結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 あっ晴れ つけめん堂(東浦町)8
192- 006-1

192- 010-1
【究極のつけ麺】 超濃厚つけめん~春の予感ラ・ラ・ラ~ 880円

究極のつけ麺という企画が始まっていますが、全くの手付かず状態だったので、
とりあえず1軒は行こうと、東浦のあっ晴れつけめん堂さんにおじゃましました。
今回の企画は夜限定が多いんですよね。
普段主に昼行動する私にとっては、昼からやってくれるのはありがたいことです。

今回の東浦あっ晴れさんの限定つけ麺のウリは大きく2つです!

【1.濃度を20%まで上げたという超濃厚つけ汁】
こちらはドロドロになるまで煮詰めた動物系に、ウニやカラスミ、
更に伊勢海老の味噌油といった、レアな高級魚介系食材を織り交ぜた贅沢なつけ汁ですね。
とにかく濃度にこだわったようで、山芋などでも粘度が上げられていて、
もうこれはつけ麺の汁ではなくて、和えるソースの類いのものとなっていました。
固形物が沈殿していて油分と分離しているので、かき混ぜながら食べないといけないのと、
ザラザラした口当たりがややマイナス点ではありましたが、
質感から想像するほどの重たさを感じずに食べ進めることができたのは良かったです。
またレア食材から来る魚介の旨味の強さはかなりのものでしたね。

【2.通常は二択の麺「傾奇者」「ふへん者」の合い盛り】
麺は個人的にもかねてから希望していた、「傾奇者」「ふへん者」の合い盛りでした。
マニアックですが(^^;)やっぱり同時に食べてこそ違いというものもわかるものですね。
お店では「風味の傾奇者」「モチモチ感のふへん者」という大きい説明ですが、
なんだろうなぁ…表現難しいんですけど、
「傾奇者」は、風味も食感も直線的というか男性的というか、力強い感じに対して、
「ふへん者」は、風味も食感も曲線的というか女性的というか、柔らかい感じがしました。
是非食べ比べて、違いを感じ取ってみて下さい。面白いですよ。

それから、お口直しの意味で乗っている柚子風味の寒天は、
とても良いアイデアだと思うんですが、あまり味的に主張の強いものではなかったので、
個人的にはですが、甘味なり酸味なりもう少しアクセントを効かせたほうが良かったかなぁ。
いろいろ扱いに悩んだ結果、最終的につけ汁に投入したのが一番面白かったですね。
温度低下は避けられないですが、温度差と濃淡のコントラストを味わえました。

限定品ならではの、遊び心と贅沢感を味わえる面白いつけ麺でした。
20日までの提供です。気になられた方はお急ぎくださいませ。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

192- 004-1
麺屋 あっ晴れ つけめん堂
知多郡東浦町緒川字三角35-1
平日:11:00~15:00 17:00~23:00
土日祝:11:00~23:00
木曜定休
TEL:0562-84-1555
あっ晴れ公式ホームページ

店主さんブログ「あっ晴れ夢に向かって」
※「超濃厚つけめん~春の予感 ラ・ラ・ラ~」は、
2/20まで提供の限定商品です。(1日10食限定)

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[あっ晴れつけめん堂
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/329-c9172cc7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。