結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
節麺屋 つぼみ 小松店(豊橋市)
338- 013-1

338- 024-1

338- 022-1
つぼみ中華そば しお 800円

駅前で食べたのが2009年の3月ですから、実に4年以上ぶりのつぼみさんですね。
小松店のほうは初訪問になります。
駅前のつぼみさんでいただいたのはそんなに前なんですが、
今でも香りが記憶に蘇るほど、強烈に印象に残っています。
3坪の店内から香る節麺屋の屋号の通りに香る節は、当時はそれまでに経験のないものでした。
年月は過ぎ、2号店でいただく一杯はいかがでしょうか。
全部のせ版「つぼみ」の「しお」でいただきました。

ビジュアルのイメージは、四年前とそれほど変わらないですね。
イメージと違ったのは油の量かな。節を全面に出すスープにしては油は多いですね。
おかげで温度は全然冷めずに、最後まで熱々でいただくことが出来ます。
節の風味は油で閉じ込めてられてるので、麺を持ち上げることで香りが乗ってくるような印象です。

節の粒子は表面上に現れていますが、うどんそばのように直線的に節がガツンと香る訳ではなく、
あくまで動物系と油の上に重なって特徴が出てるイメージですね。
温度も含め、ある意味中華そばらしいアプローチのスープだと思います。

合わせる麺は中太ぐらいで、強くもなく柔くもないちょうど良いバランスの麺ですね。
確実に旨味や風味を拾ってくれてます。風味といえば三つ葉が入ってるんですけど、
これがさりげない和風感を出していて面白いです。
あとやっぱり特筆すべきはチャーシューですね!あまり他所で見たことないチャーシューです。
率直な印象としては、煮豚を炙りじゃなくてしっかり焼いている感じです。
トロットロの柔らかさと、炙りじゃ出ないキツネ色的な香ばしさがある、
オリジナルなチャーシューです。是非つぼみバージョンでの増量をオススメします。

4年ぶりのつぼみさんは、記憶で美化されてた部分もあったかもしれないけど、
やっぱりオンリーワンのラーメンでした。特にチャーシューは変わらず絶品ですね。
好みは別として、やはり記憶に残る一杯でした。また駅前でも食べたいな。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

338- 026-1

節麺屋 つぼみ 小松店
愛知県豊橋市小松町200-1
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0532-48-5388

☆お知らせ☆ コラボ企画「豊橋夏ラーメン祭り」開催中です!

2e199f5b.jpg

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[豊橋市
麺の亭 ささき屋(豊橋市)2
338- 003-1

338- 008-1

338- 009-1
ゆずつけ麺 800円

オープン当初以来なので約2年弱ぶりですか。そんなに経つんですね。
2回目の訪問です。豊橋二川のささき屋さんにおじゃましました。
豊橋待望の本格つけ麺が食べれるお店として、オープンしたのが2011年夏で、
以降すっかり豊橋の人気店として、積極的に地域のコラボ企画なんかも参加されています。
久しぶりなので、今回はデフォルトつけ麺の派生メニューゆずつけ麺をいただきました。

基本は変わらないという解釈で良いのかな。濃度出てますね。
非常に濃厚なまったりとした旨味があって、それを晴レル屋系つけ麺の特徴の1つ、
甘酢に+柚子が適度に濃度を抑え、食べやすくしてくれています。
ゆずが加わることで、口当たりのスッキリ感と甘酢にはない風味の爽やかさが加わります。
ちょっとしたことですけど、そこに晴レル屋系の進化を感じる部分がありました。

合わせる麺は馴染みのある太麺です。
ツヤもあるし、麺自体に甘みのある相変わらずの美味しい麺です。
固めではありますが、ガッチガチまではいかないほど良い硬さで、
噛むことによる、風味の拡がりを感じることが出来ました。
それからこちらでは、刻み海苔ではなく白胡麻が中央に散らしてあります。
風味は海苔のほうが強いですが、個人的には胡麻の方が食感が加わるので好きですね。
チャーシューは四角い物がつけ汁の中に結構入ってます。柔らかくジューシーなチャーシューです。
メンマは太いですが、しんなりした食感で見た目よりも食べやすいメンマでした。

オープンして2年近く経ち、ささき屋さんのつけ麺&ラーメンの美味しさも浸透しているようで、
次から次へとお客さんが入ってきます。
オーソドックスに旨い濃厚つけ麺を、久しぶりにいただいたなぁという気がしました。
色々な新メニューもいいけど、シンプルに旨いつけ麺が食べたくなったら、
ささき屋さんに行けば間違いないという、お店でいつまでもあってほしいなと思います。
そのためなら、豊橋まで僕はまた食べに行きます。
美味しかったです!これからも頑張ってくださいね。ごちそうさまでした。

