結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 一八(武豊町)5
238- 001-1

238- 004-1
汁なし担々麺(スープ付) 880円

久々に武豊の一八さんへおじゃましました。
実は冷やし狙いだったんですが、残念ながら終了…。券売機の前で散々迷ったあげくこちらを。
「燻しお」「しょうゆ新味」の定番商品から、「濃厚汐そば」汁ありの「担々麺」に、
「油そば」「つけ麺」の塩Ver.もあるし、「冷やし中華」もあったなぁ…そりゃ迷いますよ。

迷って決めたこちらの「汁なし担々麺」は、10種類のスパイスに3種類の唐辛子を使用する、
オイリーな油そば仕立ての、一八さんオリジナル仕様の汁なし担々となっています。
花椒等の風味も強くて、胡麻の風味より香辛料の複合的な香りと旨味で食べさせる担々ですね。
辛味は痺れ系の辛味が強く、食べ進めていくに連れて唇&舌にビリビリと重なっていきます。

合わせる麺は一八さん自慢の自家製麺です。中太の緩いウェーブがかかった麺ですね。
麺も油そばっぽさを感じるような、オイルがよく絡むゆるめの仕立てで、
モチっとした食感と、滑らかなのど越しが楽しめる麺ですね。
チャーシューはしっかりとしたタイプのもので、味付けも甘辛く中まで味が染みています。
痺れの強いタレの中で、このチャーシューの甘さが一息つけるアイテムとなっていましたね。
大ぶりのチンゲン菜も瑞々しく、こちらも痺れを癒すアイテムのひとつです。
アクセントに載った山くらげとピーナッツも、ポリポリ・コリコリと面白い食感でした。
別添で出して頂いた「海老胡麻ラー油」も風味が良くて、加えても面白かったです。
酢と共に味の変化アイテムにもなりますので、よかったらお試し下さい。

胡麻の風味よりも香辛料に特化した汁なし担々麺でした。これはこれで美味しかったです。
辛味も結構しっかりしてるので、痺れ系の辛味がお好きな辛党の方にもオススメですね。
あと油そばの雰囲気もあるので、油そばがお好きな方にもオススメできるかと思います。
それから写真を忘れましたが、添えられた塩味のスープが鶏と魚介の風味が効いてて、
口直しだけでは勿体無いと思えるほど美味しかったです(^^;)
このスープをいただいたら、次はやっぱり淡麗系をいただきたくなりますね!
次はシンプルなラーメンをいただきに来ます。美味しかったです。ごちそうさまでした。

145- 022-1
麺屋 一八
愛知県知多郡武豊町鹿ノ子田2-60
11:00~14:30 17:30~21:00
月・火曜は昼営業のみ 他定休なし
TEL:0569-73-2484

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[麺屋一八
麺屋 一八(武豊町)4
145- 019-1

145- 021-1
濃厚汐らぁ麺(期間限定) 780円

知多半島の淡麗系名店、一八さんにおじゃましました。
何気に冷やしでもあるかなぁと思って寄ったんですが、
春に何回かフラれてた期間限定の「濃厚汐らぁ麺」があるじゃないですか。
迷わずそちらをいただくことにました。

実に味の強い複雑なスープですね!動物系のベースは鶏が強いかな。
素材から来る自然なトロミのあるスープは、口当たりはまろやか・旨味も十分ですね。
その動物系に輪をかけて、複数の魚介系の入り混じった複雑な旨味が襲ってきます。
甲殻類も強いし、煮干もダイレクトに来ますし、さらに貝のような…イカのような…。
その様々な食材がスープのまろみによって、長く口の中に強烈な余韻を残してくれます。
色からは醤油が入ってるようにも見えますが、タレ味はまさに「汐」ですね。
魚介素材そのものが持つ「汐味」が、同時に「旨味」も与えているという感じで、
塩気がカドもなければ強くもないので、スープの強さの割に優しい印象なんです。

