結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 こうじろう(名古屋市西区)
340- 024-1

340- 028-1
鶏つけめん1.5玉 800円

栄生駅近くの麺屋こうじろうさんにおじゃましました。
鶏を使ったメニューの評判を聞いていて、前から来たいなと思ってはいたんですが、
今までタイミングが合わなかったりで、今回がやっとの初訪となります。
メニューは奥三河鶏と赤鶏から取ったスープとアジ・ウルメ節など煮干しの魚介を合わせた
「鶏にぼし塩らーめん」と、奥三河鶏をふんだんに使った鶏白湯ベースの「鶏つけめん」が
ツートップの看板メニューで、さらには油そばという構成です。
煮干し塩らーめんとつけ麺で迷いましたが、暑かったので「鶏つけめん」をいただきました。

面白いのは、らーめん・つけめん・油そば共、全て塩ダレオンリーなんですよね。
よって「鶏つけめん」も、鶏白湯の「塩つけめん」ということになります。
つけ汁なかなか面白い味です。濃度粘度は少なく、魚粉等は一切入っていません。
鶏の旨味でストレートに勝負しているつけ汁ですね。
白濁こそはしてるけれども、塩ダレということもあってそこに重さは全然なく、
酸味と柚子胡椒が効いています。白湯つけ麺では相当あっさりした部類に入るつけ汁です。

合わせる麺は、平打ち形状の太麺です。平打ち麺はつけ汁がサラッとしてる分、相性は良いですね。
チャーシューはラーメンと同じものかな。スライスが3枚のります。
小ぶりながらもデフォで付いてくる量ならば十分です。メンマネギは特に思う所はなかったかな。

〆はこちらではスープ割りの代わりに、ほうじ茶割りをいただくことができます。
ほうじ茶割りははじめての体験でしたけど悪くないですね。このスープに合ってると思います。
やはり鶏白湯を活かす意味での割り物ですね。魚介に頼らないオリジナリティがあって好きです。

ラーメンが煮干しを全面に使うので、つけ麺も全面とはいかなくても、
煮干しの要素が含まれてるのかと思いましたが、意外にも魚介を出さないで、
いかに鶏を際立たせるかというところに、視点を置いたつけ麺でした。
濃厚でないサラッとした鶏白湯つけ麺、これはこれで面白かったです。
煮干しらーめんのほうもまた食べに来たいですね。
美味しかったです。ごちそうさまでした

340- 021-1

麺屋 こうじろう
愛知県名古屋市中村区千原町3-51 サンシャイン栄生 1F
11:30~14:20(L.O) 18:00~22:30(L.O)
火曜・水曜定休
TEL:052-452-0085

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[名古屋市西区
麺屋 やま昇(名古屋市西区)

つけ麺 750円(大盛無料)

すぐ近くに新店がもう1軒ありますが、そちらはまたの機会にスルーさせていただき^^;
円頓寺商店街の昨年11月にオープンした、やま昇さんへおじゃましました。
こちらもオープン時に行きそびれてしまったので、遅ればせながらの初訪問ですね。
お店の雰囲気も茶系を基調としていて、落ち着いた感じが好印象です。
つけ麺がウリのようなので、とりあえずノーマルのつけ麺を麺大盛でいただきました。

まず麺ですが、麺肌はツルツルかつエッジが効いていて一見硬そうに見えますが
食べてみるとそれほど硬くなく、モチッとした食感が楽しめる麺ですね。
つけ汁の絡みも悪くないですし、美味しい麺だと思います。

一方つけ汁のほうですが、第一印象として結構のどに来る辛味がありますね。
その辛味に加えて、初めから柑橘系のような酸味も比較的ストレートに感じます。
つけ汁自体の旨味は、動物系も魚介系も十分に引き出されてると思うんですが、
タレの強さがさらにその上を行ってるようなイメージでしょうか。
好み的には、もう少し辛味酸味は抑えたほうがいいかな…。でも決して悪くないですよ。

トッピングの炙りチャーシューは、薄切りのものが2枚入ってました。
脂は多い部位ですが、適度に脂を落ちていて香ばしさも加わりなかなかのお味でした。
あとウワサはかねがね聞いてました「炙りメンマ」ですが、
焦げがどうとかは置いといて、この炙りメンマを店の個性として売りたいということでしたら
これはこれでアリなんじゃないかなぁとは思いましたが…。

スープ割りは流行(?)のセルフポット方式で、柚子とかつおダシの2種類が選べます。
柚子スープで割ってみましたが、まぁ悪くないけど普通のかつおダシでいいかな^^;
卓上も、かつお粉・一味・七味・ラー油にラーメンコショー・酢とたくさんあるんですが
元々の味がハッキリしてるので、なかなか調整アイテムとして使いづらいような気がしますね。

まぁでも、流行の味ということを差し引いても、安心して食べられるつけ麺だと思います。
しいて言えば、やま昇さんだけのオリジナリティが感じられるともっと通いたくなるかな。
炙りメンマが最大の個性となっては、少々寂しいですしね…^^;
また時間を置いておじゃまします。ごちそうさまでした。

PICT0012-101.jpg
麺屋 やま昇
名古屋市西区那古野1-13-12
11:00~15:00 17:00~22:00
月曜定休
TEL:052-563-3323

Posted by くまお
comment:4   trackback:0
[名古屋市西区
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。