結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
中華そば はる樹(春日井市)
336- 025-1

336- 029-1
中華そば 600円

間が開きましたが、先日のありがた屋さんに続く春日井シリーズ第二弾、
はる樹さんへおじゃましました。ここは今までご縁がなく、初めての訪問になります。
高山ラーメンに独自のアイデアを加えた「中華そば」が看板メニューですが、
シンプルな中華そば以外にも、「台湾そば」「ごまそば」などのアレンジ物や、
スープの違う濃厚魚介系の「濃厚だしそば」や「つけそば」などもありラインナップは豊富です。
濃厚系も気になりましたが、やはり看板の“高山系”中華そばをいただきました。

チャーシューとメンマに、今風なラーメンらしい存在感を見せつつも、
香り立つ節の風味、合間に覗く独特なイレギュラー形状の細縮れ麺は、
まさにPOPいわく「高山ラーメンの進化系」というルックスです。

高山ラーメンの個人的なイメージよりも色濃いブラックスープは、
岐阜の山川醸造さんのたまりを使用していて、その色によるものです。
山川醸造さんはたまり醤油の専門醸造所で、「アイスクリームにかける醤油」という
人気商品もあるなど、色の濃さやコクの強さの割にマイルドな味わいなのが特徴のようで、
こちらのスープも色からのイメージとは全く違うと言っていいほど、
塩もキツくなく丸みのある飲みやすいスープでした。
野菜をふんだんに使われているのも高山らしく、タマネギ等の甘みも感じられる優しいスープです。

合わせる麺は前述の通り、高山らしい縮れ麺です。
スープを拾いやすい麺なので、味の濃さによっては必要以上に伝わってしまうんですが、
スープがマイルドなので丁度良いバランスですね。レトロ感も出ていて雰囲気も味わえる麺です。
一方具材は、進化系と名乗るだけの存在感がありましたね。
チャーシューは肉厚で柔らかく旨味たっぷり、ご飯が食べたくなるチャーシューです。
メンマもコリコリの強い主張を出していました。

「食べログで話題のお店」のステッカーもありましたが、そこからも示す通り、
メニューの豊富さも含め、幅広い層に支持を受けてるんでしょうね。
高山ラーメンへのリスペクトと温故知新の精神を感じる、好きなタイプの中華そばでした。
春日井は訪問回数と、食べたいラーメンの数が全然合わないのが悩ましい所ですが、
近いうちは難しくとも、またいずれは訪れたいお店です。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

336- 030-1

中華そば はる樹
愛知県春日井市柏原町5-312
11:30~14:30 17:30~21:00
木曜定休
TEL:0568-56-8301
公式ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/kasugaiharuki


スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:5   trackback:0
[春日井市
らぅめん考房 ありがた屋(春日井市)2
336- 018-1

336- 021-3
しょうゆらぅめん 700円

自家製麺にリニューアルしてから一度は伺いたいなと思いつつ、今回の訪問となりました。
春日井のありがた屋さん、いつ以来かなと調べたら実に4年近くぶりですね。
今回はまぜそば達には目もくれず、狙いは完全無化調の淡麗系「らぅめん」です。
この日の曜日限定は追い煮干しで、どうしようかなと迷ったんですが、
やはりここはシンプルに、お店の看板メニューの「しょうゆらぅめん」をいただきました。

スープを一口いただいて、デフォルトのしょうゆらぅめんで正解だったかなって思いました。
煮干は追わなくても使われてるんですね。節類だけではない重層感のある魚介の風味が伝わります。
ベースとなる動物系は豚も使われてるようですが、中心は丸鶏のようですね。
ふくよかな素材の特徴を捉えつつも、無化調と思えないほど、旨味がストレートに来ますね。
カエシのしょうゆも存在感ありますし、じんわり味わう旨味というよりは、
比較的レスポンスの早いタイプのスープですね。冒頭からMAX近く旨い!と感じられるスープです。

合わせる麺は自家製麺です。この自家製麺をいただきたかったんです。
細めのストレート麺ですが、細麺とは思えないようなコシというか弾力があります。
麺肌は滑らかで、噛めばほんのり甘い風味を感じられます。
具材も流石ですね。チャーシューも大判で厚みもあります。
箸で切れる柔らかさと、噛んで味わう肉の醍醐味が両方備わったチャーシューです。
メンマは穂先ですね。このメンマも噛むと甘みがあるんですよね。
2本じゃ足りないと思えるほど上質な、シャクシャク食感の穂先メンマでした。

