結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 あっ晴れ つけめん堂(東浦町)11
303- 001-1

303- 004-1
濃厚焼干しつけ麺 790円(4ばか+200円)

久しぶりに浅草開化楼の麺で、つけ麺を思いっきり食べたい気分になったので、
東浦のあっ晴れつけめん堂さんにおじゃましました。レギュラーは1年以上ぶりです。
今回は基本に戻って、お店イチオシの「焼干しつけ麺」を4ばか(麺400g)でいただきました。
ちなみに2種類選べる麺は、「傾奇者(かぶきもの)」のほうをチョイスしました。

石鍋で煮えたぎったつけ汁と、ツヤツヤの麺が運ばれてきました。
とりあえず食べたかった浅草開化楼さんの麺を、何も付けずにツルっと一口。やっぱ旨いです。
もうひとつの麺「モチモチ感」の「ふへん者(ふべんもの)」に対して、
「小麦の香りが強い」のがウリの「傾奇者」ですが、偽り無く本当に香りが強いです。
噛めば噛むほど、小麦の持つ香りと甘みが口の中に広がります。
つけ麺の麺では個人的には、この麺が一番理想に近いと言ってもいいぐらいの麺です。

焼干しつけ麺とは、すなわち「アゴ(トビウオ)」を使用したつけ麺なんですが、
同じくつけめん堂さんでレギュラー提供されている「伊勢海老つけ麺」ほどのインパクトはなく、
濃厚ながらもどちらかというと食べやすい印象のつけ汁です。
ベジポタだった初期のつけ汁ほどではないですが、ほんのり甘みもありますね。
十分一般レベルのつけ汁としては、濃厚な部類に入ると思うんですが、
麺のポテンシャルが高いので、どうしても要求するレベルが上がってしまうんですよね。
今回の個人的な印象としては、もうワンランク「濃さ」があればより嬉しいかな。
要求される旨味が必然的に高くなってしまうのは、この麺を扱う宿命ですかね(^^;)

具材もゴロチャーシューや、穂先メンマなどつけ汁の中に入っていますが、
とにかくつけ麺の基本、麺を美味しくいただければそれでいいなと思えるつけ麺でしたね。
いつも以上にどっぷりと麺を潜らせることが、今回は美味しくいただくポイントだったかな。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

192- 004-1
麺屋 あっ晴れ つけめん堂
知多郡東浦町緒川字三角35-1
平日:11:00~15:00 17:00~23:00
土日祝:11:00~23:00
木曜定休
TEL:0562-84-1555
あっ晴れ公式ホームページ

店主さんブログ「あっ晴れ夢に向かって」

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[あっ晴れつけめん堂
たまゆら 東浦店
260- 017-1

260- 018-1
味噌カレー麺 スクランブルエッグ添え 950円

東浦イオン近くに昨年末オープンした、玉響さんの3号店におじゃましました。
目立った看板等ないのでちょっとわかりにくいかもしれませんが、
イオンから見ると西側で、武豊線の高架沿いになります。
それにしてもこの店の作りには圧倒されますね!既存の玉響さんの更に上を行く作りですよ。
デザイナー住宅のような外観に一枚板のテーブル、腰をすっぽり包み込む藤の椅子、
観葉植物や飾られた味のあるドンブリ、和箪笥などのオブジェ等々…。
まるで異空間に迷いこんだかのようで、オール電化の設備さえオシャレに見えてしまいます。
麺メニューは大きく3つで、おなじみの「竹燻製麺」「醤油甘露麺」に、
こちらオリジナルの「味噌カレー拉麺」になります。既存店に比べるとメニューは少なめですね。
サイドメニューは「大根餃子」「焼き小龍包」などの代表的なものはありましたが、
「いなり」や「むすび菜(めはり寿司)」などはありませんでした。
いただいたのはその「味噌カレー拉麺」のスクランブルエッグが添えられたバージョンです。

スープはややトロミ掛かっていて、カレーらしいスパイシーなスープですね。
生クリームが表面に散らしてあって、乳製品のコクとマイルドさがプラスされています。
味噌は想像よりしっかり感じますね。風味はやっぱりカレーなんですが、
後味に豆味噌由来の酸味っぽいものを感じます。それが「和のカレー」の雰囲気を出してました。
味噌とカレーの相性は以前から注目されてますけど、ここでも見事にマッチしていましたね。

合わさる麺は林製麺さんの中太麺です。プリッとした食感で持ち上げも良く、
カレースープによく合っていると思います。噛み応えがあるのもカレーには良いですね。
具材もバラエティに富んでいて華やかですね。個性的なドンブリの中に彩りを添えてくれます。
玉響さんのチャーシューと言えば竹燻製ですよね。強い香りはカレーにも負けないですね。
メンマもシャクシャクで、カレーでも違和感なく良いアクセントです。
追加したスクランブルエッグは、カレーによりまろやかな口当たりを与えてくれましたね。
もう1種類のタマゴ、ゆで卵は固茹ででした。カレーには固茹でが合いますよね。

