結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
らーめん・つけ麺 五十五番(名古屋市中区)
205- 004-1

205- 007-1

205- 009-1
あら炊きつけ麺 790円

グループ何店舗目かは、もうモトヤマの次辺りからよくわからないんですが(笑)
こちらのお店は気になったのでおじゃましました。
フジヤマ55系列のラーメン&つけ麺店、伏見の五十五番さんです。
気になったというのは、鯛のアラを炊いた出汁を使用しているのもそうなんですが、
こちらの店の経営母体が、あの「OHANA」というのが、それが気になって…。
「OHANA」といえば、刈谷・半田・知立などに店舗展開している
若い層を中心に絶大な支持を受けている新進気鋭の居酒屋母体のグループで、
さらに高浜にイタリアン、安城にスイーツ専門店など、その枠は今や居酒屋を超えたものに。
居酒屋甲子園というイベントで見事優勝され、TV等にも取り上げられていたので
ご存知の方も多いんじゃないでしょうか。

前置きが長くなりましたが感想を。さすがフジヤマ系列なのでコスパは良いですね!
並盛はライス終日無料で玉子も無料なので、備え付けのIHヒーターで、
雑炊までワンオーダーで楽しめるのは大きなポイントですね。

麺は全粒粉の麺で、氷水で見事にシメられてます。器までキンキンに冷えてるほどでした。
全粒粉麺のルックスとあまりに冷えた麺は、まるで“ざるそば”のよう(^^;)
もちろんIHを再加熱を意識してでしょうが、温度低下に寛容じゃないと厳しいレベルかな。
どうしてもここのウリである「鯛だし」が、冷めるとクセが出てきてしまうので、
頻繁に温めながら食べることに結局なります。時間に余裕を持って食べたほうが良さそうです。
温度さえ熱ければ、そんなに魚のクセを感じずに美味しくいただくことは出来ますよ。

まぁ何といっても、このグループつけ麺の最大の醍醐味は雑炊にありますよね。
ご飯と溶き卵を入れて、IHでアツアツに加熱していただく雑炊はやっぱり美味しいですね。
ただ割り出しも「鯛だし」なので、好みに応じてですが入れ過ぎには注意が必要ですね。
それでも臭みが気になる方は、卓上のかぼす汁が中和アイテムになりますのでお試しを。

系列店の中では席もゆったりしてるほうだと思うので、比較的落ち着いて食べれると思います。
鮮魚系のアラ出汁が苦手じゃなければ、なかなか面白いと感じる一杯じゃないでしょうか。
一方で前置きを沢山置いた“OHANA”らしさはあんまり感じなかったかな。
“OHANA”さんの情熱的でエンターテイメントな接客が好きなので、
もっと“OHANA”カラー出しちゃってもいいと思いますよ~。
フジヤマ系列“OHANA”流ラーメン店のこれからに期待してます!ごちそうさまでした。

205- 001-1
らーめん・つけ麺 五十五番
愛知県名古屋市中区栄2-8-8 第2松本ビル1F
11:30~15:00 17:00~23:00
第1月曜日のみ休み
TEL:052-231-0777

☆早くも“五十五番”さんとしての2号店が、安城に5月2日OPEN予定です!
「ラーメン・つけめん 五十五番 安城店」
愛知県安城市百石町1-5-3 (旧ピースカフェ跡地)

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[名古屋市中区
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。