338- 001-1

麺の亭 ささき屋
愛知県豊橋市大脇町字大脇20-42-101
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0532-41-7715
公式ブログ http://ameblo.jp/mennnoteisasakiya/

Posted by くまお
comment:0   trackback:1
[ささき屋
中華そば 政次郎(豊橋市)2
252- 019-1

252- 022-1
塩らーめん 750円

まるぎん本舗さんからの続きです。せっかく豊橋まで来たからにはもう1軒!
なかなか来たくても来れなかった、政次郎さんに久しぶりにおじゃましました。
政次郎さんと言えば、ずっと食べたいと思ってる土日限定の「鶏の塩らーめん」があるんですが、
今回の訪問は平日でしたので、順番的にこちら「塩らーめん」をいただきました。

いきなり感想でスミマセンが、いやぁ…やっぱり美味いですよ!
必要最小限の塩ダレと少量のゴマをまとった節の香りいっぱいのスープは、
丸鶏の丸いコクと本枯節の深いキレを含んだ旨味が、
一口…二口…とレンゲを進めるごとに、しみじみじわじわと染み渡っていく感覚を受けます。
とにかく旨味の伝わりかたが柔らかくて、包み込むように丸いんですよね。
旨味がフワッと口の中に広がって、ゆっくり時間を掛けて抜けていくイメージです。
極上の出汁を楽しんでほしいという店主の心意気が見える、余分な味の一切無いスープですね。

そのスープに合わせる麺は中細麺で、手もみで緩いウェーブが掛けられています。
麺を持ち上げるごとに、スープの香りと旨味を十分に引き上げてくれますね。
余分な味がしないのは具材も全て一緒です。チャーシューは注文を受けてからの手切りです。
このチャーシューの味も、ほぼ素材の旨味そのものですね。
余分な味が本当になく、口の中で溶けてしまうような感覚の柔らかさです。
淡麗スープはそのその繊細さ故に、具材の味が移る懸念もあるんですが、
上質な肉質の成せる業でしょうか。このチャーシューはむしろ移っても良いと思いましたね。
豚肉ってこんなに美味しいんだって再認識できる、希少なチャーシューだと思います。
他、玉子・メンマ等も存在感を示しつつも、メインの邪魔をしないさりげない脇役ぶりでした。

淡く麗らかなラーメン、これぞ淡麗系ですね。
淡麗たるスープというのは、こういうもんなんだよと改めて再認識させてくれるお店です。
少なくともこのジャンルにおいては、愛知最高峰のラーメン店は間違いない事実だと思います。
淡麗系もある意味食べ手を選ぶラーメンだと思いますので、合わなければ仕方ないんですが、
ギリギリのタレ感がフィットすれば、その余韻は忘れられないものになるはずです。
極上の出汁を是非!美味しかったです!ごちそうさまでした。

252- 024-1
中華そば 政次郎
愛知県豊橋市つつじが丘1-9-17
11:00~14:00 18:00~21:30(スープ切れ終了)
月曜定休(第3月曜・火曜は連休)
TEL:080-3063-4062

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[政次郎
まるぎん本舗(豊橋市)
252- 010-1

252- 015-1
つけ麺プレミアム盛り 1130円

やっと来ました豊橋。先月オープンした“商店”“二号”に続くまるぎんさんの3店舗目、
まるぎん本舗さんにおじゃましました。ホリデイスクエアの近くヤマサのちくわの裏になります。
「本舗」さんは、つけ麺とまぜそばの専門店ということで、今回はつけ麺をいただきました。

醤油感を感じるつけ汁は、短く表現すれば非常に“クリーミー”で“マイルド”。
しっかり動物系と節系魚介の旨味が詰まった、濃厚動物魚介のつけ汁なんですが、
魚粉などは使ってないため、ザラつきは全くの皆無です。
キメの細かい口当たりは、つけ麺ではあまり味わったことのないシルキー加減ですね。
艶やかな麺と共にスッと入り、変な余韻が残らずに消えていくとても後味が良いつけ汁です。
辛味酸味は特段効いてるわけではなく、素材の旨味がストレートに伝わってきますね。

そして麺が今回まるぎん本舗さんの目玉です!独自開発オリジナル麺「ff(フォルテシモ)」です。
表面はつやつやで滑らかで、噛めばムッチリと歯を押し返すような弾力のある食感があります。
一本一本に甘味さえ感じるほどの小麦の風味がギュッと詰まっていて、粉の密度が高い麺ですね。
キメの細かいつけ汁とキメの細かい麺、この麺にこの汁有りきというベストマッチだと思います。