麺は一八さんが誇る自慢の自家製麺です。太さは中太といったところでしょうか。
滑らかな麺ですね。ツルっとした表面で喉越しの良い麺です。
チャーシューは淡麗系で使われるものと同じで、しっかりと味の染みたものです。
ここまで柔らかいのは珍しいですね。箸で持てないほどの柔らかさはまさに一八名物です。
味玉は「燻しお」などで使われる、「燻製たまご」がこちらでも使われています。
燻製の風味はこの味の強いスープにも負けませんね。強いアクセントになってます。
この手間の掛かったスモークフレーバーがたまらなく美味しいですね。

いやぁ…さすがですね。レギュラーの淡麗系とは全く違うベースの一杯ですが、
非常に奥行きのある、完成度の高い濃厚系ラーメンでした。
イレギュラーでもいいので、これからも継続的に提供していただけると嬉しいですね。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

145- 022-1
麺屋 一八
知多郡武豊町鹿ノ子田2-60
11:00~14:30 17:30~21:00
月・火曜は昼営業のみ 他定休なし
TEL:0569-73-2484

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[麺屋一八
麺屋 一八(武豊町)3

油そば(エビたまり味) 680円 (期間限定)

知多武豊の淡麗系の名店・一八さんへおじゃましました。
前回食べ損ねた「濃厚汐らぁ麺」は残念ながら終了の様子。
ならばと、一八さんで初めてスープレスをいただいてみることにしました。
ちなみに、次回の限定麺は「地鶏と煮干のとりそば」との事です。
今流行の煮干旋風こちらにも来ましたね。
「3月下旬頃までには完成させます」と力強いお返事、楽しみです。

一八さん自慢の自家製麺は、油そばは並盛で200gいただけます。
いわゆる平打ちの中細麺ですね。麺肌も滑らかで食べやすい麺です。
合わせるタレは「しょうゆ新味」にも使用されている、地元武豊産のたまり醤油がベースですが
タレそのものはカドもなく、非常に優しい感じですね。辛味もごく軽い「ピリ辛」です。
エビの香りはほんのり程度ですかね。主役というよりは縁の下のサポートでしょうか。

具材は、もやし・ネギ・もみ海苔・温泉たまご・チャーシューなどなど。
温玉は辛味がもちろんマイルドになりますので、後半の味変えアイテムに有効ですね。
チャーシューは、汁あり類のチャーシューとは全く異なり味も食感もしっかりしたものでした。
「お好みでお使い下さい」と色々な卓上調味料を出して下さったので
その中からラー油少々、酢少々、ついでに魚粉少々とカスタマイズしてサクッと完食です。

一八さんらしく、非常に真面目な作りの油そばです。
ニンニクも気にならない程度だし、女性にもオススメできる汁なしでした。
もう少し遊び心があっても面白いのかなとも思いますが、まぁそれは好みですしね。
また次の限定楽しみにしてます。ごちそうさまでした。

PICT0003-36.jpg
麺屋 一八
知多郡武豊町鹿ノ子田2-60
11:00~14:30 17:30~21:00
月・火曜は昼営業のみ 他定休なし
TEL:0569-73-2484

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[麺屋一八
麺屋 一八(武豊町)2

しょうゆ新味 780円

久しぶりに武豊の一八さんへおじゃましました。
お目当ては、期間限定の「濃厚汐らぁめん」だったんですが、残念ながら売り切れで
それならばということで、レギュラーの「しょうゆ新味」をいただきました。

地元武豊産のたまり醤油を使用しているとのことで、その辺がどうなのかと
興味津々だったのですが、その醤油ダレは香ばしさが際立っていて全然癖が無いですね。
旨味の重ね具合がハンパじゃないですよ。奥行きの深さに驚かされます。
動物系のコクに魚介系の風味という、単純なワードで表すにはとても失礼なような
非常に様々な食材の詰まった深みがありますね。
でも、それが渾然となった味ではなくて、それだけの食材をケンカさせず
ごくごくシンプルに見せているという技術の高さをひしひしと感じるスープです。
よく淡麗系の中華そばで「引き算」という言葉がキーワードに上がりますが
一八さんのラーメンは、引き算というより技術あっての「足し算」のアプローチですね。
もちろん余分なものは取り除いてるんでしょうけど、他所には見られない「深み」…凄いです。

