食感が楽しめます。
いくら肉抜きの素ラーメンといっても、これだけの濃いスープなのでネギは嬉しいですね。
チャーシューも玉子もいらないから、ネギだけは増量したいなと思いましたね(笑)

麺・スープ・ネギのみで490円!シンプルイズベスト!これで十分です。
乱暴な言い方かもしれませんが、これだけ豚の旨味が詰まっていれば、
スープ飲んでるだけで、肉を食べてるのと同じようなもんかも(^^;)
多店舗展開している豚骨ラーメンは多いですけど、ちょっと格が違うかなという印象ですね。
「あんまり濃いのは…」と思ってても、ここのなら濃いなりに食べれちゃうんじゃないですか。
それぐらい濃厚な割に、癖の無い濃厚豚骨ラーメンだと思います。
鶴亀堂好きな方に聞くと、「日進の本店がイイ」とか「神の倉がイイ」とかよく聞くので、
まぁ大府でも十分なんですけど、機会があればどう違うのか自分の舌で確かめてみたいですね。
春日井店もオープンしましたし、さらに増えるのか今後の展開にも注目してます。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

253- 012-1
博多ラーメン 鶴亀堂 大府店
愛知県大府市長草町五ツ屋東130-1
11:30~15:00 18:00~24:00 (L.O各15分前)
無休
TEL:0562-46-9617

【イベント情報】
鶴亀堂さん恒例の「大食い選手権」明日12/15(木) 18:00~ 各店舗にて開催予定です。

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[鶴亀堂(大府)
博多ラーメン 鶴亀堂 大府店 4
124- 002-1
博多とんこつ 600円

過去ログを見ると、大体1シーズンに1回ぐらいのペースでうかがってますね。
来るのはいつも夜遅めです。個人店が閉まってる時間に利用できる重宝さがあります。

いただいたのは「博多とんこつ」というベーシックメニューなんですが・・・。
よくよく考えたら、このチョイスは「全部のせ(680円)」と「肉なし(490円)」の
中間メニューで、お得感の少ない中途半端なチョイスでしたね。
具材は、チャーシュー・のり・ネギのみなんですが
全部のせなら、そこに味玉半分・キクラゲ・メンマがのりますもんね。
80円の差額なら断然そっちかな。それかいっそワンコインの肉なしですね。少し反省・・・。

今回のスープも、相変わらず口にべったりとまとわりつく濃度の高いスープなんですが、
何故か今回はやたらタレが濃かったですねぇ。こんなにタレ辛かったっけ?ってぐらい。
水をがぶ飲みしても、そうそう飲めるスープでなかったのが残念でした。

麺は今回も「ばり」でいただいたんですが、こちらも変わらずのポキポキ感ですね。
「ばり」だと相当麺の断面に粉っぽさを感じると思うので、
もちろん好みですが、自分の好みとしてもここなら「かた」ぐらいでいいのかもしれないです。

今回はタレの濃さが全てですね。むしろ間違えたということを願いたいです。
じゃないと次の足が遠のきそうで…。ごちそうさまでした。

124- 001-1
博多ラーメン 鶴亀堂 大府店
大府市長草町五ツ屋東130-1
11:30~15:00 18:00~24:00(LO各15分前)
無定休 TEL:0562-46-9617

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[鶴亀堂(大府)
博多ラーメン 鶴亀堂 大府店3

肉抜き 490円

実は別に食事をした後だったんですが、小腹が空いたので閉店間際の鶴亀堂さんへ。
はっきり言って、シメに食べるようなラーメンじゃないですけど(笑)
確か「肉抜き」ってのがあったなぁと思い来てしまいました。

今回は、そんなに提供時間が「早っ」てことはなかったかな…。
しかし、相変わらず乳化したクリーミーなスープですね。
これだけミドルクラス以上の濃度が出てるスープなのに、
豚骨の臭みがそれほど気にならないスープは、他所探してもなかなか無いです。
この口にまとわり付く感じが、なんとも濃厚豚骨を食べた感があって好きですね。
豚の旨味が本当に凝縮されたスープで、タレが出しゃばってなくて
「スープの旨味でラーメンを食べてる」という実感の湧く豚骨ラーメンです。
このスープだったら肉無しという選択も、十分アリのような気がします。
「ばり」で頼んだ、本場博多から直送との極細ストレート麺は、
独特のポキポキとした食感と小麦の風味も味わえますし、トンコツの王道ですね。