プレミアム盛りは、具材が贅沢に5種類も載るスペシャル仕様です。
ノーマルなら選択制の肉類「豚しゃぶ」と「照り焼きチキン」が、両方載るのも特徴的です。
2種類の肉類はもちろん豚と鶏の違いもありますが、全くキャラの違うトッピングですね。
豚しゃぶはほんのり甘い味付けで、スライスという形状もあってスマートにいただけます。
麺と汁に絡ませても良し、味があるのでそのままで箸休め的な食べ方も良いですね。
一方チキンは、「照り焼きチキン」という表記ですが、ほぼプレーンに近い控えめな味付けです。
こちらはつけ汁に絡めて、ガッツリと肉厚な食感を楽しみました。表面の香ばしさもいいですね。
メンマは主張し過ぎない食感、味玉は流石のトロトロ加減、もやしとネギのシャキシャキ感と
それぞれのパーツも抜かりのない、まるぎんさんクオリティでした。

やっぱりさすがの完成度の高さですね!最近はよく比較されやすい動物魚介のつけ麺なので、
肉類で個性をつけたいのかなという訪問前のイメージだったんですが、
いやいや、つけ汁も麺も十分オリジナリティがありましたね!
これだけマイルドな口当たりのつけ麺は、あまり食べたことがないタイプのものでした。
このつけ麺を食べるために、豊橋に出掛ける価値はあるお店だと思います。
遅ればせながらオープンおめでとうございます。末永いご発展をお祈りしております。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

252- 000-1
まるぎん本舗
愛知県豊橋市柱5-11
11:30~14:00 17:30~22:00(売切れ次第終了)
水曜定休
TEL:0532-37-1019
まるぎんグループ公式HP http://www.marugin.org/

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[豊橋市
ラーメン専門店 RAGAYA(豊橋市)
234- 013-1

234- 016-1
ラーメン+白髪ネギ 600+150円

遅くなりましたが、豊橋遠征の2件目はこちら!飯村のRAGAYA(ラガヤ)さんにおじゃましました。
店主さんは豊橋家系の総本山「黒田屋」に長年いらっしゃった方で、
今年の5月にこちらのお店を独立オープンされたとのこと。有名店を支えた腕は確かです。
メニュー構成も、基本のラーメンに地獄ラーメン(初級・中級・上級)とほぼ同じですね。
地獄は私には困難なので(^^;)基本のラーメンに白髪ネギトッピングでいただきました。

ややオイリーなビジュアルですが、飲み口は意外とスッキリしていて飲みやすいですね。
修行先で見られるような豚骨のクセのある感じはないですが、しっかりと骨の旨味は出ています。
ビジュアル以上に、丁寧な仕事ぶりがうかがえるスープですね。
タレ味は若干カラメかな。気になる方はタレ少なめで頼んでもいいかもしれないです。
スープ本来の味に加え、多めの鶏油の影響も重なって甘みも結構感じる仕上がりでした。

今回のお店セレクトの決め手となった、いまだいさんオススメの麺は確かに美味しいですね!
“かため”で頼んだ麺は、プリッとした歯応えとモチっとした食感が楽しめます。
少々短めの麺は、ツルツルっとリズミカルに啜れて楽しく食べれる麺ですね。
チャーシューは弾力性のあるしっかりした食感のタイプのものです。
シンプルな味付けながら塩気はしっかりあるので、結構な存在感がありました。
追加でトッピングした白髪ネギは、均一な細さでこちらも丁寧な仕事ぶりです。
麺のモチモチ感と白髪ネギのシャキシャキ感が合わさった食感も、何とも言えず楽しかったです。

仕上げに卓上の「辛味にんにく酢」と「揚げ玉ねぎ」を入れてサクっと完食です。
カスタマイズして好みに仕上げる楽しみがあるのも、家系ラーメンの魅力のひとつですね。
決して特別なラーメンじゃないんですが、様々な楽しみが詰まった面白いラーメンでした。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

しょーろんぽーさんいまだいさんOi!ラーメンさん
またご一緒しましょう!ありがとうございました!

234- 010-1
ラーメン専門店 RAGAYA(ラガヤ)
愛知県豊橋市飯村南2-21-18
11:00~14:00 18:00~24:00(L.O.23:30)
月曜定休
TEL:非公開

Posted by くまお
comment:2   trackback:3
[豊橋市
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。