結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 久兵衛(高浜市)12
319- 025-1

319- 028-1

319- 030-1
キーマカレーまぜそば 780円(秋の限定麺)

秋の新限定メニューが始まっていると聞き、高浜の久兵衛さんにおじゃましました。
現在の限定はまぜそば3種。「台湾」と「キーマカレー」と夜限定の「白い」まぜそばです。
その中でも気になっていた、「キーマカレーまぜそば」をいただきました。

ミンチ、温玉、水菜にカットされた厚みのある一枚肉のチャーシューが載るビジュアルは、
他の久兵衛さんのまぜそば等にも共通するルックスですね。安心感があります。
あらかじめカレー味のオイルで和えられている麺を、しっかりキーマミンチに絡めていただけば、
いい意味で意外性を感じるのはキーマカレーの「辛さ」です。しっかりとした辛味があります。
食べ進めると、身体が温まってくるほどですね。でも、どこかしら優しい雰囲気なのが久兵衛風。
本格的なスパイシーキーマというより、日本人向けアレンジの家庭的なカレーミンチの印象です。

そして、このキーマミンチの中に含まれているナッツ!これが最高の相性とアクセントですね!
ナッツの正体はアーモンドです。不揃いな大きさのアーモンドがたくさん入っています。
おそらく粒アーモンドを砕いて、キーマカレーに混ぜてあるんだと思いますが、
この大きさが不揃いなのがいいです!一粒ごとにそれぞれ異なったアクセントを与えてくれます。

大きくカットされたチャーシューは、相変わらずの箸で崩れるほどの柔らかさですね。
箸で切れるので、細かく切って麺に混ぜ込んでしまうのも良し、
一切れずつ楽しみながらつまむのも良し、の久兵衛さん自慢のチャーシューです。
良い意味で、あか抜けない素朴な印象が好きですね。

ランチタイムはB-1でも活躍中の高浜名物「とりめし」と、「十穀米」どちらかが選べますが、
まぜそばに限っては是非「十穀米」をオススメします。ごはんとの相性は言わずもがなです。

台湾系ならともかくカレー系でもしっかりとした辛さだったのが、意外と言えば意外でしたが、
辛味を持ちながらもそこは食べやすく仕上げてあるのは、やっぱり流石久兵衛さんですね。
そしてアーモンド。これが入ると入らないじゃ全然違った印象になったと思います。
そこをチョイスした店主さんのセンスが好きです(^^)v
美味しかったです。ごちそうさまでした。

319- 032-1
麺屋 久兵衛
愛知県高浜市稗田町3-2-32
11:00~14:30 17:30~22:00(LO 21:30)
火曜日・第3月曜日休み
TEL:0566-87-9882

【お知らせ】
11/16,17,18の3日間は、久兵衛さん2周年を記念して「限定麺祭り」が開催されます。
この日限りのレアな限定麺が登場予定です。久兵衛さんファンの方は是非!

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[久兵衛
つけ麺・ラーメン 五十五番 高浜店 2
301- 033-1

301- 035-1
濃厚三種のチーズまぜそば 850円

特に目的はなかったんですが、何となく高浜の五十五番さんにおじゃましました。
鯛だしのラーメンでも食べようと思ったんですが、味変化アイテムのあの容器を見て、
そういえば55系でまぜそばあまり食べたことなかったなと思い、チーズまぜそばを注文しました。
ちなみにまぜそばはノーマルと台湾、冷やし台湾、濃厚チーズの4種類ありました。

3種類のチーズは、上に降りかかるチェダー以外は何のチーズかはよく分かりませんが、
箸を入れて返せば、むせ返るようなチーズの香りが漂います。
上のチーズは素早く混ぜないと溶けにくそうですので、何とか先に混ぜ込むほうがよさそうです。
そんなにタレが強いわけではなく、味は完全にチーズが中心となっていてとにかく濃厚です。
まさにチーズ好きによる、チーズ好きのためのまぜそばですね、