今回安々メニューということもあって、卓上のトッピングで色々遊んでみました。
「すりごま」でもっとまったりした感じにしても良し、
「辛子高菜」でピリ辛風味にしても良し、
「ニンニク」入れてガツンと食べても良し、とバリエーションは豊富です。

490円・ワンコインでお釣りが来るという、ニクイ価格設定ですよね。
この値段なら何の文句もございません。
スープと麺と海苔とネギだけでも、案外満足できるものです。
たまにはこういう一杯も面白いですね。
やっぱりここの豚骨は好きです。美味しかったです。ごちそうさまでした。

PICT0008-50.jpg
博多ラーメン 鶴亀堂 大府店
大府市長草町五ツ屋東130-1
11:30~15:00 18:00~24:00(LO各15分前)
無定休 TEL:0562-46-9617
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[鶴亀堂(大府)
博多ラーメン 鶴亀堂(2)大府店

とんこつ味噌全部のせ 730円(替玉+120円)

PICT0005-50.jpg PICT0008-50.jpg

4月以来久しぶりの鶴亀堂さんへおじゃましました。
この辺りのチェーン展開している豚骨ラーメン店では定評があるお店です。
今回は一ひねりして味噌ベースの「とんこつ味噌」を注文です。

麺を超固めの「ばり」でオーダーしたのもあって
相変わらず出てくるのが超早い!(笑)1分ちょっとかな。
スープ温度がやけど注意!なほど熱いのもいいですね。

ベーススープは看板どおり骨の髄まで溶け込んだような「超濃厚」とんこつ。
このベースのスープは濃厚クリーミーで、豚骨好きなら気に入るとは思いますが
ちょっと重めのスープなので、あっさり味志向なら不向きかも・・・。
やっぱり好き嫌いわかれるスープかな。ちなみに私は好きです。

で、少し気になったのはこのスープと味噌との相性。
とんこつと合わせるココの味噌ダレは、地元特産の八丁味噌をベースとしたもので、
一般的な味噌ラーメンの味とはまったく違った仕上がりとなってます。

つまり濃厚なスープに負けないだけの、八丁味噌の風味が出ているんですが
その八丁味噌独特の渋みや酸味が、ちょっと浮いてるような印象を受けました。
逆に言えば、名古屋人向けにアレンジされてるとも言えるので
根っからの赤味噌大好き名古屋人なら、気に入る味かもしれませんね。

くまおはネイティブ名古屋人ではないので、
味噌ラーメンだったら、この前の麺四朗さんのような
味噌自体に甘みを感じられるほうが好きです。

あくまで好みですのでご参考程度にお願いしますね。
ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←応援よろしくお願いします。

博多ラーメン 鶴亀堂(1)「とんこつラーメン全部のせ」
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[鶴亀堂(大府)
博多ラーメン 鶴亀堂 大府店(大府市)

とんこつラーメン全部のせ 680円 (+替玉120円)

PICT0006-2.jpg PICT0007-2.jpg

先日の知立の百才笑に続いて、とんこつラーメンのお店へ。
鶴亀堂は愛知県内に4店舗チェーン展開しているお店で
そのうち1番新しい大府店に今日はお邪魔しました。
遅い時間まで開いているのは、ありがたいところです。
看板メニューの全部のせ・麺「ばり」でいただきました。

出てくるのが早っ!
食券を渡して、1分も経ってないんじゃないかというタイミングで
アツアツの一杯が運ばれてきました。

表の看板に「超濃厚とんこつ」と書いてあるように
豚の骨のすべての部位を10数時間煮込むというスープは
かなり濃厚でクリーミー。
豚の臭みが多少残ってるのも本場を意識した造りでしょうか。

「ばり」で頼んだ麺はとんこつならではの極細コキコキ麺。
バラ肉チャーシューは箸でつかめないほどトロトロで
脂が好きならたまらないチャーシューでした。

卓上にはゴマや辛子高菜など毎度おなじみトッピングのほか
替玉用のタレがあるので好みの濃さに調節できます。
スープが濃いんで2杯目は味を変えたほうが食べやすいですね。

印象的には若者向け・男子向けのラーメンですかね。
「トンコツ」をかなり感じられる安定感のあるらーめんでした。
なかなか美味しかったです。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ応援よろしくお願いします。
Posted by くまお
comment:6   trackback:0
[鶴亀堂(大府)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。