結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
油そば専門店 歌志軒(名古屋市昭和区)
190- 011-1

190- 014-1
油そば大盛 600円(トッピング:半熟玉子100円、もやし・キャベツ各50円)

昨年12月OPENの新店です。その名も「油そば専門店」歌志軒さんにおじゃましました。
名古屋ではまだまだ珍しい、いわゆるスープの無いラーメン「油そば」の専門店です。
こちらはチャーシュー・メンマ・きざみ海苔だけのった、シンプルな基本の油そばに、
お好みで10数種類あるトッピングを選んで追加していくシステムとなっています。

その基本の「油そば」は、タレと油があらかじめ丼の中に入ってはいますが、
あくまでそれは基本の味付けで、卓上のラー油と酢を足して食べるのが常套のようです。
もちろん量はお好みですが、このラー油と酢がまた全然穏やかな調味料でして…(^^;)
酸味・辛味は全然少ないので、思い切って入れても全く影響ないですね。

そこに絡む麺も、何というか優等生的なおとなしい麺ですね。
ほのかに甘いタレや、酸味・辛味の柔らかいラー油&酢には、合ってるとは思います。
よく言えば優しい味ですが、もう少しメリハリがあってもいいのかなという気はしました。

やっぱりノーマルのままじゃ寂しいので、トッピングは必須かなぁ。
オススメのキャベツは春キャベツで、確かに甘みも強く柔らかくて美味しかったです。
もやしも邪魔するアイテムではないので、トッピングとしては無難なところですね。
半熟玉子は、タレがおとなしい分だけ想像以上にタマゴの味に支配されてしまうので、
個人的には玉子は無くても良かったかな。釜玉をイメージすると少し違いますね。

一応大盛でいただいたんですが、そんなに麺量は多くないので軽く完食でした。
サラッと食べれるこういうものなんだなぁと思えば、決して悪くはなかったですよ。
ただトッピングを追加していくというシステムも影響してか、割高には感じましたね。

二郎系のようなヘビーでもなく、うどんのようなさっぱりでもないというこの「油そば」は、
立位置的には中途半端なのかもしれませんが、逆にそれはどちらにでも針を振れるという
自在性にも繋がっていくと思うので、今後どのように展開されるのか楽しみにしたいと思います。
ブログを拝見すると、こちらの場所への開店までに相当な紆余曲折があったようですね。
そういう話を聞くと、なんか応援したいなという気持ちになります。
是非頑張ってください!ごちそうさまでした。

190- 010-1
油そば専門店 歌志軒
愛知県名古屋市昭和区福江1-17-8
11:30~14:30 17:30~24:00(2月まで)
11:00~14:00 18:00~24:00(3月より)
不定休(公式ブログにて要確認)
TEL:052-385-7039
歌志軒公式ブログ http://ameblo.jp/kajiken-aburasoba/

※駐車場わかりにくいので注意。
伊藤園の看板を右折し、ぐるっと回った先の車検場隣に3台分の駐車場があります。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:2   trackback:0
[名古屋市昭和区
comment
しょーろんぽーさんへ
すみません、返事遅くなりました。毎度お世話様です。

しょーろんぽーさんの仰ることはよく分かりますよ。
明らかに今は、ジャンク系のほうがウケるのは間違いないですが、
あの油そばは、そもそもジャンクに持っていく物ではないですしね。

システム的にもコスパ的にも微妙な点は確かにありますが、
まだ新店なので、これからの大幅な展開を期待しましょう(^^;)
2011/02/16 21:45 | | edit posted by くまお
毎度様です。

オープン直後に私も伺いました。
こちらの油そばは、基本の味が何ともボヤけてますし、
それにラー油や酢を足すということですが、
ある意味、それらを<足す側>の匙加減で味がどうにでもなる訳で、同じスープオフでもまぜそばが主流なこの辺りでは、
ボリューム感にもジャンクさにも欠けますし、
消化不良としか言い様がありませんでした。
CP的にも今一つですね。
2011/02/15 05:31 | | edit posted by しょーろんぽー
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/331-0e68b1f5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。