結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 はなび 緑店(名古屋市緑区)2
337- 014-1

337- 015-1

337- 019-1
鶏塩油そば 800円

鳴海のはなび緑店さんにおじゃましました。2回目の訪問です。
高畑ほどの混雑ではないのかなと高を括ったら全然甘かったですね。
昼のオープン時には本店並の行列でした。さすが抜群のネームバリューですよね。
はなびさんと言えば台湾まぜそばですが、今回の狙いは汁なしは汁なしでも違う汁なし、
ここでしか食べられない緑店限定のまぜそば、「鶏塩油そば」をいただきました。

ネーミングは「まぜそば」ではなく「油そば」ということで、
明確な定義はありませんが、イメージ的にジャンク的な要素の強い「まぜそば」に対して、
「油そば」は、関東発祥のあっさりと食べれるタイプの汁なしラーメンで、やはり別物の印象です。
そもそも「油そば」自体、醤油ダレベースのものがほとんどなので、
塩味の油そばが珍しいですよね。油そば発祥の関東圏でも多分あまり見ないタイプだと思います。

いただいた第一印象としては、和風のオイルパスタっぽい雰囲気を感じました。
胡椒が効いてるとどこかで聞いたんですが、そうでもなかったです。多少の変更はあったのかな。
インパクト系の台湾まぜそばとは真逆の、何の尖りも無い食べやすい油そばです。

主役の麺は、多加水の太麺でかなりのモチモチ感があります。
台湾よりタレが優しいので、必然的に麺の印象がクローズアップされますが美味しいですね。
奥美濃地鶏を使用した、メイン具材の鶏チャーシューはやっぱり旨いですね。
ブランド鶏ならではのプリプリ感とジューシーさに、絶妙な香ばしさと旨味の強さがあります。
コレのおかげで価格が上がってるんでしょうが(^_^;)それでも食べたい絶品の鶏チャーシューです。

台湾ミンチの上澄み油をすくった台湾辣油が、別皿でいただけるので、それを少量加えて完食です。
辣油は意外と強い辛味もないので、バランス的には量を入れても大丈夫そうです。
ただ当然ちょっとオイリーになるので、入れるタイミングと量には注意が必要かもしれないですね。

はなびさんに来たら、周囲のお客さんの台湾まぜそば率をつい確認してしまうんですが(笑)
そりゃ比べたらヤミツキ感とかは、台湾まぜにはかなわないですけど、
緑店に来たらこれをという意味ではアリの、鶏の旨い塩の油そばでした。
はなびさんも今や5店舗あって、各店舗に必ずそこでしか食べられないメニューがありますので、
そこの限定物目当てで、各店巡ってみるのも面白いんじゃないでしょうか。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

325- 002-1

麺屋 はなび 緑店
愛知県名古屋市緑区鳴海町丸内17
11:30~14:00 18:00~22:00(L.O.10分前)
月曜日・第2火曜日休み
TEL:052-624-2002
麺屋はなび 公式サイト http://menya-hanabi.com/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/n-allstars81/

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[はなび(緑)
博多ラーメン 鶴亀堂 緑神の倉店(名古屋市緑区)
324- 013-1

324- 019-1
とんこつ全部のせ 680円

時々無性に食べたくなるんですよね。濃厚豚骨でおなじみの鶴亀堂さんにおじゃましました。
今回は緑区の神の倉店さんです。こちらは初訪問ですね。
ここ最近は、鶴亀堂さんでは「肉抜き」ばっかり食べていたので(^^;)
今回は普通に(?)大きいボタンを押しました。チャーハンもつけてしっかりといただきました。

ビジュアルは毎度お馴染み鶴亀堂さんのですね。「鶴・亀・堂」の3文字を隠すように、
なみなみと注がれた乳白色の泡だったスープは、こちらもよく知ってる「鶴亀味」です。
以前は店舗で味が結構違うって聞いてたんですが、感じる限りでは大差ないですね。
近頃はこの重みに少々胃袋のダメージを感じますが、この胃に響く感じが、
またしばらくして思い出すと食べたくなる、ちょっとした魔力みたいなものがあります。

麺は今回「かた」で頼んだんですが、頼んでからそういえば鶴亀さんのオススメは、
「ばり」だったというのを思い出しました。ここのスープは麺が固いほうが個人的には好きかな。
久々の「全部のせ」でしたが、やっぱり良いですね。あまりこれ触れられてないと思いますが、
個々のトッピングのレベルが高いんですよ。チェーン展開の大型店では抜けてますね。
チャーシューも旨味たっぷり、味玉はキレイなあめ色で美味しかったです。

