結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺の坊 五月晴れ(名古屋市中区)
190- 005-1

190- 009-1
名古屋つけ麺 850円

6号店「男晴れ」と順番が逆になってしまいましたが、やっと来れました。
中区伏見「ヒルトン名古屋」東の晴レル屋5号店・「五月晴れ」さんにおじゃましました。
頑張ってテーブル席も3卓用意されてますが、イメージ以上に間口の小さい細長なお店ですね。
こちら5号店は晴レル屋系名古屋初上陸ということで、
「名古屋」の冠名を付けたつけめん・らーめんがオリジナルとなっております。
らーめんも迷いましたが晴レル屋といえばつけ麺ですので、まずはこちらをいただきました。

冠名の名古屋たる所以は、いわゆる名古屋名物の台湾ラーメンテイストということでして、
つけ汁は、唐辛子の赤とニラの緑が映えています。
晴レ系にしてはそれほど濃度は強くなくて、他の系列店とは毛色が違う感じです。
牛・豚・鶏のトリプル動物系だそうですが、この軽い感じは牛が意外と出てるのかも。
濃度を補うように強めの自家製ラー油が効いていて、少しオイリーな仕上がりでもあります。
その分、ラー油の風味・辛味は十分ですね。後を引く痺れるような辛味があります。

麺はオープン直後はラー油と合えてあったみたいですが、もうそれは止めちゃったみたいですね。
麺に関してはここだけの特徴というのは感じなかったですが、適度なコシのある美味しい麺です。
肉類は2種類。ブロックチャーシューとミンチがつけ汁の中に入っています。
チャーシューは崩れているんですが、しっかりとした食感が残っていました。
ミンチのほうは、粗めのキザミ玉ねぎや白髪ネギと共に麺によく絡んでいい感じですね。
ミンチが少なかったので、個人的にはチャーシューよりもこちらを増やしてほしいかなぁ。

最後ランチタイムサービスのセルフ雑炊でシメさせてもらいましたが、
正直この店舗にセルフ方式は無理があるような…。器を持って移動するのが危険な狭さですね。
炊飯ジャーは仕方ないとしても、スープ割りポットはカウンターに置いて頂ければ嬉しいです。
まぁでも晴レル屋系列の名古屋進出は単純に嬉しいですね。
部下が上司に「この店の本店は大府にあるんですよ~」と自慢げに語ってるのを聞いて、
ちょっと微笑ましくもあり、嬉しくもありでした(笑)
今後の展開も楽しみにしてます。美味しかったです。ごちそうさまでした。

190- 001-1
麺の坊 五月晴れ
愛知県名古屋市中区栄1-4-33
11:30~15:00 18:00~22:00
日曜定休
TEL:052-222-1881
晴レル屋グループ公式HP http://www.k5.dion.ne.jp/~hareruya/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[五月晴れ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/330-5ccdae1b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。