肩肘張らないシンプルな美味しさのラーメンに、生まれ変わったスタイリッシュな店内、
女性にはアイスクリームのサービスなど、以前に増して女性にオススメ度の高いお店となりました。
近くなら嫁さんを連れて定期的におじゃましたいお店です。
春日井は選択肢が多く、行き先に迷うんですが、また女性連れでの再訪を誓いたいと思います(笑)
美味しかったです。ごちそうさまでした。

336- 015-1

らぅめん考房 ありがた屋
愛知県春日井市小野町4-123
11:30~14:00 18:00~21:00
月曜夜・火曜休み
TEL:0568-84-5321
公式ブログ http://ameblo.jp/veryspecial/

Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[春日井市
らーめん まぜそば てっぺん 春日井店
331- 005-1

331- 006-1

331- 010-1
まぜそば 800円 (大盛+100円)

JR中央本線春日井駅近くのてっぺんさんにおじゃましました。北区も含めて初てっぺんさんです。
ご存知「はなび」さんから独立したてっぺんさんの二号店ということで、
出身店を踏襲したラーメン&まぜそばのメニュー構成、プラスオリジナルメニューという構成です。
はなびさんでは「キミスタ」が近いのかな。てっぺんさんデフォのまぜそばをいただきました。

あらかじめ麺はタレに和えられてるので、ベースの味をいただけばこれだけで旨味は十分です。
さらに卵黄・魚粉などをよく混ぜ込んでいただけば、むしろ旨味過多な位に舌に味が乗りますね。
そこに追い打ちを掛けるように、唐辛子とブラックペッパーの刺激が時間差でやってきます。
「干しエビ干し貝柱の風味が際立つ」という触れ込みでしたが、
個人的印象としては、海老や貝柱云々というより後のせの旨味と辛味の印象が強かったです。

具材はルーツも含めて、ガッツリ系のまぜそばにしてはライトな部類ですかね。
角切りのチャーシューは食べやすい一口サイズで、
混ぜて食べるというよりは、麺と麺の合間の楽しみとしていただけます。
適度な歯応えを残しつつも、すっと噛み切れる柔らかさがあります。美味しいですね。
青いものはニラは入らずに水菜と青ネギですから、その辺は女性向きな印象ですね。
海苔こそは風味のワンポイントとなりますが、青物は彩りと食感アクセントの意味合いが強いかな。
モチモチした食感の太麺はタレの粘度も合わさって、しっかりと味が乗るので食べやすいですね。

最後にサービスの追い飯をいただいて、残ったタレもキレイに完食です。
最近はどうしてもな時を除いては、リスクを避ける為NOニンニクでまぜそば系をいただいてます。
なので、ニンニクなしで満足出来るまぜそば探しは近年のテーマなんですよね。
その点こちらのまぜそばは、麺を食べさせるパンチという意味では、
ニンニク入れなくても必要十分ではありました。
春日井はあまりご縁のない地域なんですが、こちらのお店は独自メニューが充実しているので、
また訪問の機会があれば色々試してみたいですね。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

331- 002-1

らーめん まぜそば てっぺん 春日井店
愛知県春日井市上条町1-27
11:00~14:00 18:00~22:00 ※スープが切れ次第終了
火曜定休
TEL:0568-56-1020
関連ブログ http://ameblo.jp/teppen-imo/
※4/4まで臨時休業

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[春日井市
麺者 すぐれ(春日井市)
171- 004-1

171- 005-1
白のつけめん 750円(麺1.5倍+50円)

用事があって春日井までやって参りました。
ここまで来ると色々行きたい店があって迷うんですが、どうせなら未訪店ということで
麺者すぐれさんにおじゃましました。オシャレなお店ですね。
昨年末のオープンだそうですが、この日もたくさんのお客さんで賑わってました。
つけめんだけでも種類が豊富で迷いましたが、基本の「白のつけめん」をいただきました。

