結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
玉響 高浜店 6
223- 007-1

223- 008-1
冷つけ麺 鶏ももの生姜焼きご飯セット 950円

涼を求めて高浜の玉響さんにおじゃましました。
自分の中でここ数年玉響さんの夏といえば、「黒ごま黒助」が定番となりつつあるんですが、
まだ今年の夏は長そうなので、ひとまず今回は冷たいつけ麺をいただいてみました。
ちなみにこちらの「冷つけ麺」は通年メニューなのでいつでもいただくことが出来ますよ。

薬味のフタを取るのを忘れてしまいましたが、つけ汁は琥珀色の塩味ベースとなっています。
和出汁ではなく動物系清湯スープが基本となっていて、胡麻油の効いたオイリーな仕立てです。
さらにつけ汁の中にはすり胡麻と粒胡麻が散らしてあって、シャリっとした食感も楽しめます。

麺は細めの縮れ麺でツルっとした喉越しの良さが特徴です。
冷たくシメてあるもののカチっとした固さはなく、麺には程よい柔らかさが残っています。
食べやすい麺ですね。スープの絡みも良くて、まさにちょこっと付けてツルツルっと啜る、
“ざるそば”のように食べることが出来るつけ麺です。
薬味も和の趣を感じるラインナップですね。ネギにわさび、大根おろし、生海苔、梅肉と、
少しずつ入れながら変化を楽しむ、通好みな薬味類です。

223- 009-1

セットの「鶏ももの生姜焼きご飯」は玉響さんっぽくないと言えば語弊があるかもしれませんが、
甘辛でしっかりとした濃い味付けの家庭的な味のご飯ものです。生姜が利いてますね。
繊細なつけ麺との相性は微妙な気もしますが、つけ麺だけではボリュームの点で欠けるので、
しっかりと食べたい方にはオススメのセットだと思います。
鶏肉も上質で、プリプリとした食感が楽しめる美味しい鶏でした。

「冷つけ麺」はつけ汁もそば猪口に入ってますし、完全な和のざるそば仕様ですが、
動物系清湯つけ汁とピカピカの中華麺で、敢えてラーメンの趣を感じさせてくれる、
玉響さんらしい粋なつけ麺でした。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

223- 011-1
玉響 高浜店
高浜市神明町1丁目13-11
11:00~14:30 17:00~21:00
水曜定休
TEL:0566-53-8772
公式ブログ「玉響のブログ~たまブロ!~」

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[玉響(高浜)
玉響 高浜店5
181- 020-1

181- 022-1
カレーら~めん 800円

お昼に夫婦2人で食事をする時間が出来たので、
今回は珍しく奥さんからのリクエストで、高浜の玉響さんにおじゃましました。
玉響さんといえば「竹燻製麺」に代表されるあっさり系が主流で、
妻の目当てもそちらなんですが、私自身は特にお目当ても無かったので、
ちょっと変化球で未食の「カレーらーめん」をいただくことにしました。
調理過程からは、カレーのいい匂いが立ち込めて食欲をそそられます。

出てきた一杯はカレーでも、見た目からして「らしさ」が垣間見えますね。お上品です。
スープは若干トロミが付いていて、一見重そうにも見えるんですが、
さすがは玉響の純度100%スープがベースとなってるだけあって、
カレーなのに、非常に軽やかなスッキリとしたスープに仕上がってました。
和出汁の利かせ方も奥ゆかしいというか、前面に持ってこない使い方なので、
スッキリとしつつも、カレーうどんとの差別化を図ってるように思われるスープです。
辛さも抑えてあるので、これなら辛いのが苦手な方でも全然大丈夫ですよ。

一方合わせる麺は、中太のストレート麺です。スープのトロミが麺によく絡みます。
ミンチも細かめのミンチで味付けも控えめです。品の良さを損なわないトッピングですね。
「ぶぶあられ」は、さすがにここでは存在感を示すことは難しいですが、
これが入らないと「玉響」のらーめんじゃないんですよねー、やっぱり。

カレーという飛び道具を使用しても「らしさ」が失われないというのは、
やっぱり基本となるスープの完成度の高さなんでしょうね。安心して食べられます。
そして何より落ち着いて食事が出来る、数少ない貴重なラーメン店ですよね。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

181- 017-1

【おまけ】サイドメニューの「焼き小龍包」スープがジュワっと!美味しかったです。

168- 026-1
玉響 高浜店
高浜市神明町1丁目13-11
11:00~14:30 17:00~21:00
水曜定休
TEL:0566-53-8772
※年末は12/28まで、年始は1/3から営業されます
公式ブログ「玉響のブログ~たまブロ!~」

<To:なつめさん>評判のトイレやっと体験できました(笑)素敵なトイレでした(^^)

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[玉響(高浜)
玉響 高浜店4
168- 024-1

168- 021-1
木の子とほっけの塩らーめん 950円(季節限定メニュー)

秋の新作が出来たという情報を聞き、高浜の玉響さんへおじゃましました。
庭木もほんのり秋の装いですね。外観からも四季を感じられる風情のあるお店です。
今回のt-wangのラーメン特集でも載ってるんですが、取材後色々と試行錯誤されたようで、
取り上げられたものからは、具材が別皿提供になる等かなりの仕様変更となってました。

ベースとなるのはこちらの看板メニュー「竹燻製麺」の透き通った塩スープです。
鶏の洗練された柔らかい旨味と、カツオを中心とした魚介の上品な風味が味わえるスープです。
スープの丼に入るものは、あおさ海苔・あられ・ブラックペッパーの3種のみです。
シンプルですが個性的な面々ですね。各々に風味・食感・辛味と面白い存在感を示しています。