味変化のアイテムは、プラスチックの容器で麺と同時に提供されるのが、
ブラックペッパー、山椒、カレー粉、マヨネーズの4種類です。
さらに卓上のおろしニンニクや唐辛子、かぼす汁等で好みの味を探していくのが55スタイルです。
とりあえずこのチーズまぜそばに鉄板なのはブラックペッパーですね。すぐ多めに投入しました。
他は少し慎重になりましたね。山椒やニンニクはデフォか台湾のほうが合うと思います。
チーズが濃いのでサッパリしたくなると思うんですが、かぼす汁で多少サッパリするかな。

最後にカレー粉を入れて、味を完全に変化させての完食です。
麺は安定感抜群の、毎度おなじみ林製麺さんの極太麺ですので、
あとはアイテム次第でどうにでもなる一杯かなという印象です。
カルボナーラでもそうですが、こういう濃厚なのは最初がMAXに美味しくて、
後半どうしても飽きてくるので、アイテムでどうしのぐかがポイントですね(^^;)
大盛無料ですが、普通盛ぐらいのほうがダレずに食べれるかもしれませんね。
とにかく無類のチーズ好きという方にオススメします。ごちそうさまでした。

301- 036-1
つけ麺・ラーメン 五十五番 高浜店
愛知県高浜市神明町1-10-5
[月~金] 11:00~15:00 17:00~23:30
[土・日・祝] 11:00~16:30 17:00~23:30
第1月曜日休み
TEL:0566-91-1815

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[高浜市
麺屋 久兵衛(高浜市)11
302- 027-1

302- 028-1
冷やしラーメン 780円(夏の限定麺)

去年の総括でも挙げさせていただいた、お気に入りの「冷やしラーメン」を
今年もいただきに、高浜の久兵衛さんにおじゃましました。
もちろん、ランチタイムサービスの「とりめし」を付けての注文です。

昨年の印象とほぼ変わらないかな。(昨年の記事はこちらから
相変わらずの鶏出汁がストレートに効いた冷製スープですね。
冷たいラーメンは、魚介出汁中心の組み立てとなるケースが多いんですが、
久兵衛さんの冷やしの主役はあくまでも鶏出汁です。例の鶏白湯&鶏清湯のW鶏スープですね。
その自慢のW鶏スープに、むしろ温かいスープよりも強いんじゃないかという魚介出汁が、
鶏出汁との重なりで、より深く双方の旨味を押し出している印象です。
若干味が濃い目ですが、冷やしならば許容範囲内でしょう。キリっとした飲み口のスープです。
散らしてある粒胡麻の香ばしい風味も、スープと相性が良く引き立ちますね。

合わせる麺は中細のストレート麺です。よく締められていてシコシコとした食感が楽しめます。
ここのチャーシューは脂が結構あるんですが、これが冷やしで食べても意外と気にならないです。
鶏出汁の甘みがよく出ているスープなので、脂の甘みが違和感なく入るのかもしれませんね。
太くても適度な柔らかさを持つメンマに、上質な卵の味玉も間違いのない美味しさです。

冷たくても基本の味の構成が変わらないというのが、久兵衛さんの冷やしの特徴ですね。
という事は、久兵衛のラーメンが好きならば、冷やしもほぼ確実に好きになるということですね。
そしてどちらも間違いないのは、サイドメニュー高浜名物「とりめし」との相性の良さです。
暑い夏は冷やしで久兵衛自慢の鶏スープを、同じく自慢のとりめしと一緒にいただいて下さい!
美味しかったです。ごちそうさまでした。

302- 025-1
麺屋 久兵衛
愛知県高浜市稗田町3-2-32
11:00~14:30 17:30~22:00(LO 21:30)
火曜日・第3月曜日休み
TEL:0566-87-9882

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[久兵衛
麺屋 久兵衛(高浜市)10
300- 003-1

300- 005-1
担々麺 780円 (平日夜限定・冷やし提供期間中はお休み)

平日夜限定の担々麺を求めて、高浜の久兵衛さんにおじゃましました。
もうすぐ始まりそうな「冷やしラーメン」と限定入れ替わりみたいですが、間に合いましたね。
キャッチコピーは「胡麻のコクと辛ミンチのキレ」。
久兵衛さん自慢の優しい鶏スープが、担々麺だとどういう感じになるのか楽しみにしてました。

