結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
宮田麺児(大阪市中央区)
186- 009-1

186- 015-1
T2G雪解け 850円(別麺:JF100 350円)

無鉄砲さんから難波を北上して、向かったのは東心斎橋の「宮田麺児」さんです。
お笑い芸人シャンプーハットのてつじさんプロデュースの話題店として、
その噂は遠くこちらまでも届いてきたお店ですね。観光がてらの訪問です(^^;)

つけ麺専門店ですが面白いのは、つけ汁は1種類の固定で麺を選ぶというシステムなんです。
なので注文とは別に「別麺」という形で、違う種類の麺を追加できるようにもなっています。
というわけで、今回別麺を駆使して2種類選ばせていただいました。
「T2G雪解け」は、てつじさんのオリジナル麺の冬バージョンということで、
麦芽がパウダースノーのように振りかけられていて、「雪」を演出されています。
「JF100」は内麦使用の平打ち麺で、京都の老舗製麺所「麺屋棣鄂(ていがく)」製のものです。

しかし、この麺は美味しいですねぇ。どちらも甲乙つけがたい美味しさです。
「雪解け」のほうは麦芽とともに、軽く塩とブラックペッパーが効いていて、
そのままで食べるとまた麺の風味が十二分に味わえます。
思わずかなりの量を素で食べてしまいましたよ。
「JF」のほうはコシがかなり強い麺で、ギュッと小麦が詰まったような密度の高い麺ですね。
風味こそは「T2G」に軍配があがりますが、キメの細かさでいったらこちらですね。

このインパクトの強い麺に合わさるつけ汁は自信の1種類で、こちらがまた個性的です。
「ボンゴレポタージュ」と表現されたこのスープは、野菜・魚介・豚骨のトリプルスープで、
甘味と酸味の組み立てが、野菜による自然な組み立てであることがよくわかります。
甘みの中心は玉ねぎで、酸味の中心はトマトかな。
フレッシュトマトもいくつか入っていて、甘み酸味が爽やかですね。
トマトを多く使っているし「ボンゴレポタージュ」という表現なんですが、
そんなにイタリアン然としてはしてないのがまたいいですね。
動物系はそんなに強くないんですが、それを補足するように「豚かす」というものが、
沢山入っていて、これがつけ汁のコクを増すと同時に麺にも絡んでくる面白いアイテムですね。

正直、食べる前は斜に構えた部分はあったんですが、想像以上に面白くて美味しかったです。
値段はかなり強気ですけど食べる価値はありますね。いかにも遠征向きなお店とも言えるかも。
店内の客層は圧倒的に女の子が多いです。1人で来ている子も珍しくなかったですね。
大阪のつけ麺の底辺を広げる意味では、かなり貢献してるようですね。
観光がてら行けるお店なので、大阪へお越しの際は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

186- 020-1
宮田麺児
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-13-5
11:00~23:00
年中無休
TEL:06-6243-1024
公式サイト http://www.miyatamenji.com/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[関西方面
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/328-f0f0e7a9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。