結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
中華そば こくや 原田屋(名古屋市中区)2
314- 064-1

314- 066-1

314- 070-1
もち豚の脂中華そば(醤油) 850円

こちらもかなり久しぶりです。名古屋栄の繁華街の路地裏にお店を構える、
まさに知る人ぞ知る「路地裏の名店」こくや原田屋さんにおじゃましました。
言わずと知れたあの伝説の店「三吉」さんの味を伝える数少ないお店です。
店内は西洋アンティークなどの調度品も見られる、独特なレトロモダンな雰囲気があります。
ウリはもちろん淡麗系の中華そばですが、今回はこちらのお店では比較的パンチのある一杯、
「もち豚の脂中華そば」を醤油味でいただきました。
脂が熱しられた芳ばしい香りが店内に広がれば、間もなくの提供です。

透き通った褐色のスープは、醤油の風味を強く感じるスープです。
仕上げに中華鍋で熱したもち豚の脂をかけるスープは、当然デフォルトより脂を感じます。
ですが、やはりその脂が上質だからこその「技」ですね。
コクは増しても、しつこさは全く感じず、魚介の風味と醤油のスッキリ感は、
脂が入っても確実に伝わってきます。このバランスの保ち方が素晴らしいですね。

そして麺。麺がさりげなく美味しいです。細縮れ麺ですが、こちらのスープでも合いますね。
スープの旨味がしっかりと麺に乗っかってきます。麺を食べながらスープを飲んでる感じも。
具材も何気に仕事が入っていて、それぞれの仕事のレベルが高いですよ。
チャーシューは炙りですが、炙り具合が寸止めというか、スープの香りを壊さずに、
アクセントレベルで、風味をプラスされています。その加減が絶妙です。
ネギやメンマ、味玉に至るまでも非常に丁寧さが伝わってきますね。素晴らしいです。

栄ぐらいの繁華街となれば、食事の選択肢は数えきれないぐらいありますが、
もし、優しいあっさりした中華そばが食べたくなったら、
こくや原田屋さんがファーストチョイスとなるのは、間違いないですね!
場所が場所だけに、本当のところあまり教えたくお店でもあります(^^;)
女性にももちろんオススメですよ。実際女性のお客さんも多いお店です。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

314- 073-1
中華そば こくや 原田屋
愛知県名古屋市中区栄3-2-115
11:30~14:30 18:00~22:30
日曜定休
TEL:052-251-5981

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[こくや原田屋
一風堂 SHIROMARU-BASE 名古屋金山店 2
313- 035-1

313- 040-1
SHIROMARU-BASE(白丸ベース) 700円 白ごはん+餃子セット +100円

今回は金山で昼飯ということで、そんなに選択肢は多くない中からこちらをチョイスしました。
一風堂シロマルベースさんです。こちらも久しぶりですね。
言わずと知れた全国にその名を轟かす、一風堂さんの別業態のコンセプト店舗になります。
一風堂さんは数あれど、こちらのSHIROMARU-BASEさんは、大森とここ名古屋金山の
2店舗しかないそうなので、ある意味レアな一風堂さんということになります。
看板メニューは、一風堂創業当時を再現したという濃厚とんこつの「白丸ベース」で、
それをベースとして、「カレーベース」「辛かベース」「スタミナベース」というのも人気です。
ランチタイムは一口餃子5個と白ごはんが+100円のセットなので、白丸でそちらを注文しました。

背脂の粒子が肉眼で確認できるスープは、普段の一風堂豚骨スープとは明らかに見た目が違います。
色もグレー掛かってますね。そのグレースープは、いかにも重そうなルックスですが、
口当たりは意外にもそれほど重くはないですね。後味にほんのり甘みを感じます。
甘みは脂ももちろん手伝っていますが、骨から感じる甘みも相当に含まれますね。
マット感とでも言うのかな。後味に細かーい粒子が舌に残る感覚があります。
それこそが、骨の髄まで煮込んだ証なんでしょうかね。なかなか感じない珍しい質感です。

麺は自分なりの表現ならば、「しっとり」した食感の一風堂オリジナル麺です。
あくまで個人的な意見ですが、この麺は固めで頼まないほうが特徴が活きるような気がします。
少し柔らかめにして、細かいスープの粒子をまとわせていただくのが自分は好みですね。

313- 045-1

餃子は一口サイズが5個。軽く食べれる量で、ラーメンのお供には女性でもOKなサイズです。
唐辛子入りの赤い柚子胡椒をタレの代わりにしていただくのが、また美味しいですね。