324- 015-1

半チャンセット +200円
最近ちょっと意識してチャーハンよく頼むんですが、鶴亀さんのチャーハンも旨いですね。
パートらしき女性の方が鍋を振っていましたが、いやいやお上手です。
パラッとしっとり、ラーメンに比べて控えめな味付けで、まさに豚骨に合うチャーハンでした。
チャーハンには醤油ラーメンがセオリーですが、豚骨とチャーハンこれも良いですよ。

なんてったって旨味が濃厚直感ストレートですから、熱狂的なファンの多さもうなずけます。
あとはこの手のラーメンは自分との戦いかも(笑)あと何年美味しく食べられるかですね(^^;)
まだ大丈夫。美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

324- 012-1

博多ラーメン 鶴亀堂 緑神の倉店
愛知県名古屋市緑区神の倉4-194
11:30~15:00(L.O.14:45) 18:00~24:00(L.O.23:45)
無休
TEL:052-877-8082
鶴亀堂公式HP http://tsurukamedo.jp/

Posted by くまお
comment:3   trackback:1
[名古屋市緑区
博多 座射豚(名古屋市緑区)
320- 024-1

320- 026-1

320- 029-1
ランチセット 800円(ラーメン単品 650円)※800円以上でトッピングバイキング利用可

平針まで来たので寄らせていただきました。
運転免許試験場近くの博多ラーメン店、座射豚さんにおじゃましました。初紹介ですね。
ご飯ものの付いたランチセットがお得そうだったので、チャーシュー丼セットでいただきました。

きれいなビジュアルの豚骨ラーメンですね。スープはいわゆるライト豚骨スープです。
油も少なく、飲み口はとてもスッキリしています。
臭みも無く女性にもオススメできる軽いスープです。豚骨の割にサッパリしてますね。
個人的にも最近はこういうライトスープが気に入っていて、こちらも良いスープですね。

合わせる麺は、ダイイチ製麺さんの箱が見えたのでそちらの麺のようですね。
今回「カタ」でいただきましたが、パツっとした歯切れが楽しめる麺でした。
ちなみに固さのオーダーは可能ですが、お店から聞かれることはないようなのでご注意くださいね。
ノーオーダーでもカタ麺で提供して下さるので、歯切れの良さは十分楽しめますが、
この麺なら「バリカタ」「ハリガネ」クラスで、麺の食感を思う存分味わうのも良いかと思います。

具材は強い特徴はないんですが、ネギもキクラゲのしっかり量が入っているのは嬉しいですね。

320- 032-1

チャーシュー丼のチャーシューは、店内が煙で充満するほどよく炙られた
一口大のサイコロチャーシューが甘辛タレに絡められています。
チャーシューがとても香ばしく、甘さの際立つ丼ダレによく合いますね。

雑誌などメディアでは取り上げられないので、まさに知る人ぞ知る隠れ家的お店って感じです。
何故か平針・徳重周辺には豚骨ラーメンの大型店が多く、ちょっとした激戦区でもあるんですが、
その間にありながらも、しっかりと存在感を示している理由がありました。
軽くて臭みのないトンコツがご希望なら、こちらのラーメンお勧めです。
あと意外なことに、「台湾まぜそば」もあるんですよね。人気みたいです。
また機会があれば、そちらもいただいてみたいと思います。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

320- 034-1

博多 座射豚
愛知県名古屋市緑区西神の倉2-1605
11:00~14:00 17:00~22:00(金・土~23:00、日~21:00)
月曜日・第2火曜日休み
TEL:052-877-8883
座射豚公式HP http://www.zaiton.jp/

Posted by くまお
comment:4   trackback:0
[名古屋市緑区
麺屋 はなび 緑店(名古屋市緑区)
325- 006-1

325- 010-1

325- 018-1
鶏塩ラーメン 800円

2013年1発目は、まだ伺ってなかった昨年末の新店からです。
昨年11月OPENの、麺屋はなび緑店さんにおじゃましました。
高畑、蟹江、桑名、弥富と数えてはなびさんの5店舗目、名古屋市内では2店舗目ですね。
この日もさすがに本店ほどの並びではないですが、なかなかの盛況ぶりでした。
それもそのはず。こちら緑店でも、高畑本店で提供されるものと同じものがいただけます。

汁ありは、ごまかしの効かない勝負の「塩」、「醤油」に「台湾ラーメン」もありますし、
はなびさんの代名詞ともなった「元祖台湾まぜそば」にアレンジの「カレー台湾まぜそば」、
ゴロゴロ炙りチャーシューが人気の「キミスタ」に「トロ肉のせ和え麺」ももちろん健在です。
更には緑店限定の「鶏塩ラーメン」&「鶏塩油そば」と来れば、何を食べようか迷います。
まぁ今回は緑店初回なので、こちらでしか食べれない物を。「鶏塩ラーメン」をいただきました。

