結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺の坊 晴レル屋(大府市)4
197- 004-1

197- 007-1
つけめん 750円(大盛+100円)

本店は超久しぶりですね。言わずと知れた名店・大府の晴レル屋さんにおじゃましました。
顔ぶれは以前とだいぶ変わっているけど、活気は変わらないですね。
この日も多くのお客さんで賑わっていました。
「赤つけ」や「みそDEカレー」でも食べようかなとも思ったんですけど、
間が開くとどうしても基本の味を食べたくなります。ノーマルでいただきました。

一口つけ汁をいただけば「そうそうこの味」とすぐ納得できる、
貫禄さえ漂うような、まさに「晴レル屋」テイストですね。
支店は鶏を使ったり、ベジポタを使ったりと色々工夫されてますが、
ここ元祖は王道の豚骨&魚介ベースのつけ麺です。
甘酢の効いたキリっとした味わいは、これこそが晴レル屋らしさと言いますか、
ドロっとした濃度の高いつけ汁が全盛となりつつある中、オリジナリティを保ってくれてます。
決して現在の潮流から比較すると濃度は高くありませんが、旨味が決して弱いわけではなく
動物系・魚介系・つなぎの酸味・甘み等、それぞれのパーツをしっかりと感じることができ、
なおかつ何かに突出せずにバランス良く仕上げられてるのは、流石だと思います。

一方麺は相変わらずかな。グループ共通ではありますが、他店と比べると固めの印象です。
もう少しモチっとした食感のほうが好みですが、これが晴レル屋の味ですよね。
逆に麺にこの固さがないと、晴レル屋系の麺を食べてる実感が湧かないかも。
チャーシューなども勿論美味しいんですが、具材の中で印象強いのはメンマですよね。
晴れやか以降穂先メンマのイメージが強いんですが、本店の極太メンマ忘れるなかれです。

もはや東海つけ麺の元祖とも呼ばれる晴レル屋さんのつけ麺ですけども、
その味は全然色褪せることなく、これからもここでしか食べれない味として続くんでしょうね。
最近ラーメンの食べ歩きを始めた方や、支店は食べたことあるけど本店はまだという方へは、
特に一度は食べることをオススメしたいと思います。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

197- 001-1
麺の坊 晴レル屋
愛知県大府市月見町1-29-7
11:30~14:00 18:30~22:00
月曜定休(祝日の場合は翌日休み)
TEL:0562-47-5432
晴レル屋グループHP http://www.k5.dion.ne.jp/~hareruya/

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[晴レル屋
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。