結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 さくら(半田市)22
342- 009-1

342- 011-1
担担麺 1玉 880円(期間限定)

ここへ来ると帰ってきたなぁという実感があります。半田のさくらさんにおじゃましました。
今月中旬より始まって気になっていていた、限定メニュー2種をまとめて大人食いです。
まずご紹介したいのはこちら!担担麺ですね。本格的な汁なしタイプの担担麺になります。
中華麺の王道でありながら、最近まで同じ麻辣系の「八丁味噌まぜそば」があった為、
陽の目を見ることがなかった、切り札的な新作がここへ来ての登場ですね。
「麻」「辣」それぞれ調整が可能でしたが、そのままのレシピでいただきました。

もういきなり香りからして圧倒されました。期待を抱かしてくれる山椒の香りは2種のブレンドで、
一般的な華やかな香りの赤山椒「花椒」に、「藤椒」と呼ばれる青山椒の爽やかな香りが加わり、
何ともすごく良い香りです。誘われて箸を付ければ、今度は立ち昇る甘い香りと辣油の風味が。
口に入れれば、粗挽きの花椒藤椒の痺れる「麻」の辛みがまずビリっと刺激的に弾け、
そして自家製辣油の香り高き「辣」の辛味、芝麻醤の甘み、黒酢の一種「鎮江香酢」の深み諸々が、
渾然一体となって麺に絡みつき、口の中でハーモニーを奏でるようなって言ったらいいんですかね。
さらに干し椎茸、筍、搾菜の入った甘めの肉味噌が混ざって、グッとソースに深みが増しました。

麺は勝手に平打ち麺を想像していたんですが、いわゆる高加水の中太麺ですね。
ソースが濃厚なので、絡み過ぎないこの太さが、食べれば納得のベストチョイスだと思います。
モチモチ食感を重視した麺は、このようなペースト状のソースとの相性はバッチリです。
あとさりげなく効いているのは、九条ネギと並んでの青み豆苗ですね。
軽く茹でられていて甘みが増していて、食感と共に非常に良い箸休め的アクセントでした。

率直にスゴイなぁって思います。少なくともラーメン屋の担担麺じゃないですよ。
敷居の高い四川料理の店で、お金を出せばこんなのが出てくるのかなという印象はありますが、
「こんな本格的な担々麺作っちゃうんですか!」って素直に驚きです。
「八丁味噌まぜそば」が終了してまぜそばが無かったので、その代わりにって軽い感じで
おっしゃってましたが、いやいやいや…これだけで専門店ひとつ構えられる出来栄えですよ。
僕が今まで食べた汁なし担々麺の中でも、県内トップレベルだと思います。圧倒されました。
どうやらレギュラー昇格決定のようですので、担々麺好きな方は是非どうぞ!オススメです。


342- 003-1
鴨南蛮つけそば 1玉 980円(冬期限定)

実は、担担麺の前にいただいてました。今年で3年目、さくらさんの冬の風物詩となりました。
今年の鴨南蛮も美味しかったですね。鴨の旨味が口一杯に広がり、何とも言われぬ幸福感に包まれました。
細かい感想は前年度前々年度の記事をご覧下さい。
ひとつプチ情報を付け加えると、名脇役の柚子ですが大将の家の庭の柚子、もちろん無農薬です。

2杯合わせて…美味しかったです!ごちそうさまでした。

342- 001-1

麺屋 さくら
愛知県半田市出口町1-45-16
11:30~14:00 18:00~21:00
火曜・第1.第3.第5水曜休み
TEL:0569-23-4741

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:3   trackback:0
[さくら
麺屋 さくら(半田市)21
334- 015-1

334- 005-3
春野菜のミネストローネのスープヌードル 1.5玉 980円(3月限定)

すっかり春めいて来ましたね。春らしい一杯をいただきに半田のさくらさんにおじゃましました。
その名も今月3月の限定「春野菜のミネストローネのスープヌードル」です。
まさに春野菜たっぷりの季節感あふれる一杯ですね。麺1.5玉でしっかりといただきました。

