結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
つけめん まぜそば 麺喰(尾張旭市)
218- 013-1

218- 015-1
つけめん醤油(麺270g) 790円

ちょっと足を伸ばして、先月オープンの尾張旭の麺喰(めんばみ)さんへおじゃましました。
清潔ながらも家庭的な雰囲気のお店です。カウンターに加え、テーブル席に座敷と
ゆったりとした作りになっています。温かいおしぼりのサービスも嬉しいですね。
店主さんは岐阜関の名店白神さんで、お店を任せられていた方。実力は確かです。
つけ麺は普通盛りで180gの麺量で、大盛270gまで増量は無料というこちらも嬉しい設定です。
麺は出身の白神さんから取り寄せですので、当然大盛のほうでいただきました。
白神さんの自家製麺は定評ありますからね。

つけ汁はいわゆる流行の濃厚魚介豚骨系のものですが、随所にオリジナリティが見られますね。
醤油はたまり醤油を使用しているようで、醤油感というか香りがまず違いますね。
他店ではあまり見られない、しっかりした醤油の芳ばしい香りがあります。
かといって風味ほどの醤油辛さがあるわけではなく、ほど良い塩梅で、
魚介系出汁が前面に出たスッキリした味わいとなっています。

合わさる麺は反則的にウマイですね(笑)白く透き通った見た目にも美しい麺です。
つやつやでツルツルの麺肌は、啜ればスルスルっと口に収まっていき、
噛めばモチっとした食感から素材の風味が楽しめます。素で食べれば甘みすら感じられますよ。
チャーシューもまたこれ面白い味付けですね。複数の香辛料が使われてる味…五香粉ですか?
花椒・桂皮(シナモン)・八角など、肉の中まで独特な中華系香辛料の風味が浸透しています。
好みは分かれるかもしれませんが、独創性があって私は好きですね。
小ぶりなチャーシューなんですけど、その風味で余りある存在感がありました。

最後はスープ割りで〆させていただきました。
和出汁はもちろん動物系でも割ってもらえるので、動物系のほうでお願いしてみましたが、
これがまた美味しいですね。スープ割りで豚骨の濃度がハッキリわかるという新体験でした。
この動物スープオンリーでも、すぐに濃厚ラーメンが出来るぐらいの出来ですよ。
スープ割りなのに、底には骨粉が砂のように残ります。骨まで旨味を溶かしこんだ証ですね。

これなら間違いなく人気店になりますよね。全てがハイレベルのつけ麺でした。
店主さんもはじめてお会いしたんですが、人柄がにじみ出てる優しそうな店主さんですね。
お店のサービス随所にも、店主さんの優しさが出てましたよ。
ショップカードをわざわざ手渡しでいただくのも、新鮮なことで嬉しかったです。
名古屋近郊の方はもちろんですが、三河からでも十分プチ遠征として行く価値はあるお店ですよ。
簡単に行かないエリアなんですが、また再訪を誓って…美味しかったです!ごちそうさまでした。

218- 009-1
つけめん まぜそば 麺喰(めんばみ)
愛知県尾張旭市瀬戸川町2-83
11:00~14:00 18:00~21:00
火曜定休
TEL:0561-54-1223

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:1
[尾張旭市
博多らーめん 得道(尾張旭市)(2)

焼き玉つけめん ヤマト3号麺 750円(大盛+100円)

PICT0003-68.jpg PICT0004-68.jpg

名古屋市東部シリーズ・今回は尾張旭の得道さんへ。
この日は遅くなってしまったんですが、23時まで開いてるのが有難いです。
最近つけ麺ばかり食べてるような気がしますが、やっぱり今日もつけ麺を。
麺は平太のヤマト3号麺・太ちぢれの7号麺・うどん風の8号麺と選べますが
今回は平太のヤマト3号麺でいただきました。