これだけでも十分に「塩らーめん」として成立しているので、
別皿提供の具材をどうやって食べようか非常に迷いましたが、
少しつまんで素の具材の味も楽しみつつ、途中から投入というスタイルをとりました。
「きのこ」「ほっけ」「ねぎ」「揚げ玉」「味玉」が貝のようなお皿に盛られますが、
その中でも取り上げるべきはやっぱり「きのこ」と「ほっけ」ですね。
「きのこ」はマイタケ・シメジなどがバターソテー+マヨネーズで和えられたもので、
そのままでももちろん美味しいんですが、スープと一体になることで
いわゆる「塩バター」の風味になります。「超あっさり」からコクがかなり増しますね。
「ほっけ」は非常に脂がのっててジューシーです。当初燻してあるという情報でしたが、
燻しは多分無いですね。塩気も少なくて、魚の風味と脂のコクのみがスープに伝わっています。
元々が魚介の風味が強いので、魚の身が入ることにも全然違和感無い自然な仕上がりでした。

まぁお値段は少々張りますが、秋の味覚を感じられる玉響さんらしい一杯でした。
バターとほっけでどことなく「玉響in北海道」の雰囲気もあるのもまた面白い所ですね。
秋めいた庭の木々を愛でながら、純和風な店内で「秋」の一杯を感じるのもいかがでしょうか。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

168- 026-1
玉響 高浜店
高浜市神明町1丁目13-11
11:00~14:30 17:00~21:00
水曜定休
TEL:0566-53-8772
公式ブログ「玉響のブログ~たまブロ!~」


Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[玉響(高浜)
玉響 高浜店 3
142- 024-2

142- 027-2

142- 029-2
冷やし醤油麺 黒ごま黒助 800円

久しぶりに夏メニューが食べたくて、高浜の玉響さんへおじゃましました。
相変わらず小料理屋のような小粋な店内ですね。流れるジャズがお洒落です。
昨年に引き続いて、冷やしメニュー「黒ごま黒助」をいただきました。

ガラスの器に盛られたこちらの一杯は、実に玉響さんらしい独創的なビジュアルですね。
黒ごまと備長炭を練り込んだという麺は、真っ黒で見た目の華やかさはないのですが
非常に個性的で面白い麺ですね。細麺ながらも強いコシというか弾力性があります。
ゴマ油の効いた冷たい和だしと共にいただけば、噛むほど胡麻のコクと甘味を感じる麺です。

付け合わせもこれがまた玉響流で、随所にこだわりが見えます。
お店の方からは「徐々に入れて食べてみてください」とのお話でしたが、
中にはそのまま箸休めに食べた方がオススメなものもありました。

水菜はちょっとずつスープに浮かべて、食感と苦味を味わうのがいいですね。
大根の短冊は、特有の大根辛さは全然なくて甘味があるものなので、
ちょっとスープにつけて、シャリっと箸休めにしました。
ミンチは鶏そぼろかな。生姜の風味が効いたご飯にかけても美味しそうなそぼろです。
豆腐も豆の風味が強い美味しいとうふですね。これも箸休めに食べた方がオススメかな。
メンマも大きさ・味付け・固さ全てに「らしさ」が光るメンマです。
たまごは割としっかりした茹で具合ですね。ニンニクの醤油漬けが刺さっています。
この醤油漬けニンニクを口に含みながら、出汁をいただくのも面白いです。

上品な和出汁に、黒ごま麺とゴマ油で冷やしラーメンに仕上げてしまった斬新な一杯です。
個人的には、もう少し醤油が薄味でもいいかな。でも十分美味しいです。
暑い夏に一度は食べておきたい一杯ですね。美味しかったです。ごちそうさまでした。

今年の新メニュー、サラダ仕立ての「ぶっかけ和えそば」というものもありました。
こちらも流行に流されず己の道を貫く、玉響さんらしい創作的なビジュアルでした。
またそちらも機会があればいただいてみたいですね。

142- 022-1
玉響 高浜店
高浜市神明町1丁目13-11
11:00~14:30 17:00~21:00
水曜定休
TEL:0566-53-8772

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[玉響(高浜)
玉響 高浜店(2)

竹薫製麺 650円(大盛+100円)

PICT0011-61.jpg PICT0005-61.jpg

前回いただいた新作の冷やし麺「黒ごま黒助」が美味しかったので
久しぶりにレギュラーのらーめんも食べたくなって、
先月に続いてまた、玉響さんへおじゃましました。
いただいたのは玉響さんのメインメニュー「竹薫製麺」です。

「竹薫製麺」は、和出汁の効いた超あっさりの塩ラーメンです。
何年ぶりかに食べたんですが、印象は変わってなかったですね。
透き通るようなスープは油も控えめで、上品なおすましのような
ダシの美味しさを感じることができます。
とにかく超あっさりで、お店の雰囲気通りの品のいいラーメンです。

お店の雰囲気はちょっとした和食屋さんのような
外観もとてもラーメン屋さんには見えない造りで
特に女性にオススメしたいお店ですね。
デートなんかにもオススメですよ~。彼女きっと喜びます!

カウンターに置いてあるサイドメニューの「いなり」と「むすび菜」。
1個50円でこちらも美味しいですよ。
「いなり」は甘めのおいなりさんで、
「むすび菜」は高菜を巻いたおむすび。紀州名物「めはり寿司」と同じですね。

美味しかったです。ごちそうさまでした。

PICT0011-54.jpg
玉響 高浜店
高浜市神明町1-13-11
11:00~14:30 17:00~21:00
水曜定休
TEL:0566-53-8772

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ←応援よろしくお願いします。

玉響 高浜店(1) 「黒ごま黒助」
Posted by くまお
comment:16   trackback:0
[玉響(高浜)
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。