薄桃色の低温チャーシューとたっぷりのお野菜、さくらさんらしい華やかなビジュアルです。
エクストラバージンオイルでじっくりと蒸し炒めにして、甘みと旨味を引き出したというスープは、
驚くほどに自然な野菜の甘みにあふれています。ベースは昆布と鰹節の和だしオンリーで、
動物系は具材のベーコンから出るエキスぐらいしか含まれてないそうですが、
何でこんなに深みがあるんでしょうね。このスープは自分の中では未体験ゾーンです。
エクストラバージンオイルを使っていても、それでいてイタリアン然としていないですし、
油も含め動物系がベーコンのみなのに、ラーメンスープとして違和感が無いのも不思議です。

ベーコンが少しあれば、昆布鰹と野菜とオリーブオイルでこんな完成度の高い、
ラーメンスープが出来るなんて!またラーメンの概念を覆されてしまいました(^^;;
これはさくらさんじゃなきゃ作れないスープですよ!やっぱり凄いです!

合わせる麺は細麺の予想に反して中太麺でした。食べて納得!柔らかめの中太麺が合います。
スープが麺に絡むという表現より、馴染むという表現がしっくりきますね。
スープに馴染ませながら、ゆっくり食べてもいい麺です。

今回の低温調理チャーシューは、ほんのりローリエで香り付けがしてあります。
そのまま食べても勿論香りますし、スープに移る香りの面でもワンポイントの効果がありますね。
具材の春野菜はそれぞれ素材の甘みが本当に強いです。その中に菜の花の風味とエンドウの青みが、まさに大人のラーメン屋さんらしい渋いアクセントでした。

ラーメンという食べ物は、季節感を感じにくい食べ物だと思うんですが、
ここさくらさんは、春夏秋冬の季節感を大事にされてる数少ないラーメン屋さんです。
次はどんな旬の食材で、楽しませていただけるのかまた楽しみにしたいと思います。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

315- 001-1
麺屋 さくら
愛知県半田市出口町1-45-16
11:30~14:00 18:00~21:00
火曜・第1.第3.第5水曜休み
TEL:0569-23-4741

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[さくら
麺屋 さくら(半田市)20
331- 033-1

331- 038-1
鴨南蛮つけそば1玉 980円 (冬期限定)

冬の限定麺「鴨南蛮つけそば」が、2月いっぱい迄で終了なので、
終わる前にと、半田のさくらさんまでいただいて来ました。

詳しい感想につきましては、昨年の記事を参考にしていただいて、
今回は簡潔に「鴨」推しの要点を3つほど述べさせていただきます。

まず鴨南蛮ならそば屋で食べればいいんじゃない?と素朴な疑問があるかと思います。
この疑問に答えてくれるのが、さくらさん自慢の自家製麺ですね。
中華麺ながらも、蕎麦で香りを楽しむように小麦の香りを楽しめる麺です。
さらに蕎麦には無い要素として、プチっと弾力を持って切れる食感がまた食べてて楽しいです。

次には、良質な素材をお値打ちな価格で提供して下さるという点です。
フランス産鴨の原価は想像つきませんが、採算度外視であることは容易に想像がつきます。

そして、その素材のいちばん美味しい食べ方を、大将が完璧に御存知だという点に尽きます。
大将の西洋料理でのキャリアが、この鴨のソテーに120%活かされています。
ミディアムレアに焼かれた鴨から溢れる肉汁の旨味は、何とも表現し難い美味しさです。
苦手でなければ、是非召し上がっていただきたい極上の逸品ですね。

331- 042-1
雑炊 +150円

この旨味の溶け込んだスープを残すのはもったいないですよ。
是非雑炊でこの旨味を残さず飲み干していただきたいですね。幸せな余韻に包まれるはずです。

引き出しの多いさくらの大将には様々な顔があるんですが、
この「和」のど真ん中を行くテイストも、さくらさんの代表的顔のひとつです。
今年は2/28までの提供ですので、まだの方はお早めに是非どうぞ。自信を持ってオススメします。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

315- 001-1
麺屋 さくら
愛知県半田市出口町1-45-16
11:30~14:00 18:00~21:00
火曜・第1.第3.第5水曜休み
TEL:0569-23-4741

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[さくら
麺屋 さくら(半田市)19
325- 027-1

325- 029-1

325- 032-1
じんわり煮干しクリスタル(1.5玉) 980円(12月の限定)

この一杯を万全の状態でいただくべく、体調を整えて機会をうかがっておりました。
そのお目当てはこちら。さくらさんの12月の限定「じんわり煮干しクリスタル」です。
Oi!ラーメン君主催のコラボ企画の一杯でもあります。
非常に評判が良いので、本当に楽しみにしておりました。

それにしても、いやぁ…期待のハードルはかなり上がっていたんですが、
一口目にして、その高いハードルを軽く越えていきました。
なんなんですか?この奥深い旨味は!凄いとしか言いようがないです。
一言で言えば「煮干し淡麗系」ですが、そんな言葉初めて使いますし、初めて出会ったスープです。
何というか、言葉にならないですね。というか、これ以上言葉にしてはいけない気さえします。
ただただ、しみじみ、“旨い!”