登場してきたドンブリを見て、思わずニヤッと笑ってしまいました。
以前いただいた久兵衛さんの「台湾ラーメン」とそっくりなビジュアルなんですよね。
そして一口いただいての感想は、ある意味第一印象通りでした。
敢えて簡単な表現をさせていただくと、久兵衛流「胡麻台湾」ですね(^^;)
スープの表面に層を成しているラー油は、思ったより辛味もありパンチがあります。
胡麻は効いてはいるんですが、すり胡麻の印象が強くて甘みはそれほど強くないですね。
なので胡麻のマイルドさより、辛ミンチとラー油の辛味のほうが勝っている印象です。

麺や具材も「台湾」とほぼ同じですね。ミンチも「台湾」で使われているものと同じです。
それでもチャーシューやメンマが、レギュラーと同じボリュームで載ってくるのは嬉しいですね。
チャーシューも柔らかく大判でしたし、メンマもゴリゴリで食べ応えがありました。

300- 001-1

もちろん辛味のあるこちらのラーメンにも、高浜名物とりめしはお供させるべきでしょう!
とりめしの優しい甘みが、刺激された舌を優しく癒してくれますよ。

「胡麻台湾」と表現しましたが、個人的な感想としては「台湾風の担々麺」というよりは、
台湾よりな「担々風の台湾ラーメン(久兵衛流)」という印象でしたね。
以前いただいた久兵衛流台湾との比較だと、胡麻テイストでまろやかさはありますが、
胡麻でスープがマスキングされてる分だけ、お店本来のスープを感じにくくはありました。
なかなか両立は難しいということですかね(^^;)
逆に言えば普段のスープは優し過ぎるかなと思われる方には、パンチがある分良いかと思います。
夏期は冷やし優先でこちらはお休みとなるようなので、気になる方はお早めにどうぞ。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

270- 006-1
麺屋 久兵衛
愛知県高浜市稗田町3-2-32
11:00~14:30 17:30~22:00(LO 21:30)
火曜日・第3月曜日休み
TEL:0566-87-9882

Posted by くまお
comment:2   trackback:1
[久兵衛
麺屋 久兵衛(高浜市)9
292- 011-1

292- 013-1
醤油ラーメン 煮干し風味 780円(GW限定)
※GW中に伺った記事になります。現在は終了してます。ご了承下さい。

ふらっと高浜の久兵衛さんに寄らせていただきました。
地道に限定麺にも意欲的に取り組まれている久兵衛さんですが、
連休中も初の二郎インスパイアなど、何種類かの限定メニューを提供されてたようです。
この日の限定麺は、この煮干し醤油ラーメンと旨辛まぜそばでしたので、前者をいただきました。

最近煮干し系のラーメンが流行ってますが、久兵衛さんでは初の煮干し系になるのかな。
レギュラーでは鰹の風味が特徴ですが、こちらはその風味がそっくり煮干に変わった印象ですね。
煮干しの風味はあくまで鶏ベースの動物スープをフォローしている役割で、
それはレギュラーラーメンの鰹が担っている役割と変わらないですね。

麺はレギュラーと同じ太陽食品さんの中細麺です。太めの麺に変えてもいいかなとは思いますが、
このスープも優しい口当たりなので、スルスルと入るこの麺でも相性はいいですね。
トッピングの中で特徴的なのは干し海老ですね。
干し海老の香りは強く、煮干の風味を凌駕するほどなので、好みは分かれるかも。
ワカメも入っているので、魚介系の味の重なりを感じることは出来ます。
その反面干し海老が入ることで、煮干しの風味が感じにくくなりますので、
煮干LOVEの方には、海老は要らないと感じるかもしれないですね。

二郎インスパイアも含め、今回の限定麺は短期間ということもあって、
今後の展開に向けての、プロトタイプ的な意味合いもあると思いますので、
またこれがどういう形で、今後に活かされていくのか楽しみにしたいと思います。
煮干は好きな方多いんで、良い形でロングラン提供されればいいですね。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

270- 006-1
麺屋 久兵衛
愛知県高浜市稗田町3-2-32
11:00~14:30 17:30~22:00(LO 21:30)
火曜日・第3月曜日休み
TEL:0566-87-9882

Posted by くまお
comment:2   trackback:1
[久兵衛
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。