結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
茶屋亭(常滑市)3
173- 113

173- 114
キムチのみそつけそば(t-wang×OREILLE コラボメン) 800円

久々に常滑の茶屋亭さんにおじゃましました。雰囲気変わらないですね。
オシャレなような庶民的なような、この雑多な雰囲気が意外と好きだったりします。
こちらのお店は「トマト豆乳つけそば」や「和えそば」など未食メニューも多いんですが、
今回のお目当てはこちら、t-wangコラボの各務原キムチを使ったメニュー
「キムチのみそつけそば」をいただきました。

「みそつけそば」と言うだけに、味の主体はもちろん味噌です。
ベースのスープは動物&魚介のWスープですが、出汁感を前面に出さずに
味噌本来の甘みや旨味を活かした味付けとなっています。
塩分もそれほどではなく、そのままでも飲めるぐらいの塩分濃度ですね。
辛味もキムチから連想する辛さはほとんどなく、非常にマイルドな口当たりとなっています。

そのお題のキムチは、熟成の進んでない若いキムチを使うことで瑞々しさがありますね。
水菜やえのきと共に手鍋で軽く火が入る程度に煮込まれていて、
火を通したことによる白菜本来の甘みと、シャキシャキの食感が同時に味わえるのが特徴です。

そこに合わせる麺が、和出汁の張られた釜揚げスタイルのあつもり麺です。
プリプリした食感の極太麺は、「あつもり」にもヘタることなく終わりまで食感が持続します。
釜揚げスタイルということで、最後まであたたかく食べれるというのもいいですね。
また食べ進めていくと当然つけ汁のほうが薄まってはいくのですが、
そこは流石に計算済みのようで、塩分の替わりに出汁感が強くなるので
前半と後半でまた違ったバランスで食べられる面白さがありました。
最後は麺を和出汁ごとつけ汁に投入して、完全な味噌ラーメン風にしていただきました。

どことなく味噌仕立てのキムチ鍋に〆の麺を入れるようなイメージで、
キムチを火を通して食べるなら王道の食べ方のような気はするんですが、
それならば王道であるべき、相方の「豚」が入ってないのが面白いところですよね。
全然違和感のない仕上がりだし、敢えて使わない所に潔さと言うか斬新さを感じました。
シンプルなようで奥が深い、コラボメニューらしい一杯で良かったです。ごちそうさまでした。

173- 101
茶屋亭
常滑市新開町1-98-4
[火~土]11:30~14:30 18:30~21:30
[日・祝]11:30~14:30 18:30~20:30
月曜定休(祝日の場合は翌日休み)
TEL:0569-35-3184
※t-wang×OREILLE コラボメン「キムチのみそつけそば」は
12月24日までの限定メニューです。数の限定はありません。

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[茶屋亭
茶屋亭(常滑市)(2)

つけそば(中盛・麺300g) 800円

PICT0003-65.jpg PICT0004-65.jpg

常滑の茶屋亭さんへおじゃましました。特にお目当てはなかったので
前回他の方が食べていて美味しそうだった「つけそば」を注文です。
普通盛・200gと中盛・300gは同料金で、普通盛には玉子半分がつきますが
今回は中盛の麺300gでいただきました。
麺丼のビジュアルは400g級の大盛ビジュアルですが
丼の底に水切り用の簾が引いてありますのでご安心を^^。

つけ汁にはうっすら膜が張っていて、見た目濃厚さを感じさせますが
汁の濃度的にはそれほどでもなく、口に残るような粘度はありません。
しかし動物系の旨味はしっかりと出ていて、そこに風味豊かな魚介だしと強めの甘酸味、
さらに唐辛子と胡椒系の辛味も感じる引き締めの強いつけ汁になってます。

合わせる麺は、ツヤツヤの滑りの良い麺で、モチモチとした食感が心地よくて
小麦の風味も豊かなそのままでも食べられる美味しい麺ですね。

具はチャーシュー・メンマ・ネギといたってシンプルですが、
あまり存在感は高くないかなぁ。
チャーシューはらーめんで使われる薄切りのチャーシューを
さらに細切りにカットしたもので、食べ応えがもう少しほしいところですね。
メンマも特別なものではないシンプルなものでした。

300gの麺も軽く片付けて、いただいたシメの割りスープは
すごい香り豊かな鰹系の上品な魚介スープでしたね。
割って飲んだスープはさらに旨味も深まり美味しかったです。

鳥居式らーめん塾出身ということで、半田の轍さんと比較されがちですが
轍さんは限定ものへのチャレンジなど、新しいものへの変化が激しいのに対して、
茶屋亭さんは基本のレシピに磨きを掛けていくという対照的な2店ですね。
いずれも知多半島を代表するお店には間違いありません。

土地柄もあってか、茶屋亭さんの客層は年齢層が幅広くて
地元にいかに愛されてるお店というのがわかります。
これからも美味しいラーメンを造り続けてくださいね。
またおじゃまします。ごちそうさまでした。

PICT0001-35.jpg
茶屋亭
常滑市新開町1-98-4
TEL:0569-35-3184
11:30~15:00 18:30~22:00
(日曜・祝日~20:30)※スープなくなり次第閉店
月曜定休

茶屋亭(1)「Bセット(醤油ラーメン・ライス・餃子3個)」
Posted by くまお
comment:2   trackback:1
[茶屋亭
茶屋亭(常滑市)
PICT0007-35.jpg
Bセット(醤油ラーメン・ライス・餃子3個)800円

PICT0005-35.jpg PICT0001-35.jpg

今日はちょっと足を伸ばして常滑の茶屋亭さんへ。初訪問です。
常滑競艇のほど近く、海を渡れば中部国際空港セントレアといった立地です。
店構えは、これがまったくラーメン屋には見えず(笑)
小料理屋か、名前から甘味処あたりに勘違いされそうな雰囲気です。
平日昼のみのランチセットがあったので、ラーメンと餃子・ライスのセット
Bセットを注文。醤油か塩で選べたので醤油ラーメンをチョイスしました。

まず初めに出てきたラーメンは、うっすら幕の張った少し濁りのあるスープで
飲んでみると見た目よりもライトな口当たりのダブルスープです。
魚介の風味がしっかりしてて、その上に動物系のコクが乗っかるイメージかな。
同じ知多半島でダブルスープ系のラーメンを提供している
半田の轍さんのラーメンに味は近いんですが、こちらのほうが全体的に軽いです。

麺の方は割りと柔らかめの茹で具合で、もっちりとして食感になってます。
この辺は地域がらなのか、きっと年配のお客さんを意識した作りのようですね。
具材は、ランチセットのラーメンは通常のものより簡素化されてて
チャーシュー・のり1枚と、ねぎ・メンマが少々といたってシンプルです。
チャーシューは薄手だけど、柔らかくて美味しかったです。

餃子はまぁ特別なものじゃないですけど、こちらもシンプルで
ラーメンに合ってて良いと思います。

セットなんだけど私が大食いなのもあって、ボリューム的にも軽かったですね。
値段が800円ということを考えれば満足できると思います。
周りを見渡すと、ほとんどのお客さんがつけそばを食べてましたんで
次回はそちらをいただいてみたいですね。
なかなか美味しかったです。ごちそうさまでした。
[6/19昼の部]

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←応援よろしくお願いします。
Posted by くまお
comment:18   trackback:0
[茶屋亭
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。