厳かな雰囲気さえ感じる純和風の刈谷や高浜とは異なり、雰囲気も若干カジュアルな和モダンで、
店主さんも大将と呼ぶよりは、優しそうなマスターと奥様という感じで、
気さくに会話を楽しめるような家庭的な雰囲気もある、今までにないタイプのNEW玉響さんでした。
ジャスミン茶なんかも出していただきましたし、またゆっくりおじゃましたいですね。
開店おめでとうございます。お店の末長い発展を願っております。ごちそうさまでした。

260- 011-1 260- 012-1
たまゆら 東浦店
愛知県知多郡東浦町大字緒川字東栄町80-1
11:00~14:00
水曜定休
TEL:非公開

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[東浦町
麺屋 あっ晴れ つけめん堂(東浦町)10
232- 015-1

232- 020-1
夏男の冷やしもりそば・麺大盛 チャーシューのせ 900円(夏季限定)

ここの麺が食べたくなって、ちょいぶりに東浦のあっ晴れつけめん堂さんへおじゃましました。
遅い時間だったんですが、夏季限定の冷やしもりそばがまだあったのでそちらをチョイスです。
こちらの限定はレギュラーが300gで、500gまでの麺増量が無料という太っ腹仕様です。
500gのデカ盛り+チャーシュー増しで、900円というプライスはかなりのお得感がありますね。

ガッツリ盛られた麺は、ひやもり専用麺の「ふへん者」です。
モチモチした食感が特徴の麺で、噛めば小麦の風味も感じられるお気に入りの麺です。
つけ汁の冷たい胡麻ダレは、ゴマの風味というよりはゴマ油の風味が強いですね。
酸味のない胡麻ダレ系の冷やし中華の味と言えば、少しはわかりやすいでしょうか。
塩分も強いので3分から5分付けぐらいでちょうどい塩加減ですね。

薬味は別皿にて、「とろろ」「もみじおろし」「わさび」の3種類の提供です。
もみじおろしはもう少し辛味を効かせてもいいかな。そんなに影響がなかったですね。
とろろはつけダレに入れたんですが、味が乗りすぎてしまったので(^^;)
麺に直接かけたほうが正解かも。わさびはいいですね!もっと量が合っても良かったです。
3種類の中では一番相性も良くて、存在感のある薬味でした。

薬味を全部入れたあとに、卓上の酢を一回し入れたのが正直一番シックリきたかな。
まぁ麺が美味しいんで、つけダレ関係なく麺を安値で楽しみたいという方にオススメですね。
夏場で煮えたぎったつけ汁はちょっとという方にも、冷たくいただけるのでいいと思います。
一方一般的にイメージするつけ麺とは少し違うし、麺とつけ汁の相性に関しては、
レギュラーのほうが当然上ですから、その辺を踏まえての注文ということになりますね。
あとふと思ったんですが、もりそばスタイルで食べるより、
ぶっかけて食べるとまた違っていいのかもしれないですね。邪道かもしれませんが(^^;)

やっぱりでも麺はウマイです。今度はレギュラーにします。ごちそうさまでした。

192- 004-1
麺屋 あっ晴れ つけめん堂
知多郡東浦町緒川字三角35-1
平日:11:00~15:00 17:00~23:00
土日祝:11:00~23:00
木曜定休
TEL:0562-84-1555
あっ晴れ公式ホームページ

店主さんブログ「あっ晴れ夢に向かって」

Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[あっ晴れつけめん堂
麺屋 あっ晴れ つけめん堂(東浦町)9
198- 014-1

198- 017-1
伊勢海老つけ麺(麺:ふへん者) 890円

伊勢海老つけ麺の「海老度」が変わったということを聞いていたので、
そちらを確かめに、東浦町のあっ晴れつけめん堂さんへおじゃましました。
最近つけ麺のホームグラウンドとなりつつありますね(^^;)
ちなみにこちら1日10杯限定とありますが、比較的遅い時間でも余裕があるようです。

例のごとく、石鍋でグツグツと煮えたぎって出てきたつけ汁ですが、
確かに「海老度」は上がりましたね。正確に言うと「海老ミソ度」と言った方がいいかな。
いわゆる甲殻類系の殻の香ばしさよりも、ミソ系の濃さが強い仕立てとなっています。
それもマニアックなレベルまではいかなくて、一般受けのレベルだと思います。
動物系の旨味に対して、魚介系の中心が海老ミソ系と考えれば分かりやすいですかね。

