結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
玉響 高浜店4
168- 024-1

168- 021-1
木の子とほっけの塩らーめん 950円(季節限定メニュー)

秋の新作が出来たという情報を聞き、高浜の玉響さんへおじゃましました。
庭木もほんのり秋の装いですね。外観からも四季を感じられる風情のあるお店です。
今回のt-wangのラーメン特集でも載ってるんですが、取材後色々と試行錯誤されたようで、
取り上げられたものからは、具材が別皿提供になる等かなりの仕様変更となってました。

ベースとなるのはこちらの看板メニュー「竹燻製麺」の透き通った塩スープです。
鶏の洗練された柔らかい旨味と、カツオを中心とした魚介の上品な風味が味わえるスープです。
スープの丼に入るものは、あおさ海苔・あられ・ブラックペッパーの3種のみです。
シンプルですが個性的な面々ですね。各々に風味・食感・辛味と面白い存在感を示しています。

これだけでも十分に「塩らーめん」として成立しているので、
別皿提供の具材をどうやって食べようか非常に迷いましたが、
少しつまんで素の具材の味も楽しみつつ、途中から投入というスタイルをとりました。
「きのこ」「ほっけ」「ねぎ」「揚げ玉」「味玉」が貝のようなお皿に盛られますが、
その中でも取り上げるべきはやっぱり「きのこ」と「ほっけ」ですね。
「きのこ」はマイタケ・シメジなどがバターソテー+マヨネーズで和えられたもので、
そのままでももちろん美味しいんですが、スープと一体になることで
いわゆる「塩バター」の風味になります。「超あっさり」からコクがかなり増しますね。
「ほっけ」は非常に脂がのっててジューシーです。当初燻してあるという情報でしたが、
燻しは多分無いですね。塩気も少なくて、魚の風味と脂のコクのみがスープに伝わっています。
元々が魚介の風味が強いので、魚の身が入ることにも全然違和感無い自然な仕上がりでした。

まぁお値段は少々張りますが、秋の味覚を感じられる玉響さんらしい一杯でした。
バターとほっけでどことなく「玉響in北海道」の雰囲気もあるのもまた面白い所ですね。
秋めいた庭の木々を愛でながら、純和風な店内で「秋」の一杯を感じるのもいかがでしょうか。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

168- 026-1
玉響 高浜店
高浜市神明町1丁目13-11
11:00~14:30 17:00~21:00
水曜定休
TEL:0566-53-8772
公式ブログ「玉響のブログ~たまブロ!~」


関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[玉響(高浜)
comment
なつめさんへ
こんばんは~。

一言で言うと、「トシ」ですかねぇ~(笑)
確かにガッツリ系が好きなんですけど、だんだんキツクなる年齢なのかな。
最近はあっさり系の割合も多くなりました。

玉響さんは、お店の雰囲気も含めてトータルで満足度が高いお店ですよね。
特に女性へのお奨め度なら、自分の中でもトップクラスです。

あ~、なつめさんオススメのトイレに入るの忘れました!(笑)
2010/11/05 22:32 | | edit posted by くまお
おはようございます

くまさんはガッツリ系が好きなのかなー?
と勝手に解釈をしてましたが、そうでもないのですね~
こちらはホント上品で雰囲気が良いですよねv-10 

久しぶりに玉響さんへ行きたくなりました
あ、以前言ったかもしれないですが、ここのお洒落なトイレへ入りました?(^.^)
2010/11/05 10:01 | | edit posted by なつめ
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/285-39c7fd2a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。