「白のつけめん」の白は、つけ汁がカプチーノ仕立てになってまして、
その泡の色からくる「白」な訳です。なので口当たりは柔らかくとてもクリーミーですね。
手鍋で一杯ずつ温められたつけ汁は、動物系・特に豚の濃厚な出汁が出ています。
やや酸味も強く効いていますが、タレも控えめであくまで動物中心のストレートなつけ汁です。
濃厚ですが、好みからいくともう少し魚介の風味が効いてるほうが好きかな。
カプチーノ仕立てだからなのか、若干つけ汁が冷めるのが早いのも気になるところです。

合わさる麺は、どこかのつけ麺店で見たことがあるような汎用性の高い麺です。
表面がツルっとしてるので、比較的多めにつけたほうが味が乗りやすいですね。
メンマやチャーシューなどのトッピングは汁の中に沈んでいます。
チャーシューはつけ麺にしては珍しいロールタイプです。
箸で取ればホロホロと崩れる柔らかさで、旨味も十分美味しいチャーシューです。
つけ汁の中の玉ねぎも某店と同様、アクセントとしては良いアイテムです。

動物系の濃度は、濃厚つけ麺としては文句なしの濃度ですね。
あとは食べ手のカスタマイズも含め、味のアクセントをどう付けるかなのかな。
つけ麺も種類が豊富で、魚介の効いたつけ麺もあるようなのでそちらも試してみたいですね。
焼き盛りもあるみたいだし、機会があればまたそちらも。ごちそうさまでした。

171- 001-1
麺者 すぐれ
春日井市東野町2-1-24
11:30~14:00 18:00~22:00
火曜・第3水曜定休
TEL:0568-29-7998

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[春日井市
麺和 智勇(春日井市)

智勇つけ麺 750円(大盛+100円)

PICT0013-67.jpg PICT0014-67.jpg

最近、名古屋市東部方面によく来るので、ちょっと足を伸ばしてこちらへ。
春日井は高蔵寺の麺和智勇さんにおじゃましました。

このお店は同じく春日井の「楽喜」さんと、大府の「晴レル屋」さんのコラボ店で、
濃厚かつすっきりな鶏白湯の出汁をウリにしたお店でございます。
確かオープン当初は、らーめんonlyだったはずですが、
つけ麺があったので、そちらを麺大盛でいただきました。

見た目の第一印象は、麺丼のトッピングが「晴れやか」さんに似てますね。
「晴レル屋」さんのコラボ店と直系店ですから、似てて当たり前なんですけど
チャーシューが薄切り大判のロース肉という点以外はほぼ一緒です。
このチャーシューはあまりお見かけしないタイプですけど、
想像よりもずっと柔らかくジューシーで、美味しかったですよ。
味は薄味で、不思議と高級感を感じるチャーシューでした。

絡む麺は若干硬めの印象で、かなり咀嚼が必要な噛み応えのある麺ですね。
しかし麺肌がつるつるなので、粘度の少ないこの鶏白湯つけ汁にはさらっと絡みます。

つけ汁のほうは、黒白2色のごまが散らばってて色も濃い目ですが
タレの味自体はそんなに濃くなく、油も含めて鶏の甘味はよく出てます。
魚介は思ったよりそんなに出てなくて、酸味と辛味もそこそこ効いてました。
で、ここでこの智勇さんの特徴である3種類の魚粉が登場ですが、
かつお・にぼし・さばとあったので、ちょっとずつなめた結果、結局全部投入!
これは特定の好き嫌いとかなければ、全部入れた方が味に深みが出ていいと思いますよ。
結果的に風味と口当たりのスッキリ感が増して、さらに好みの味になりました。

まぁ、私の場合ホームエリアに「晴れやか」さんがあるので
わざわざこちらまで足を運ぶことはないんですけど、
数少ない鶏白湯専門店として貴重なお店のひとつですので、
これからも系列店や麺友会の皆さんと切磋琢磨して美味しいらーめんをお願いします。
またそちらの近くに行ったらおじゃまします。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

PICT0009-67.jpg PICT0015-67.jpg
麺和 智勇
春日井市白山町6-1-4
11:30~14:00 18:00~22:00(スープがなくなり次第終了)
火曜定休
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[春日井市
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。