結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
鶏そば 蒼(名古屋市中村区)
337- 025-1

337- 026-1
濃厚鶏そば 750円

ずっと気になっててやっとですね。中村区大門の鶏そば蒼さんにおじゃましました。
夜営業のみというのが自分にはネックで、後回しにしていたお店ですが、
この春行った大阪のJETさんで、鶏白湯の美味しさに改めて惚れ直してしまい、
名古屋では鶏白湯の評判の良いこちらを食べずして、鶏白湯を語ってはいけないと思い、
おじゃました次第です。もちろん看板の「濃厚鶏そば」をいただきました。

熱いのでお気をつけてと渡された丼は、湯気こそはそれ程立ちませんが、器越しに熱が伝わります。
一口いただけば、熱いスープからじわりと来る旨味に思わすニンマリです。美味しいですね!
JETさんでいただいた時に、愛知で未体験の鶏白湯と書きましたが、
ここにありましたね。ハイレベルな鶏白湯スープが!
ルックス通りの濃厚な口当たり、まったりと絡みつくようなスープは鶏の旨味に溢れています。
濃厚なんですが、豚骨のようなドシンと来る重たさがない、
まさに鶏白湯の特徴を強く印象付けるスープです。魚介もさりげなく効いてるのもいいですね。

合わせる麺は中細のストレート麺です。トロミのあるスープの絡みは抜群ですね。
歯切れもよくサクっと食べられます。
あと何と言っても、特筆すべきは鶏チャーシューですね!
真空低温調理の鶏チャーシューって、そういえばあまり食べたことがなかったですが、
この食感は未体験ゾーンの食感でした。なんと表現したらいいのかなぁ。
色こそはしっかり火が通ったような白色な鶏肉ですが、食感は通常の鶏とは全く違いまして、
噛んだ時に半端ないモチッと感があります。マグロの刺身にも似てるけどもっとモチモチですね。
例え悪いですが、ういろうとか団子の食感のほうが近いかも。それだけクチュっとした歯応えです。
鶏白湯スープとはまた違うアプローチから、鶏の旨味をこちらもダイレクトに伝えてくれます。
味はさっぱり、食感は独特、一部に胡椒がついていてピリッと、これは絶品ですね!

大門といえばいわゆる旧赤線、名古屋でも最もディープな街のひとつに構える、
昭和の雰囲気漂う横丁のラーメン屋、お店もL字形カウンター6席のみという小ささ、しかも夜のみ、
こんな所に食材と製法にこだわった、鶏白湯の名店があるというのがまた面白いですね。
名古屋駅からもそれ程遠くない距離なので、是非遠方の方にもお勧めしたい隠れ家的名店です。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

337- 028-1

鶏そば 蒼(そう)
愛知県名古屋市中村区名楽町1-40-2 大門横丁内
18:00~24:00(LO.23:30)
※スープがなくなり次第終了
水曜定休
TEL:090-7313-8138

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中村区
らーめん専門店 拉ノ刻(名古屋市中村区)
321- 016-1

321- 024-1

321- 027-1
松(塩) 700円

こちらも今まで縁が無かったお店で初紹介になります。中村区の拉ノ刻さんにおじゃましました。
「好来系」の異端児と呼ばれてからもう久しいですよね。
現在では岐阜にも店舗を構えるなど、私が語るまでも無く中堅以上のキャリア店です。
醤油味一本の「好来系」にありながら、塩味と味噌味をレギュラー提供されてきたのが、
ここ拉ノ刻さんで、それだけではないですが、その一端がいわゆる異端児たる所以でもあり、
拉ノ刻さんのアイデンティティでもあるわけですね。
たまに伺うと色々目移りする限定メニューもあるんですが、
やはりいただきたいのは、その所以たる「塩」です。好来系標準の「松」でいただきました。

今更ここで説明する必要もないと思いますが、「好来系」と言えば、
豊富な根菜類・タマネギを使った、じんわり染み入る旨さの薬膳系スープが特徴です。
それは拉ノ刻さんでも、根底の部分はしっかりと受け継がれているんですが、
ある意味受け継がれている部分と、加えられた新しい要素が、
それぞれよく分かるのが、この「塩」味ということになりますかね。
スープをいただけば、大量に使われているタマネギなどの甘みと、
鶏からの味が強く出ていて、より甘みのある旨味が際立っている印象です。
優しい甘みのあるスープに心がホッとしますね。

