結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 あっ晴れ つけめん堂(東浦町)10
232- 015-1

232- 020-1
夏男の冷やしもりそば・麺大盛 チャーシューのせ 900円(夏季限定)

ここの麺が食べたくなって、ちょいぶりに東浦のあっ晴れつけめん堂さんへおじゃましました。
遅い時間だったんですが、夏季限定の冷やしもりそばがまだあったのでそちらをチョイスです。
こちらの限定はレギュラーが300gで、500gまでの麺増量が無料という太っ腹仕様です。
500gのデカ盛り+チャーシュー増しで、900円というプライスはかなりのお得感がありますね。

ガッツリ盛られた麺は、ひやもり専用麺の「ふへん者」です。
モチモチした食感が特徴の麺で、噛めば小麦の風味も感じられるお気に入りの麺です。
つけ汁の冷たい胡麻ダレは、ゴマの風味というよりはゴマ油の風味が強いですね。
酸味のない胡麻ダレ系の冷やし中華の味と言えば、少しはわかりやすいでしょうか。
塩分も強いので3分から5分付けぐらいでちょうどい塩加減ですね。

薬味は別皿にて、「とろろ」「もみじおろし」「わさび」の3種類の提供です。
もみじおろしはもう少し辛味を効かせてもいいかな。そんなに影響がなかったですね。
とろろはつけダレに入れたんですが、味が乗りすぎてしまったので(^^;)
麺に直接かけたほうが正解かも。わさびはいいですね!もっと量が合っても良かったです。
3種類の中では一番相性も良くて、存在感のある薬味でした。

薬味を全部入れたあとに、卓上の酢を一回し入れたのが正直一番シックリきたかな。
まぁ麺が美味しいんで、つけダレ関係なく麺を安値で楽しみたいという方にオススメですね。
夏場で煮えたぎったつけ汁はちょっとという方にも、冷たくいただけるのでいいと思います。
一方一般的にイメージするつけ麺とは少し違うし、麺とつけ汁の相性に関しては、
レギュラーのほうが当然上ですから、その辺を踏まえての注文ということになりますね。
あとふと思ったんですが、もりそばスタイルで食べるより、
ぶっかけて食べるとまた違っていいのかもしれないですね。邪道かもしれませんが(^^;)

やっぱりでも麺はウマイです。今度はレギュラーにします。ごちそうさまでした。

192- 004-1
麺屋 あっ晴れ つけめん堂
知多郡東浦町緒川字三角35-1
平日:11:00~15:00 17:00~23:00
土日祝:11:00~23:00
木曜定休
TEL:0562-84-1555
あっ晴れ公式ホームページ

店主さんブログ「あっ晴れ夢に向かって」

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[あっ晴れつけめん堂
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。