結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 四十(名古屋市天白区)2
324- 004-1

324- 007-1

324- 009-1
塩つけ麺 700円

天白区島田の麺屋四十さんにおじゃましました。超久々2回目の訪問です。
刈谷の晴れやかさんの店長だった店主さんが独立されて、もう2年以上も経つんですね。
自分の中ではまだ新店のイメージなんですが(^^;)早いものです。
唯一の訪問が「パワーオブラーメン」というサブメニューだったので、
次回こそはメインメニューをいただこうと思いながらも、2年ぐらい経っていました(笑)
今回やっと2年越しで店主オススメの塩系メニュー「塩つけ麺」をいただきました。

出てきたつけ汁にまず目を引くのは色ですね。クリーミーというかクリーム色してます。
まず塩味のつけ麺自体、難易度が高いと言われていて、それほどやってるお店が少ないんですが、
それでも大体の「塩つけ麺」はクリアな清湯系が多いですよね。胡麻が散らしてあるような。
そういう意味では、ちょっと珍しいタイプのつけ汁です。
カエシの塩ダレはやや強めで、やはり醤油よりはシャープなタレの印象を受けます。
スープは動物+魚介のWですが、鶏系のまったりした動物味が先行しているイメージです。
魚介はそれほど出ている訳ではなく、酸味辛味もないので、割とコク1本の直球的なつけ汁ですね。
インパクトは強くはないですが、麺を食べさせる力はありました。

合わせる麺は、出身グループ共通の林さんの麺ですね。
逆に言うとこの麺にどれだけ合うスープを作れるかということですね。ゆで加減は固めでした。
チャーシューは、サイコロサイズのものがつけ汁内にゴロゴロと入っています。
粗みじんのタマネギと小口のネギがシャリシャリと、良いアクセントになっていました。

難しい「塩つけ麺」をオススメと言われるだけあって、あまり食べたことのないような、
オリジナリティを感じました。塩なら更に魚介が効いたほうが好みですが、
塩味の動物系のコクで食べさせるつけ麺として、これはこれでアリだと思います。
次は塩ラーメンか、鶏白湯か、またいつかおじゃまします。ごちそうさまでした。

324- 001-1

麺屋 四十 (めんや しん)
愛知県名古屋市天白区島田1-1111
11:00~14:00 18:00~22:00
不定休
TEL:052-893-8993
公式サイト http://www.menyashin.com/

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[名古屋市天白区
英吉家(名古屋市天白区)2
320- 010-1

320- 021-1

320- 018-1
ラーメン 600円

超久しぶり、3年ぶりの訪問です。塩釜口は名城大近くの英吉家さんにおじゃましました。
御存知、緑区の萬来亭さんと並んで、名古屋の横浜家系ラーメンを代表するお店です。
近くは八事にも2号店が誕生するなど、学生街の人気店として不動の地位を獲得されていますね。
この日もAM11時前後と早い時間だったんですが、学生の活気で賑わっていました。
英吉家さんは家系の味をそのまま応用したつけ麺も人気ですが、今回は正統派のラーメンです。
もちろん家系なので、油の量・タレの濃さ・麺の固さはオーダー可能ですが、
今回は久しぶりでしたので、麺固め以外はノーマルでいただきました。

スープにはそこそこの重量感がありますが、口当たりはまろやかです。
ただ名古屋主流のマイルドクリーミー家系とはちょっと違うんですよね。
まろやかではあるんですが、醤油ダレも比較すればしっかりと効いています。
すごくクリーミーでもなければ、すごく醤油が主張する訳でもない、
突出した特徴を持たないのが特徴というか(^^;)そんな家系スープです。

麺は名古屋では珍しい、家系御用達の酒井製麺さんの麺です。相変わらずのもっちり感ですね。
英吉家名物でもあるチャーシューは圧巻の大きさです。ちょっとしたトンテキサイズですね。
今回のは厚みもあって、「肉!」って感じのチャーシューでした。ライスのおかずにも十分です。
卓上もニンニク・生姜に豆板醤など、家系らしくラインナップが豊富なので、
自分好みの味にチューニングが出来るのも嬉しいところですね。