合わせる麺は、こちらも伝統を継ぐ太麺ストレートスタイルです。
本家筋よりはやや固めに仕上げてありますね。しっかりとした食感のある麺でした。
チャーシューも伝統のまんまるロールスタイルです。
余分な味のしないチャーシューは、よりスープと麺を引き立ててくれますね。
メンマはコリコリと存在感のある歯応えです。一見バランスを損なう食感が実は非常に合うんです。

最後は恒例の高麗人参酢を入れての完飲完食です。
やはり基本がしっかりしてるからこその応用で、そこで初めて応用が活きるということですね。
「塩」を改めていただいて、改めて体感した次第です。
変化したものも定着すればスタンダード(定番)になります。もうすでにこれは「定番」ですね。
拉ノ刻さんの定番「松の塩」堪能しました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

321- 013-1

らーめん専門店 拉ノ刻(らのこく)
愛知県名古屋市中村区上ノ宮町2-30-1 リエス上ノ宮1F
11:30~14:30 18:00~0:00 (L.O.15分前)
日曜定休
TEL:052-471-7686
公式ブログ http://ranokoku.blog115.fc2.com/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中村区
こだわり麺工房 たご(名古屋市中村区)
321- 004-1

321- 005-1

321- 009-1
濃厚にぼしそば 900円

何故かブログで紹介する機会が今までなくて、今回が初紹介になります。
中村区本陣通のたごさんへおじゃましました。
たごさんといえば、とにかく多種多彩な豊富なメニュー構成ですよね。
伺えば必ずと言っていいほど迷ってしまいます。今回も狙い撃ちなのに心がゆらいでしまいました。
台湾系も味噌もたごジロウもスルーして、今回は看板のひとつ「濃厚にぼし」をいただきました。

背脂のつぶつぶが見えるスープは、いかにもの「煮干しグレー」な色合いです。
あくまで個人的な印象ですが、イメージよりは煮干しのクセの強さは無い印象です。
個人差はありますが、エグミを感じるレベルだと完全な煮干マニア向き一杯となりますが、
煮干系の旨味を抽出しながらも、エグミを感じない仕上がりは流石のたごさんの技術を感じます。
煮干しのマニアックな部分を出しつつも、食べにく過ぎないレアな濃厚煮干豚骨ですね。

合わせる麺はもちろん、たごさん自慢の自家製麺です。
当然、メニューによって様々な麺を使い分けられています。
にぼしそばには、やや縮れの太麺が使われていますがこの麺がいいですね。
強いスープに負けないだけの存在感があります。もちもちとした食感の好きなタイプの麺です。
チャーシューなどの具材は、逆にここでは存在が薄くなってしまいますが、
それもスープのインパクトに充分な満足感が得られるという裏付けでもありますね。

この濃厚煮干豚骨が、数量限定ではありますが多様なメニューの中のひとつとして、
気軽に食べれるということに改めて驚いてしまいました。たごさんのフトコロは深いですね。
次に行くことを考えてまた迷ってしまうほど、魅力の多いラーメン屋さんです。
行かれたことのない方は、是非たごさんへ行って迷ってみてほしいです(笑)
ちなみに人気ランキングなんかもボードに書いてあるので、そういう所から選ぶのもいいかもです。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

321- 011-1

こだわり麺工房 たご
愛知県名古屋市中村区本陣通5-88-1 コーポうちふじ1F
11:15~13:45 18:30~21:30(土日祝は18:00~)
月曜・第1第3火曜休み
TEL:052-413-0066
たご大将ブログ http://blog.goo.ne.jp/men_tago/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中村区
江南 JRセントラルタワーズ店(名古屋市中村区)2
312- 024-1

312- 026-1
塩柳麺 ランチ炒飯付 980円

この日も名駅で昼食を。名古屋駅で麺を食べようと思うと意外と選択肢は少ないんですが、
タワーズビルにはこちらがあります!江南のタワーズ店さんにおじゃましました。
様々な飲食店が同居する駅ビルのレストラン街ということで、
お昼時となればたくさんのお客さんで賑わっていますね。
入りやすいんでしょうね。女性おひとりのお客さんが多いんですよ。年配のお客さんも多いです。
流石老舗のラーメン店ですよね。根強いファンに支えられていますね。
さて、江南さんといえばシンプルな醤油ラーメンの「柳麺」ですが、
今回は敢えて「塩」でいただいてみました。

