結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 こうじろう(名古屋市西区)
340- 024-1

340- 028-1
鶏つけめん1.5玉 800円

栄生駅近くの麺屋こうじろうさんにおじゃましました。
鶏を使ったメニューの評判を聞いていて、前から来たいなと思ってはいたんですが、
今までタイミングが合わなかったりで、今回がやっとの初訪となります。
メニューは奥三河鶏と赤鶏から取ったスープとアジ・ウルメ節など煮干しの魚介を合わせた
「鶏にぼし塩らーめん」と、奥三河鶏をふんだんに使った鶏白湯ベースの「鶏つけめん」が
ツートップの看板メニューで、さらには油そばという構成です。
煮干し塩らーめんとつけ麺で迷いましたが、暑かったので「鶏つけめん」をいただきました。

面白いのは、らーめん・つけめん・油そば共、全て塩ダレオンリーなんですよね。
よって「鶏つけめん」も、鶏白湯の「塩つけめん」ということになります。
つけ汁なかなか面白い味です。濃度粘度は少なく、魚粉等は一切入っていません。
鶏の旨味でストレートに勝負しているつけ汁ですね。
白濁こそはしてるけれども、塩ダレということもあってそこに重さは全然なく、
酸味と柚子胡椒が効いています。白湯つけ麺では相当あっさりした部類に入るつけ汁です。

合わせる麺は、平打ち形状の太麺です。平打ち麺はつけ汁がサラッとしてる分、相性は良いですね。
チャーシューはラーメンと同じものかな。スライスが3枚のります。
小ぶりながらもデフォで付いてくる量ならば十分です。メンマネギは特に思う所はなかったかな。

〆はこちらではスープ割りの代わりに、ほうじ茶割りをいただくことができます。
ほうじ茶割りははじめての体験でしたけど悪くないですね。このスープに合ってると思います。
やはり鶏白湯を活かす意味での割り物ですね。魚介に頼らないオリジナリティがあって好きです。

ラーメンが煮干しを全面に使うので、つけ麺も全面とはいかなくても、
煮干しの要素が含まれてるのかと思いましたが、意外にも魚介を出さないで、
いかに鶏を際立たせるかというところに、視点を置いたつけ麺でした。
濃厚でないサラッとした鶏白湯つけ麺、これはこれで面白かったです。
煮干しらーめんのほうもまた食べに来たいですね。
美味しかったです。ごちそうさまでした

340- 021-1

麺屋 こうじろう
愛知県名古屋市中村区千原町3-51 サンシャイン栄生 1F
11:30~14:20(L.O) 18:00~22:30(L.O)
火曜・水曜定休
TEL:052-452-0085

スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[名古屋市西区
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。