麺の方は中細の縮れ麺です。適度な食感はスープの邪魔をしませんね。
チャーシューは箸でつかめないほどの柔らかさで、肉の旨味の濃い極上チャーシューですし、
玉子がまた美味しいんですよね。軽くスモークの風味があって絶品です。
メンマも若干柔らかめの食感で全体的なバランスを保っていていい感じですね。
アオサ海苔のトッピングも香り付けに一役買っています。全てが計算されての一杯ですね。

ラーメン王石神氏がラーメンテーマパークの出店を打診されたそうですが、それも納得ですよ。
もちろん地域に愛される名店なんですが、地方だけに留まらせておくのは
惜しいという気持ちにもなるのもわかります。
ウチからはそれほど遠くない距離なのに、頻度が上がらなかったことを少し後悔です。
むしろ遠くないんだからもっと行かなきゃいけないような、使命感まで沸いてきましたよ(笑)。
「濃厚汐らぁめん」もいただきたいですし、また近いうちにおじゃまします。
素晴らしく美味しかったです。ごちそうさまでした。

PICT0003-36.jpg
麺屋 一八
知多郡武豊町鹿ノ子田2-60
11:00~14:30 17:30~21:00
月・火曜は昼営業のみ 他定休なし
TEL:0569-73-2484

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[麺屋一八
麺屋 一八(武豊町)
PICT0005-36.jpg
燻しお (燻製玉子入り塩ラーメン) 790円

PICT0009-36.jpg PICT0003-36.jpg

今日はあっさり気分で一度行きたかった武豊町の一八(いっぱち)さんへ。
雑踏から離れた閑静な住宅地の中にあるお店です。
お店の名前は結構前から知っていたんですが、なぜか縁が無く今回が初訪問です。
ここの店主さんは、かの有名な佐野実氏に師事を受けた方です。
鶏は名古屋コーチンを使用する等、各素材にこだわり貫いてます。期待大です。
メニューもつけめん・油そば・冷やしと多種多様でしたが、
その素材を思う存分味わうべく「燻しお」という塩らーめんをいただきました。

まずスープですが、キレイな黄金色に意外と多目の油がキラキラしてます。
香りもいかにも優しい鶏ガラと、軽い控えめな魚介の香りがします。
お味もゆっくり・じんわりと染み渡る控えめな旨味というんでしょうか。
食べ進めてじわじわといろんな素材から来る美味しさが伝わってきます。

麺は細麺なんですが、かなり柔らかめの茹で具合ですね。自家製麺だそうです。
周りの客層を見てそれも納得。地元の方でしょうか、年配の方が多いんで
自然と客層に合わせる形になったんでしょうね。

やわらかいのは麺だけじゃないんですよ。
チャーシューもメンマも柔らかいんです。
チャーシューなんか、箸で持てなくてバラバラになっちゃうぐらい。
ここまで柔らかいチャーシューって、あんまり食べたことなかったです。
スープの味を邪魔しない控えめな味の美味しいチャーシューです。
アオサのりもそうですが、このデリケートなスープに合ってます。

そしてもうひとつのメイン「燻しお」の「燻」・燻製たまごです!
このたまごが絶品でしたね。
「くんたま」ってまぁ時々ラーメンのトッピングでは見ますけど
ここの「燻製たまご」は他所のものとは全く別物でした。
とりあえず割ってみると濃ーい黄色のトロっとした黄味が見えますが、
スープに沈めても黄味は流れずに、型崩れしません。
匂いもせっかくのスープを邪魔しないかなと思いましたが
じわじわと絶妙なバランスで香りが移っていくんですよね。
まさに計算された完成系のらーめんを見ました。

一見価格はお高めですが、節に昆布に貝柱と高級素材を使ってるので
この値段は決して高くない印象を持ちました。
メニュー豊富なので、次は何にしようか迷いますね。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←応援よろしくお願いします。
Posted by くまお
comment:4   trackback:0
[麺屋一八
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。