食べ終わるとドンブリの淵に出てくる文字が「PRIDE OF IPPUDO」。
まさに一風堂のプライドが詰まった一杯ということですね。
こういう豚骨が、一風堂の原点なんだということが理解できました。
普通の一風堂さんのラーメンとはひと味もふた味も違う一杯なので、
好みは分かれるとは思いますが、一風堂ファンの方もそうでない方も是非一度は話のタネに。
あの一風堂の原点はこういう味なのかと、思いを馳せるのもまた面白いものです。
私は案外普通の一風堂より好きかも。ごちそうさまでした。

313- 048-1
一風堂 SHIROMARU-BASE 名古屋金山店
名古屋市中区金山2-16-22
[月~土・祝前日] 11:00~翌2:00 [日~木] 11:00~24:00
年末年始他無休
TEL:052-324-5512
一風堂公式HP http://www.ippudo.com/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中区
梦麺88 MU-MEN PA-PA-(名古屋市中区)2
309- 038-1

309- 040-1
中華○魚そば 通常750円 特別価格により500円

大須に用事があったのでその足で伺いました。ムーメン88さん、2回目の訪問です。
数種類の魚介を効かせたつけ汁を、焙煎ふすまを混ぜた麺でいただく独創的なつけ麺、
「混ぜつけ麺」が看板メニューのお店です。
今回の狙いは実は周辺でお勧めいただいてた、「塩ラーメン」だったんですが、
たまたま伺った時が、こちらのメニューが感謝価格でお安くいただけたのでいただいてみました。

「淡麗」と銘打つこちらの一杯ですが、自分が思う淡麗のイメージとは少し違うかな。
焦がしたネギの風味が際立っていて、香味油を含む香りを全面に出したスープとなっています。
スープ自体は魚介、特に煮干系の風味が強く、カエシはそれほど濃くないです。
油も多いので、あっさりか?と聞かれると、ものすごくあっさりという訳ではなく、
どちらかというと若者にターゲットを合わせた、しっかりと食べ応えもある、
「ややあっさり系の魚介系中華そば」といったところでしょうか。

合わせる麺は細ストレート麺ですね。細いながらも弾力があってプリッとした食感があります。
歯切れも良く、食べていて楽しくなるような良い麺ですね。
チャーシューは肉厚で適度な固さを持った、食感の強いタイプのものです。
表面はほんのり炙ってあって、肉を食べているという実感が沸くチャーシューですね。

夏場は、こちらの一杯が感謝価格でいただけたみたいですので、
食べられた方も多いと思いますが、ワンコインならCPも抜群、文句なしの一杯だと思います。
これが通常価格の750円に戻ると、どうしても割高感を感じてしまいますが、仕方ないですかね。
“淡麗”と呼ぶにはスープもワイルドな作りですし、若干の違和感は否めませんが、
大須という街のターゲット層に合った醤油ラーメンで、これでいいんじゃないかなと思います。
面白みという部分では少し欠けますが、逆に言えば堅実な一杯です。
お安くいただきありがとうございました。ごちそうさまでした。

309- 034-1
梦麺88 MU-MEN PA-PA- (ムーメンパーパー)
愛知県名古屋市中区大須2-17-17
11:00~22:00(L.O. 21:30)
無休
TEL:052-229-0246
公式サイト http://www.mu-men.jp/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中区
肉そば なおじ(名古屋市中区)2
309- 048-1

309- 050-1

309- 059-1
肉そば 630円(軟骨チャーシュー+200円)

気が付けば一年以上開いてましたね。大須の肉そばなおじさんにおじゃましました。
言わずと知れた東別院の喜多楽さんの2号店、ガッツリ系のセカンドブランド店です。
もちろん看板は、甘辛の豚バラ肉がたくさん載った肉そばです!
630円という値段でリーズナブルに、ボリュームのある一杯がいただけるのが嬉しいですよね。
なおじさんと言えば、激辛メニューもよくウワサは聞くのですが、私は苦手なのでパスして(^^;)
今回はレギュラーの肉そばに、お姉さんが薦めてくれた軟骨チャーシューを載せて頂きました。

まずは軟骨チャーシューに触れずに、デフォルトのスープだけをいただいてみると、
ハッキリと醤油ダレをスープに感じます。色も濃い目ですね。
だからといって、スープに醤油辛さやトゲトゲしさは無く、まろやかな味わいなのは流石です。
トッピングの豚バラには軽めの甘辛味が入っていて、この味付けがスープに徐々に味を深めていく
重要なワンポイントのスパイスとなっています。まさに計算されたスープ&トッピングですね。
豚バラスライスの量もデフォでも十分な量で、これだけでも満足感を得られるボリュームです。

