結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺の樹 ぼだい(西尾市)17
318- 003-1

318- 013-1

318- 016-1
ガパオまぜ 780円(期間限定)

8月以来かな。西尾のぼだいさんにおじゃましました。
お目当てはこちらのメニュー、今井醸造3代目いまだいさんが展開する移動販売車
「ぞうめし屋」とのコラボ限定「ガパオまぜ」です。
正確に言うとぞうめし屋さん自身も、「タンデム食堂」さんというお仲間とのコラボから
生まれたメニューのようですので、3連鎖コラボということになるのかな。

ガパオとはタイのバジルのことで、鶏ひき肉との炒め物を単に「ガパオ」とも呼ぶようです。
知らなかったんですが、最近では日本でも結構メジャーになってきてるみたいで、
タイ料理専門店だけでなくカフェなどでも、そのガパオ炒めをご飯にのせた
「ガパオライス」を提供しているお店も増えているようです。

というわけで、元々はご飯の上に乗せて食べるのが一般的な「ガパオ」なんですが、
ぼだいさん的にはスープを加えて、汁ありのまぜそば風にアレンジされました。
一見つけ麺風のビジュアルですが、いわゆるぶっかけタイプの麺ということですね。

スープがそれなりに入っているので、レンゲを使いながらいただきます。
ナンプラーとかも入っているようですが、味付け自体は全然癖が無く食べやすいですね。
非常にサックリと食べれる感があります。その辺は汁ありまぜそばとしてかなり意識したのかな。
まず麺が短いので、お茶漬け感覚とまでは言わないですが、サラサラと食べれる感じがあります。
ミンチも鶏なので、サッパリと素直に麺に絡むというか、サラサラ感を助長してます。
パプリカの風味も良いですよね。鶏ミンチと同じぐらいここでは主になる食材です。
辛味は鷹の爪とかも入ってますが、ほんのピリ辛程度でホントに食べやすさ重視ですね。
辛いもの好きな方には物足りないかもしれないですが、自分的にはベストな辛みでした。
バジルも多分本場のガパオだと、もっと香りの強いものだと思いますが、
風味も量もほどほどで、アクセント程度かな。個人的にはこれもこれ位で丁度良いです。

ここは敢えて刺激的にせずに、広い層に受け入れられるためにバランスを考えられているのは
やはりそれこそ「ぼだい」のカラーでもあるし、「ぞうめし屋」のカラーでもありますよね。
ぞうめし屋さんのガパオや、タンデム食堂さんのガパオを食べてないので何とも言えないですが、
いかにも「ぼだい」さんらしさの出た、バランスの保たれた限定ものだと思います。
アジアの料理が好きな方にはおとなしく感じるのかもしれないですが、
辛いのとエスニック系がそんなに得意ではない自分には、ベストに美味しくいただけました。

あとこの半汁のまぜそばスタイル、これはあるようでないタイプで面白いですよね!
ご存知盟友「讃州手打ちうどん我流」さんの「辛まぜ」という商品にヒントを得たそうですが、
このスタイルは、新しいジャンルとして普及するかもと思うぐらい可能性を秘めてると思います。
「そのまま食べる」「つけて食べる」「まぜて食べる」に続く「ぶっかけて食べる」アリですね!
ましては他所にはないアジアンスタイルとなれば、これこそオンリーワンな一杯です。
ちょっとしたきっかけから繋がりが繋がりを生んで、それが新しいジャンルの食べ物を誕生させる。
それって素晴らしいことですね。

他のブロガーさんからこれのトーンがあまり上がってないのが少々気がかりではありますが(^^;)
私はかなり気に入りました。こういうジャンルレスなワクワクする楽しい麺料理は大好きです!
個人的にはオススメです。美味しかったです!ごちそうさまでした。

318- 001-1
麺の樹 ぼだい
愛知県西尾市徳次町下十五夜28-1
11:00~14:00 18:00~22:00
月曜定休
TEL:0563-65-6845
公式HP http://mennoki-bodai.com/

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[ぼだい
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。