結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 あっ晴れ つけめん堂(東浦町)6
174- 002-1
らーめん全のせ 890円

東浦町のあっ晴れつけめん堂さんにおじゃましました。
今回イレギュラーの訪問だったんですが、それならば未食のらーめんをということで、
ランチタイムのご飯サービスと共にガッツリといただきました。

系統はいわゆる濃厚スープの「ドロ系」です。
ベジポタに頼らない動物由来の粘りつくような旨味が良く出ています。
それでいて案外口当たりは軽くて、飲みやすいスープです。
魚系が強く効いてるので、結果的に飲みやすく感じるのかもしれないですね。
その分、多少の魚粉によるザラザラ感が口に残りますが、それは仕方ないところかな。

麺はあっ晴れさんと言えば「浅草開化楼」。例のブランド麺「傾奇者」が採用されています。
ツルっとした喉越しはさすがの「傾奇者」ですが、やっぱりつけ麺のほうが合ってるかな。
つけ麺で食べる時のような食感の強さと、強い小麦の風味が感じにくいですね。

具材はそれぞれ単品では特徴もあって美味しいんですが、
全部のせだからか、全体的にごちゃごちゃしたような印象を受けたのが少し残念でした…。
特に糸唐辛子と穂先メンマは、絡んでくっ付いてしまい束で食べることに…。
うずらと海苔は濃厚系には合いますね。しいて言えば海苔はもう少し厚みがあると嬉しいかな。
チャーシューはしっかりした食感のタイプで食べ応えがあります。
スープと手鍋で煮込む一手間が加わっていることで、うまくスープとシンクロしていました。

全体的な印象としては、正直なところやっぱりつけ麺専門店の「らーめん」という印象でした。
うまくまとまっているし悪くないんですが、個人的にはつけ麺のほうがオススメです。
あと補足ですが、卓上のゆず酢が結構合うので早めに入れてもいいかもと思いました。
ごちそうさまでした。

174- 006-1
麺屋 あっ晴れ つけめん堂
知多郡東浦町緒川字三角35-1
平日:11:00~15:00 17:00~23:00
土日祝:11:00~23:00
木曜定休(2010.11月現在)
TEL:0562-84-1555
あっ晴れ公式ホームページ

店主さんブログ「あっ晴れ夢に向かって」

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[あっ晴れつけめん堂
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/298-1d121893
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。