結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
ラーメン 濃厚軍団(豊田市)
288- 006-1

288- 009-1
濃厚ラーメン軍団のせ 880円

久々の豊田ですね。遅ればせながら話題のドロ系ラーメン店、濃厚軍団さんにおじゃましました。
安城の極つ庵で長年店長を勤められていた、山本さんが独立して始められたお店です。
山本さんには近年の極つ庵の限定などから、スマートな作り手さんの印象があったんですが、
実は兼ねてからドロドロのこってり系ラーメンで、独立したいという気持ちがあったようですね。
メニューは基本の豚骨のみ100パーで構成された「濃厚ラーメン」と、
和出汁で割ったダブルスープの「和風とんこつ」の基本二種類となっています。
初回ですしせっかくなので、全部のせバージョン「軍団のせ」にライスを付けていただきました。

空の寸胴がカウンターから見えるんですが、その灰汁がこびりついた寸胴が、
もう濃厚さを物語ってますね。ドロ系キター!って感じですね。
各所で大岩亭さんと比較されて、似て非なるものというご意見が多いですが、
底辺の味覚では、大岩亭さんの特濃で感じた動物性蛋白質の質感と同じものを感じました。

難しい言い方をして申し訳ないんですが、上手い表現が見つからないんですよね。
しいて言えば、卵の黄身が溶け込んだような質感に近いとでも言うのかな。
これは野菜を溶かした、ベジポタ系ドロ系ラーメンでは味わえない感覚です。
この感覚を感じたのは、後先考えても私の経験では3回しかないですね。
ひとつは大岩亭さん、そしてもうひとつは大阪で食べた無鉄砲さんのラーメンです。
その中でも特に濃厚軍団さんの超濃厚スープには、丁寧に作られた細やかさを感じます。
スープに使う食材は豚骨と水だけ。最小限の食材から、目指す最高のドロスープを作り出す…、
まさに濃厚版「引き算の美学」がここにはありました。

この濃厚スープに合わせる麺は相当悩まれたみたいですが、現在は中太直麺が合わせてあります。
このスープに合わせる麺に正解は無い気がしますね。替玉は細麺提供になって固さも選べますが、
やっぱり好みはそれぞれなので、食べ手側が麺を選べるシステムでも良いのかもしれませんね。
具材の味付けは全体的にナチュラルな感じですね。チャーシューは味控えめでさっぱりしています。
メンマも柔らか目で、双方ともスープに絡むことでより美味しくいただける具材です。

このスープに挑戦するスピリットは、本当に素晴らしいと思いますし、
このスープの濃度、丁寧なプロセスのもと生み出された雑味の無いクオリティ、
この全てを維持するのは、本当に並大抵のことじゃないと思います。
その心意気に最大限の敬意を払わせていただきます。
遅くなりましたが開店おめでとうございます。
大変だと思いますが、いつまでも「濃厚軍団」でありつづけてくださいね!
またおじゃまします。美味しかったです。ごちそうさまでした。

288- 013-1
ラーメン 濃厚軍団
愛知県豊田市山之手10-50 ライフ山之手 1F
11:30~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0565-24-1515

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[豊田市
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。