このデカチャーシューのラーメンに、いわゆる「大ライス」サイズのご飯が無料で付いて、
それでお値段は3年前と据え置きの600円!この600円はやっぱり破格ですよ。
学生街だと学割サービスで安くなるのはよくありますが、学生だけでなく一般でも、
このお値段でいただけるのは嬉しいですね。嬉しいを通り越えて申し訳ない気までします(^^;)
学生もおっちゃんも働くお兄ちゃんもお嬢さんも、600円でお腹いっぱい食べて下さい♪
美味しかったです。ごちそうさまでした。

320- 008-1

英吉家 (ひでよしや)
愛知県名古屋市天白区塩釜口2-801
10:30~24:00
日曜定休
TEL:052-834-4404

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市天白区
徳島ラーメン 麺王 天白店(名古屋市天白区)
267- 003-1

267- 009-1
徳島ラーメン バリかた 580円

天白区島田に昨年11月OPENの、徳島ラーメン麺王さんにおじゃましました。
徳島を本店として、岡山、神戸、高松などに展開しているチェーンで東海初出店のようです。
お店の雰囲気は博多ラーメンチェーンっぽいですね。活気のある賑やかな店内です。
博多豚骨同様に麺の茹で具合を選べたので、こちらでは一番固い「バリかた」でいただきました。
ちなみに生卵は無料で付きますが、食券での選択制となっていますのでご注意を。

「すき焼きラーメン」の異名を取る徳島ラーメンですが、基本は豚骨醤油ラーメンの味です。
色は茶濁していて、見た目いかにも濃そうな印象を受けますが、
すき焼きをイメージするほど、醤油も甘みも濃い感じはないですね。
豚骨濃度的にもライトで、相対的に調味料的な甘みがクローズアップされてる印象です。

麺は極まではいかない細麺です。粘りのある細麺で「バリかた」にしても、
サクッとした歯切れはなく、しっとりした固さを持つ麺ですね。
トッピングの豚肉も味はしっかりとしてるんですが、やはりそんなに味は強くないかな。
例えが適切かわかりませんが、生卵と絡めると牛丼チェーンの豚丼っぽい雰囲気を感じました。
卓上も博多っぽく「辛もやし」や「高菜」なんかもありましたが、個人的には微妙かな(^^;)
すり胡麻は合いますね。ネギは有料ですが、いっぱい入れたくなる味でした。

すき焼きラーメンと言っても、すき焼きの甘辛のイメージよりは甘くないので、
そんなに違和感なく食べれますし、意外と受けはいいかもしれないですね。
豚丼に通じる味の構成も多くの方に馴染みがある味ですし、一般的に受け入れやすいかも。
ひとつの選択肢としてアリではあるかな。ごちそうさまでした。

267- 001-1
徳島ラーメン 麺王 天白店
愛知県名古屋市天白区島田5-101
11:00~24:00
無休
TEL:052-808-4141
麺王公式サイト http://7-men.com/

Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[名古屋市天白区
東京油そば本舗 名古屋総本店(名古屋市天白区)
237- 030-1

237- 031-1
油そば 600円(大盛無料)

名城大学近くの東京油そば本舗さんにおじゃましました。
関東じゃ結構あるようですが、この辺ではまだ珍しいスープオフラーメン油そばの専門店です。
清潔感のあるゆったりした店内は、学生たちで溢れていますね。
学生の方々に魅力なのは、そのリーズナブルさですかね。
学割が利いて通常600円のレギュラーが、ワンコインの500円で食べれるのも魅力ですよね。
ちなみに麺は通常140gとやや少なめですが、210gの大盛までは無料で増量できます。

「油そばは冷めると急激にまずくなる」と警告が壁に貼ってあるので(^^;)
熱々のうちに急いで、まずお酢とラー油を一回し程度かけます。
味の決め手となる酢とラー油ですが、それぞれが優しい特徴がありますね。
油は大豆油にゴマ油と植物由来のものを使われているので、非常に軽くて食べやすいですし、
酢は特注で頼んでいるという、ツンとした刺激の少ないものでこちらも食べやすいです。
麺は柔らかめですがそれが妙にマッチして、のど越し良くツルツルと入っていきます。
「油そば」は喉越しを楽しむものと、どこかで聞いたことありますがなるほどと思いましたね。

