結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
ぶっこ麺らーめん(岐阜県多治見市)
183- 005-1

183- 011-1
つけ麺大盛 900円(ぶっこ盛り+250円)

長年の夢と言ったら大げさですけど、一度は食べてみたくも未体験だった“ぶっこ”さん。
距離と臨休から壁が高かったんですが、念願叶い今回初めていただくことができました!
ここはウエイティングルームというか、ガラス越しの通路に待機スペースがあるのも有名で、
食べる側も待つ側も気兼ねなく過ごすことができる、行列店ならではの心配りがあります。
そのガラス越しにお店を眺める様は、まるでアトラクションのスタンバイのようで、
そこからつながる背の低い扉は、さながら“ぶっこ麺ワンダーランド”への入口でしょうか。
ここまで来たら思う存分味わいたく、大盛ぶっこ盛りのMAXでいただきました。

まずはつけ汁!これかぁ~って感じです。濃度感がハンパないです!
口中に粘りつくような濃度は、旨味が凝縮されたトロトロドロドロです!
もちろんそれは混じりっけのない、豚骨中心の動物濃度そのものの濃ゆ~い味わいを感じます。
その濃度は言うまでも無く東海地区トップクラスでしょう。
これだけの濃度なのに、つけ汁の温度が高くキープされているのも素晴らしいところですね。

そして自家製麺!いやぁ~なんて美しい麺なんでしょう…!
透明感があって、艶やかで、風味があって、喉越しが良くて、弾けるような食感…。
自家製麺といってもそれは色々ありますけど、自家製の特徴を最大限出したような麺ですよ。
濃厚なつけ汁にも全く負けない力強さとしなやかさを兼ね備えた素晴らしい麺です。

トッピングも素晴らしいですね。チャーシューはちょっとした衝撃を受けました。
トロトロの柔らかさと旨味の強さは、同じくトロトロのつけ汁にほとんど同化してます。
これだけつけ汁にシンクロしているチャーシューは初めて食べましたね。
他の具材も手抜かりは勿論無く、メンマのコリコリ・青菜やネギのシャキシャキ・
風味ある海苔・味玉のトロトロ加減と全てハイレベルなものでした。

色々な濃厚豚骨魚介のつけ麺を食べましたが、やはり名店にはそれなりの理由がありました。
いくら様々な思考を凝らした新店が登場しても、やはり真似できない美味しさがあります。
ぶっこ麺さんのつけ麺は、やっぱり東海最高峰の濃厚つけ麺でした。
素晴らしく美味しかったです!ごちそうさまでした。

183- 004-1
ぶっこ麺らーめん
岐阜県多治見市太平町1-14-1-101
11:00~14:00 18:30~21:00
月曜定休(祝日の場合翌日)月2回火曜休み ※臨時休業あり
TEL:0572-25-8595

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[岐阜県
comment
しんだまさんへ
どうも、ご無沙汰してます。
いやいや…妙にハイテンションな文章となってしまい、お恥ずかしい限りで…。
やっと今回“ぶっこ”未体験のレッテルを剥がすことが出来、
ちょっとした安堵感を感じています(笑)
こちらからは御嶽山級に高い山ですが、勿論また登りに行きますよ。
2011/02/05 00:33 | | edit posted by くまお
わざわざ多治見までお越しいただきありがとうございます。
ここまで丁寧に紹介していただけるとは・・・・。
ワシの適当なレポが恥ずかしくなります。
ハードルは高いですが、またの御来店をお待ちしております(お前は店主かっ!)
2011/02/04 20:29 | | edit posted by しんだま
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/325-39deea77
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。