結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 さくら(半田市)6
212- 003-1

212- 004-1
印度の荒武者 980円 (※荒武者SUMMIT対象メニュー)

麺の材料となる小麦粉をフューチャーしたコラボ企画、
「荒武者サミット」の一杯を求めて、半田のさくらさんへおじゃましました。
さくらさんといえば、カレーつけ麺がレギュラー提供されてるので、
いつもカレーの匂いが漂うお店ではあるんですが、
今回店の外まで漂う香りは、いつものカレーの香りと全然違います。
まさしく本格的インドカレーのスパイスの香りですね。これには食欲をそそられます。

もちろん実物を目にすれば香りは最高潮に。何ともいい香りですね!
口に含めばそれ程の辛味はなく、鼻に抜ける芳醇な香りが心地良いです。
一言でスパイシーと片付けては失礼に思えるほど、
様々なスパイスの絡んだ複雑なお味は、まさに「キーマカレー」と呼ぶべき本格的カレーです。
スパイスに関しての知識が乏しくて、具体的に表現できないのが悔しいんですが、
少なくとも簡単に作られたものではなく、スパイスをひとつひとつ微調整を繰り返し、
配合して完成された、さくらさんのオリジナルのカレーということだけは言えると思います。
何となく“カレーは想像がつく”というイメージがあるかもしれませんが、
少なくともこのカレーは、一般的に想像つくカレーの上を行くものです。

このキーマカレーに合わさる主役の麺は通常と同様、勿論さくらさんの自家製麺です。
うどんのようないつもの麺と比較すれば、普通の太さの太麺となっています。
麺の風味という点では、カレーの風味が強いので分かりにくいかもしれませんが、
非常にモチモチとした食感で、噛めば噛むほど味わいが豊かになる印象です。

具材はごくシンプルにミンチ・温玉・そしていかにも本格カレーに相応しいひよこ豆が。
キーマ(ミンチ)は細かくて、しっかりと味が染み込んでいます。麺への絡みも良いですね。
ひよこ豆はラーメン屋で見ない食材だけに、ホクっとした食感が新鮮でした。

さらにセットにはコールスローと自家製ナンが付いています。粋なセットですね。
コールスローはあんまり得意なサラダじゃないんですが、これは美味しいです。
酸味も少なくシンプルな味で、カレーの箸休めにはぴったりです。ピンクペッパーもイイですね。
ナンも美味しかったです。粉の風味という点では、むしろナンの方が分かりやすいかも。

最後キーマカレーが余ってしまうので、お腹に余裕があるなら是非“追い飯”をお勧めします。
細かいキーマカレーが絡むカレーライスが不味い訳がないです。ライスinオススメです!

月替わりの限定メニューが毎回追いかけられてないのが、今となっては心残りですね。
このお店は、伺えば新しい発見が必ずあるお店です。
懐の深さにはホントに毎回ため息が出るほどですね。今回も恐れ入りました。
まさに“Noodle is no border.”を体感できる一杯です。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

PICT0011-121.jpg
麺屋 さくら
愛知県半田市出口町1-45-16
11:30~14:00 18:00~21:00
木曜定休
TEL:0569-23-4741
※「印度の荒武者」は、5月いっぱいまでの期間限定メニューです。
数の限定はありません。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[さくら
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/372-655a94b3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。