具材はチャーシュー、メンマ、きざみ海苔、ゴマとごくシンプルです。
半熟玉子を入れなければ、唯一の動物性となるチャーシューは、
オーダーを受けてからの手切りで提供されます。柔らかくて肉の甘味が強いものでした。
麺に肉を絡めると、単体で麺を食べる時とはまた違ったコクのある味わいが楽しめますよ。

見た目それなりに量があるかなと思った麺も、気が付けばさらりと完食できるほどの軽さでした。
酢が気に入って(^^;)計3回も追加して投入してしまいました。
ツンとした刺激が全然ないので、たくさん入れても大丈夫ですよ。ムセないです。
刺激はなくても、入れたら入れただけのサッパリ感はプラスされるのでオススメですね。
また辛党の方は自家製唐辛子を入れてもよさそうですね。これがかなりの辛さだそうですよ。

ジャンク系のまぜそばとは全く別物ですし、比較自体ナンセンスの違うジャンルの麺類です。
個性は出しにくいジャンルかもしれないですが、これはこれで流行ってほしい麺類のひとつです。
この一杯に遠出してでも食べるべきと、そこまでは思いにくいんですが、
食べ飽きない感じを受けるので、近くにあったらマメに通うかも…と思える油そば専門店でした。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

237- 027-1
東京油そば本舗 名古屋総本店
愛知県名古屋市天白区塩釜口2-906
11:00~22:00
月曜定休
TEL:052-837-5577

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市天白区
麺の家 麦笑(名古屋市天白区)
218- 004-1

218- 007-1
とこ豚骨ラーメン 700円

看板によると4/22OPENだったようですので、まだまだ新店の類ですね。
天白区八事山の麺の家麦笑さんにおじゃましました。あのラーメン昭和跡地ですね。初訪です。
滋賀の麺屋風火さんから09年に京都山科に独立した麺屋なかまるさんのグループで、
山科・栗東・一乗寺に続く4店舗目だそうです。関西発東海初出店ということですね。
看板メニューは、とことん豚骨を煮込んだその名も「とことんこつ」です!いただきました。

いかにも学生街のラーメンらしいドロッドロの一杯が運ばれてきました。
大きな羽釜で長時間かけて煮込んだというスープは、レンゲが軽く抵抗するぐらいの
かなりの濃度となっています。口当たりも相応に重たくてまとわり付くようにドロっとしてます。
約レンゲ一杯分のニンニクがスープを注ぐ前に入れられているので、
表面には目立たなくても、かなりのニンニクパンチがありますね。
背脂もチャッチャ式で、濃厚豚骨に追い討ちをかけるようにかなりの重さを増していますね。
さらにカエシの強さも相当なもので、まともに飲めないほどの脂と塩分の強さがあります。
これだけのガッツンタイプは、確かに名古屋に無かったタイプのラーメンですね。

麺は極太麺・中太縮れ麺・細麺の3種類からチョイスできるんですが、今回は中太麺を。
中太ですが加水が低めで、ザクッとした食感の麺でした。
個人的にはもう少し加水高めの麺のほうが好みかな。他の2種類はまた違うんだと思いますが。
具材はもやし・メンマ・チャーシューが2種類のります。
もやし・メンマは特に印象は残らなかったですが、チャーシューが2種類入るのは面白いですね。
それぞれ調理の違いから厚み・食感の違いまで楽しめます。しっとりして美味しかったですよ。

このスープだけでも、体育会系の学生諸君には魅力的に映るでしょうね。
実際、学生の頃食べたかったな…というのが正直な感想です(笑)今の自分には重たいなぁ。
あとこの手のラーメンにしてはデフォだと麺量が少ないかも。ガッツリなら大盛必須ですね。
「なかまる盛り」という全のせタイプもあるので、自信のある方は是非そちらをどうぞ。
まぁでも、盛らなくてもスープに十分インパクトある豪快な一杯ですよ。
濃い~の食べたい方にはオススメです。ごちそうさまでした。

218- 002-1
麺の家 麦笑(ばくしょう)
愛知県名古屋市天白区八事山528
11:00~14:00 18:00~22:00
月曜定休(祝日の場合は翌日休み)
TEL:052-861-7550

麺屋なかまるグループ公式ホームページ
http://menyanakamaru.web.fc2.com/index.html

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[名古屋市天白区
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。