九州産の豚骨と愛知県産の鶏ガラを、弱火で長時間煮込んだというスープは、
気持ちにごりのある、動物系の旨味がしっかり詰まったスープです。
魚介出汁を含まない、ある意味これぞラーメンらしいというスープですね。
「塩」いいですね!やや強めの塩加減ですが、決して尖りのない丸みのあるタレ加減で、
しょうゆの「柳麺」よりも、さらにスープをダイレクトに感じることが出来ます。

麺は中細のストレート麺で、やや柔らかめですが程良い触感が麺に残っています。
チャーシューは、ロールタイプの真ん丸な形が特徴で少し炙ってあります。
肉本来の食感や味が楽しめるもので、今風のチャーシューではないですが
これはこれで「らしさ」があるチャーシューで好きですね。

312- 032-1

チャーハンは少し遅れて出てきました。特筆すべき点はないかな(^^;)
でもラーメンのスープを炒飯の休めにしていただくと、何割増しで美味しくいただけますね。

やっぱり一番の利点は、駅から近いというか駅の真上ということですね。
少し歩けば本店にも行けるんですが、駅からエレベーターで上がるだけで、
伝統の味が気軽にいただけるのはありがたいことです。
鶏白湯の「丸鶏柳麺」が気になりながら、ずーっと食べれてないので、
今度こそ次来たら「丸鶏」をいただきたいと思います。
でも「塩」気に入ったから、また頼んじゃうかも(笑)
美味しかったです。ごちそうさまでした。

312- 021-1
江南 JRセントラルタワーズ店
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 13F
11:00~23:00
無休
TEL:052-586-0252

Posted by くまお
comment:4   trackback:0
[名古屋市中村区
想吃担担面 エスカ店(名古屋市中村区)
312- 016-1

312- 018-1
汁なし担々麺 杏仁豆腐セット 1000円

名古屋駅で昼食となり、こちらへおじゃましました。
担々麺専門店シャンツーさんの、今回はエスカ店へ伺いました。
名駅近郊に3店舗あるシャンツーさんですが、一番行きやすいのはこちらですね。
新幹線口から地下街を降りて、右へ突き当りの店舗になります。
手軽に本格的担々麺がいただけるお店として、非常に重宝しています。
今回はエスカ店限定の「焙煎黒ゴマ担々麺」と迷いましたが、「汁なし」をいただきました。

「汁あり」の担々麺は、あくまで日本人好みにアレンジされたもので、
本場の担々麺は、こちらのような汁なしスタイルが一般的です。
汁がないので、香りの面で弱いのかなと思いきや、そこは専門店の担々麺です。
汁あり同様、箸を入れて麺を持ち上げれば、胡麻や花椒、八角などの香辛料の香りが広がります。
口に含めば、胡麻の甘みと唐辛子&山椒系の辛味、さらに酢系の酸味が、
三位一体バランス良く感じることが出来ますね。
思ったより酸味があるので、濃厚ながらもスッキリとした後口です。

麺はそれこそ、きしめんかフェットチーネかぐらいの幅広いピロピロした形状の麺です。
これでもかというぐらい、ソースが絡み付きますね。
トッピングは大きく2種。ひとつは本格志向の細かいミンチで、
甘味噌仕立てのしっかりした甘みがあります。
この甘味が痺れ系の辛味が強い中に、優しいアクセントとして麺に絡んでくれます。
もう一方のトッピング漬物「ヤーツァイ」は、酸味のアクセントですね。
この2種類のトッピングが絡むことで、甘辛酸味のバランスがとても良くなります。

312- 020-1

ここに来ると必ずいただいてしまうのが、この杏仁豆腐ですね。
冷たく冷えた杏仁が、担々麺の食後に本当にぴったりのデザートなんですよね。
こちらのデザートはどれも甘さ控えめで、男性でも殆どの方がセットにしてる人気スイーツです。

名古屋駅直結、新幹線からもすぐという事で、キャリーバッグ等の荷物を持った方も実際多いです。
名古屋グルメでしたら、ここの地下街にもある味噌煮込みうどんやひつまぶしもいいんですが、
こちらの担々麺も出張や旅行でいらしてる方に、自信を持ってオススメできる名古屋グルメです。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

312- 012-1
想吃担担面 エスカ店 (シャンツーダンダンミェン)
愛知県名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下街
11:00~22:30(L.O.22:00)
不定休(エスカに準ずる)
TEL:052-451-3666
公式サイト http://www.amy.hi-ho.ne.jp/onikochi/xianchimian.htm

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[名古屋市中村区
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。