このお店は、店主さんが元ラーメンフリークということもあって
とにかく個性的で、マニアックなラーメンを提供してくれます。
このつけ麺も例外に漏れずで、なかなかやってくれてます(笑)。
この麺ですけど・・・、なんでしょうね、この硬さは(^^;)。
コシというより、芯のある硬さですね。はっきり言ってかたいです。
少しずつ入れないと口の中で噛み切れないほどです。
これは好み分かれるかなぁ。。。個人的にはもう少し柔らかくていいような。。。
でも、某有名店の味噌煮込みうどんをはじめて食べた時も「かたっ!」って
思いましたが、慣れるとハマる硬さなのかもしれないですね。

つけ汁のほうは、濃度はそこそこ魚介も出てるんですが、麺が強すぎて
麺に少々負けてるような印象ですね。
一味やスパイスの引き締めが強くて、その辺が食べる原動力となりました。
つけ汁の中には、ノーマルで大き目のゴロっとしたチャーシューというか
肉が入りますが、これは大きさは嬉しいんだけど味が抜けてまして
ダシの一部として考えた方がいいのかな。値段も値段だし文句は言えないです。

それから得道さんは、この辺では焼き玉を導入した元祖にもなりますが
つけ汁が冷めてきた時に、再沸騰して香ばしさもプラスしてくれる
焼き玉はここのつけ麺には欠かせないアイテムですね。
焼き玉のおかげで勢いを増したつけ汁で、最後までキレイにいただきました。

なかなか来れないんですけど、STO・つけ麺ときたので
次はさらに極太麺でまぜそばもいいですね。ごちそうさまでした。

PICT0009-20.jpg
博多らーめん 得道
尾張旭市東本地ヶ原町2-137 コスミック東光1F
11:30~14:30 18:00~23:00 (日祝:~21:30)
火曜定休

博多らーめん 得道(1)「STO(全部のせ)」
Posted by くまお
comment:8   trackback:0
[得道
博多らーめん 得道(尾張旭市)
PICT0001-20.jpg
STO(全部のせ) 950円 (替玉+100円)

PICT0004-20.jpg PICT0009-20.jpg

[5/4夜の部]
やってきたのは尾張旭の得道さん。やっとの思いの初訪問です。
名古屋のラーメンフリークなら知らない人はいない、マニア心をくすぐるお店でございます。
これを食べずして得道を語れないという、看板メニュー「STO」をいただきました。
ちなみに「STO」とは、「スペシャル・とんこつ・おさかな」「魚・豚骨・王(?)」など
諸説有ります(笑)。

表面に膜が張るほどの見るからに濃厚醤油豚骨スープです。
その上にもう一つの主役魚香油が加わります。
この主張の強いとんこつと魚香油が、食べ進めて行くにつれ
どんどん一体化した旨味になっていきます。
そして一味がこの旨味をさらに引き締めてくれます。
今流行りの魚介豚骨とは、似て非なりのオリジナリティを感じます。

軽くソテーしてあるというチャーシューはトロっとした食感!美味いです!
きざみ玉ねぎもネギとの違いが感じられて面白いです。
そして麺。この麺はプリプリして、妙に真っ直ぐな平打ち麺で
良い意味であんまりラーメンの麺っぽくない特殊な麺ですね。

替玉は違いを感じる意味で、博多ラーメン用の細麺をチョイスで2杯目。
個人的はこっちの麺の方が好みかなぁ。。。
こればっかりは好みなんで、ぜひ替玉で2度楽しんでください。
ごはんをスープにぶち込むというのもお店では推奨してるみたいなので
シメはそれでもよさそうですね。これも好みです。

この店はこの辺のまぜそばの元祖でもあるし、
つけ麺もつけ汁が冷めないように焼き玉を導入するなど
とにかくもうアイデア満載!
お客を必ずリピーターにさせてしまう魔力が得道さんにはあります。
近かったら通いまくるんでしょうけどねー。(^^)
美味しかったです。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ応援よろしくお願いします。
Posted by くまお
comment:6   trackback:0
[得道
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。