このしっかりした存在感のあるスープには、プリプリもちもち食感の太ストレート麺が応えます。
麺は通常でも200gと大盛クラスの量で、弾力のある食感も手伝い、食べ応えは相当なものですね。

肉がもう少し食べたいと思った時に、もちろん豚バラの増量も良いのですが、
この軟骨チャーシュー美味しいですね!自身を持ってオススメします。メチャ旨ですよ。
驚くほどトロットロに煮込まれた肉の塊は、軟骨もゼリー状に変化していて、
口の中でとろけてしまうような逸品です。これで追加200円はかなり安いですよ!
ほのかに生姜の風味もあって、想像以上に軽くいただけます。女性でも食べ切れそうですね。
軟骨部分はコラーゲンそのものですので、お肌にもよろしいかと(笑)是非追加してみて下さい。
軟骨チャーシューと言えば、岐阜関の白神さんが有名ですが、流石盟友同士!勝るとも劣りません!

とにかく今回の収穫は、軟骨チャーシューに尽きますね!これは本当にウマイです!
あまりに印象が強いので、肉そばの「肉」の意味が変わってしまいそうですが(^^;)
お値打ちですし、是非試していただきたい、絶品軟骨チャーシュー入り肉そばでした。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

309- 033-1
肉そば なおじ
愛知県名古屋市中区大須4-2-55
【平日】11:00~14:00 18:00~22:00
【土日祝】11:00~14:30 17:30~22:00
月曜定休
TEL:052-253-9543
店主さんブログ 「麺家 喜多楽のきたら的ココロ」

Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[なおじ
麺屋 三郎(名古屋市中区)2
314- 048-1

314- 056-1
きのこ味噌まぜ麺(9月限定) 900円

前回の訪問から1年以上経ちますね。久しぶりに栄の三郎さんにおじゃましました。
この1年の間に三郎さんの噂は、コアなラーメン好きを中心に瞬く間に広がり、
地下のお店ということもあって、今では名古屋ど真ん中のアングラ的な有名店となっています。
お店が勝負したいのは大将のTシャツにも書かれている通り、無化調淡麗系の「塩」ですが、
現在の人気は二郎系の「三郎二郎」と、月替わりの限定麺というのが、
なかなか興味深くも、お店的には悩めるところなんでしょうね。
今回はその人気のひとつである月替わりのこちら「きのこ味噌まぜ麺」をいただきました。

こちらのお店で大活躍されているのがミキサーで、三郎二郎に使用する煮干しも、
これでガリガリとミルされる訳ですが、こちらの限定ではキノコをソテーしたものが、
ミキサーでペースト状になるまで細かく砕かれました。
味は味噌味ですが、そのペーストをそのまま麺に和えられているので、
味噌の味よりも、きのこその物の味が強いです。濃縮されたきのこを食べているような感覚です。
さらにペーストに加えて、歯応えの残ったしいたけ、しめじ、えのき等のキノコ類が、
キノコ特有の食感と風味を強く印象付けてますね。「Theきのこ」って感じです。

絡む麺は平打ちの太麺で、絡み過ぎぐらいに重量感を持ってきのこペーストが絡みます。
ペースト自体は非常にもったりとしたもので、多少重たさを感じますが、
千切りのショウガと和出汁の味が入ったメンマにスッキリ感があって、良い箸休めになりますね。
チャーシューも見た目以上に、短冊形に切られたものがゴロゴロ入っていて食べ応えがありました。

限定物は初めていただきましたが、なかなか独創的で面白いまぜ麺でしたね!
もうひとつの人気メニュー「三郎二郎」の煮干しをふんだんに使用したバージョン、
「スーパー三郎二郎」は、色んな方が絶賛されていながらまだ食べれてないので、
今度こそはコンディションを整えて、そちらも挑んでみたいと思います。
狭小店ですが、座席の配置が以前と変わって、今はゆったりと座れるのも嬉しいですね。
また来ます。美味しかったです。ごちそうさまでした。

314- 045-1 314- 046-1
麺屋 三郎
名古屋市中区栄2-5-1 宝第一ビルB1
11:30~14:00(L.O.) 18:30~22:30(L.O.)
日曜・祝日定休 水曜日は昼のみ営業
TEL:080-4300-9809
麺屋三郎のブログ http://ameblo.jp/yaodaisannan326-0810/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[麺屋三郎
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。