今回麺は、久しぶりに「ふへん者」をチョイスしました。
…が、やっぱり「傾奇者」と食べ比べないと正直よく分からないところがあります(汗)
お店曰く、モッチリした食感がウリの「ふへん者」ですが、
アルデンテな食感なので、モッチリ感はそれ程でもないかなぁ。
モッチリ感をウリにするなら、もう少し茹で時間を長くして
「傾奇者」との差別化を図った方がいいのかもしれないですね。
でも、「傾奇者」に分があると言われている小麦の風味も十分楽しめますし、
「ふへん者」も美味しい麺には変わりありません。

伊勢海老という高級食材を使ってるので、この価格設定は仕方のない所かもしれませんが、
トッピングは穂先メンマ2本とサイコロ形のチャーシューが3個ほどのみなので、
価格の割にちょっと寂しい感じを受けるのは止むを得ないところかな。
ここは是非奮発して「全のせ」を推奨します(^^;)

そういえば、早いものでつけめん堂さんも1周年過ぎましたね。
大府にも近かったので、初めは大丈夫かな?と正直思ってましたが、
浅草開化楼の「傾奇者」「ふへん者」というブランド麺を武器にして、
常に美味しさを求めて、改良を加えていくお店の姿勢には頭が下がります。
今後も一ファンとして、応援していきますのでよろしくお願いします。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

192- 004-1
麺屋 あっ晴れ つけめん堂
知多郡東浦町緒川字三角35-1
平日:11:00~15:00 17:00~23:00
土日祝:11:00~23:00
木曜定休
TEL:0562-84-1555
あっ晴れ公式ホームページ

店主さんブログ「あっ晴れ夢に向かって」

Posted by くまお
comment:4   trackback:0
[あっ晴れつけめん堂
麺屋 あっ晴れ つけめん堂(東浦町)8
192- 006-1

192- 010-1
【究極のつけ麺】 超濃厚つけめん~春の予感ラ・ラ・ラ~ 880円

究極のつけ麺という企画が始まっていますが、全くの手付かず状態だったので、
とりあえず1軒は行こうと、東浦のあっ晴れつけめん堂さんにおじゃましました。
今回の企画は夜限定が多いんですよね。
普段主に昼行動する私にとっては、昼からやってくれるのはありがたいことです。

今回の東浦あっ晴れさんの限定つけ麺のウリは大きく2つです!

【1.濃度を20%まで上げたという超濃厚つけ汁】
こちらはドロドロになるまで煮詰めた動物系に、ウニやカラスミ、
更に伊勢海老の味噌油といった、レアな高級魚介系食材を織り交ぜた贅沢なつけ汁ですね。
とにかく濃度にこだわったようで、山芋などでも粘度が上げられていて、
もうこれはつけ麺の汁ではなくて、和えるソースの類いのものとなっていました。
固形物が沈殿していて油分と分離しているので、かき混ぜながら食べないといけないのと、
ザラザラした口当たりがややマイナス点ではありましたが、
質感から想像するほどの重たさを感じずに食べ進めることができたのは良かったです。
またレア食材から来る魚介の旨味の強さはかなりのものでしたね。

【2.通常は二択の麺「傾奇者」「ふへん者」の合い盛り】
麺は個人的にもかねてから希望していた、「傾奇者」「ふへん者」の合い盛りでした。
マニアックですが(^^;)やっぱり同時に食べてこそ違いというものもわかるものですね。
お店では「風味の傾奇者」「モチモチ感のふへん者」という大きい説明ですが、
なんだろうなぁ…表現難しいんですけど、
「傾奇者」は、風味も食感も直線的というか男性的というか、力強い感じに対して、
「ふへん者」は、風味も食感も曲線的というか女性的というか、柔らかい感じがしました。
是非食べ比べて、違いを感じ取ってみて下さい。面白いですよ。

それから、お口直しの意味で乗っている柚子風味の寒天は、
とても良いアイデアだと思うんですが、あまり味的に主張の強いものではなかったので、
個人的にはですが、甘味なり酸味なりもう少しアクセントを効かせたほうが良かったかなぁ。
いろいろ扱いに悩んだ結果、最終的につけ汁に投入したのが一番面白かったですね。
温度低下は避けられないですが、温度差と濃淡のコントラストを味わえました。

限定品ならではの、遊び心と贅沢感を味わえる面白いつけ麺でした。
20日までの提供です。気になられた方はお急ぎくださいませ。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

192- 004-1
麺屋 あっ晴れ つけめん堂
知多郡東浦町緒川字三角35-1
平日:11:00~15:00 17:00~23:00
土日祝:11:00~23:00
木曜定休
TEL:0562-84-1555
あっ晴れ公式ホームページ

店主さんブログ「あっ晴れ夢に向かって」
※「超濃厚つけめん~春の予感 ラ・ラ・ラ~」は、
2/20まで提供の限定商品です。(1日10食限定)

Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[あっ晴れつけめん堂
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。