葵さんOi!ラーメン君が丁寧にレポートして下さってますし、
具材もネギさえも要らないと感じたスープに、これ以上私が言葉を重ねる必要はないでしょう。

とにかく全てのラーメン好きにこの言葉を捧げます。
「迷わず食えよ、食えば分かるさ」
素晴らしい一杯に感謝!最高に美味しかったです!ごちそうさまでした!

315- 001-1
麺屋 さくら
愛知県半田市出口町1-45-16
11:30~14:00 18:00~21:00
火曜・第1.第3.第5水曜休み
TEL:0569-23-4741

【年末年始の営業のご案内】
12/31~1/4までお休みです。よって「煮干しクリスタル」は30日までです。是非!!

Posted by くまお
comment:7   trackback:0
[さくら
麺屋 さくら(半田市)18
322- 001-1

322- 003-1
キノコの和えそばクリーム仕立て(11月の限定) 880円

毎月恒例となりました、今月の限定麺を求めて半田市のさくらさんにおじゃましました。
今月の限定は「洋」アレンジのほうですね。クリーミーなパスタスタイルのまぜそばです。
題して「キノコの和えそばクリーム仕立て」。きのこたっぷりの秋らしい一杯です。

いわゆるクリーム系のパスタが連想されると思いますが、そこは麺屋さくら流。一味違います。
クリームソースは、キノコの香りと旨味を加えた醤油ベースのクリームソースです。
この「醤油」ベースというのがキモなんですよね。正規イタリアンでは醤油は使えないですから。
醤油をベースにすることで、生クリームのコクはよりまろやかに伝わりますし、
キノコとの相性も良いので、香りや旨味はより膨らみますね。改めて日本の調味料って凄いですね。

合わせる麺はもちろんの自家製麺です。平打ちの多加水麺は先月の味噌ラーメンとほぼ同じかな。
先月も「この麺、パスタっぽいアレンジで食べたら旨いだろうな」って思ったんですが、
そんなこと言わなくても大将は当然分かってましたよね。期待通りのアレンジで嬉しいですね。
つまりは今回の限定は、麺を合わせたのではなく、旨い麺ありきの麺に合わせたソースって事です。

トッピングも絶対期待を裏切りません!たっぷりのキノコと並んでもう一つのインパクトが、
ブラックペッパーを効かせたパストラミ風の鶏チャーシューです。
身はしっとりと柔らかく、表面の粒胡椒が弾けるスパイシーな美味しさです。
キノコは日によって内容が変わるようですが、今回は4種類ぐらい入ってたかな。
まいたけ・しめじ・えのき・エリンギなど、それぞれ違う香りと食感を楽しめました。
あと色目も良い青菜の小松菜。シャキシャキ感とフレッシュ感が箸休め的良いアクセントでした。

濃厚な旨味の詰まった一杯ですが、不思議と後味がスッキリしているんですよね。
おそらく生クリームがポイントなのかな。ケーキの生クリームでも同じようなことが言えますが、
乳脂肪分の高い上質な生クリームを使われることで、バター等余計な油分を足さなくても、
コクが深くてかつ、軽い口当たりのクリームソースになるということですね。
実はシンプルな作りなんです。だから麺の美味しさが分かる一杯でもありました。
麺美味しいですよ!モチモチ感、しなやかさはある意味パスタ以上でしたね。
今回も思わず唸ってしまうほどの旨さでした。美味しかったです!ごちそうさまでした。

315- 001-1
麺屋 さくら
愛知県半田市出口町1-45-16
11:30~14:00 18:00~21:00
火曜・第1.第3.第5水曜休み
TEL:0569-23-4741

☆来月の限定は煮干系、3店舗コラボの一杯です。そちらも楽しみです(^^)v

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[さくら
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。