綺麗な琥珀色のスープです。柔らかい口当たりのスープですね。油も少なめです。
じわじわと加速度的に盛り上がる印象とは違うんですが、スーッと喉を通り抜けるような、
魚介と鶏の柔らかい旨味があります。支店とは言えども、流石のハイクオリティですね。

合わせる麺は極細まではいかない細麺です。強過ぎず弱過ぎずの食感で、麺肌はなめらか。
丸みのあるスープと共に、スルスルと落ちていきます。
そしてこちらのラーメンのメインとも言うべき、鶏チャーシューも期待を裏切らない出来ですね。
ブランド鶏「奥美濃古地鶏」を使用していて、表面が軽く炙ってあります。
炙りといっても、もちろんスープに風味が移るような炙りではなく、
ほんの少しの香ばしさと、たっぷりの鶏の甘みを引き出してくれる「炙り」です。
弾力のある食感、そこから弾ける旨味は、さすがのブランド地鶏&名店の仕事ぶりですね。

はなびさんは、絶大な人気の「台湾まぜそば」のイメージがかなり定着していて、
世間の人気も、そこ目当てが1番強いのは確かではあるんですが、
この「鶏塩ラーメン」、店舗限定の力を入れているラーメンだけあります。侮る無かれですよ。
正直、5店舗目の支店ということで割り引いて考えていたんですが、いやいや失礼しました。
この「鶏塩」なら、名古屋市内でオススメ出来る塩ラーメンのひとつに個人的には入ります。
これはまた来ないと。美味しかったです。ごちそうさまでした。

325- 002-1

麺屋 はなび 緑店
愛知県名古屋市緑区鳴海町丸内17
11:30~14:00 18:00~22:00(L.O.10分前)
月曜日・第2火曜日休み
TEL:052-624-2002
麺屋はなび 公式サイト http://menya-hanabi.com/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/n-allstars81/

Posted by くまお
comment:3   trackback:0
[はなび(緑)
ラーメン 萬来亭(名古屋市緑区)4
306- 008-1

306- 011-1
ラーメン並 600円(たまご4個+50円)

本家は久々に来ました。2年ぶりぐらいかな?緑区の“宝”萬来亭さんにおじゃましました。
昼イチで伺ったんですが、開店数十分前から行列も出来ていたりと相変わらずの人気ですね!
久々ということもあったので、もう一度基本の醤油味の方のラーメンをすべて普通で注文です。
トッピングはやっぱり外せないうずらの追加、今回はwithネギ丼でいただいてみました。

久しぶりに本家に来ましたが、やっぱり違う感じがしますね。スープに奥行きがありますね。
タレの醤油味は特に指定しなくても、個人的にはやや濃く感じるんですが、
そのハッキリした醤油ダレが、コクのあるクリーミーなスープを引き立ててますよね。
さらに鶏油のコクも加われば、必然的に非常にパンチのある旨味の深いスープと仕上がります。

麺も「普通」の茹で具合ですが、変わらずの短さとモチモチ加減ですね。
家系の麺は短い分、テンポ良く食べれるので自分は好きな麺です。
チャーシュー・海苔・ほうれん草も、いつもの量と質感は裏切らない安心感があります。

306- 005-1
ネギ丼小 200

茶碗ご飯に白髪ネギ、ラー油、ブラックペッパーを和えたシンプルな丼です。
家系スープは白飯も合いますが、ネギ丼も間違いの無い好相性なごはんものですね。

次から次へとお客さんが訪れる人気ぶりは流石の貫禄です。
実は萬来亭さんは、本家吉村家系の家系ラーメンとは一線を画した亜流の家系なんですが、
名古屋地区での「家系」=「萬来亭の味」という認識になった功績はやっぱり大きいですね。
結局のところ、名古屋家系の基準となる味ですし、その基準に相応しいラーメンという事実ですね。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

306- 014-1
ラーメン 萬来亭
愛知県名古屋市緑区作の山町230番地 メゾン作の山1F
月曜・第2日曜日定休
(平日)11:30~14:00 18:00~23:00
(土曜)11:30~15:00 18:00~23:00
(日祝)11:30~15:00 18:00~22:00(いずれもL.O.)
TEL:052-892-1110
萬来亭HP http://homepage3.nifty.com/banraitei/

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[萬来亭
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。