結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺屋 克(西尾市)
212- 010-1

212- 011-1
克盛り(中) 800円

西尾もここへ来ての新店ラッシュですが、まずはこちらへ。麺屋克さんにおじゃましました。
ポスターの「東京激戦区勝ち組の味」という力強いキャッチコピーが目に付きますね。
詳しくは聞きませんでしたが、東京で修行された店主さんが出身の西尾に凱旋されたみたいです。
スープは豚骨ベースで、屋号を冠するガッツリ系の「克盛り」汁なしの「克そば」という
マニアを意識したメニューを筆頭に、「濃厚味噌とんこつ」「九州とんこつ」といった
一般の方に対しても受け入れやすいメニューも用意された構成となっています。
初回ですので、まずはお店の筆頭メニュー「克盛り」を(中)でいただきました。

デフォルトでテボ(麺を茹でる振りザル)軽く1杯分の野菜(もやしメイン)がのる盛りは、
野菜を追加しなくてもかなりのボリュームがあります。
細かい背脂が浮くスープは一言で表現すれば、いわゆる“豚骨醤油”ですね。
見た目からして二郎を意識したラーメンであることは間違いないんですが、
率直に表現すれば、“盛りのいいカラメの豚骨醤油ラーメン(太麺)”って感じですね。
オープン当初に行かれたフリークさんのお話では、味が薄めと聞いていたんですが、
修正されたのかな。タレ味は濃い目でむしろノーマルでも個人的には少し強いぐらいでした。
タレは強めだったんですが、スープは背脂と相まって気持ちトロミが掛かっていて、
口当たりはこの手のラーメンにしてはマイルドでした。でも濃度的にはライトな部類かな。
何となくサカナ系の味もしたんですが、なんだろう…タレかな?隠し味的に入ってるような…。

麺は小盛りで200g、こちらは中盛りで300gありますがこちらもイメージ以上に重いですね。
はじめは美味しく食べれるんですが、太麺の割には持続性がやや弱いところもあるようで、
食べ進めるに連れて、どんどん重くなっていく印象がありました。200gでも十分かな。
豚はチャーシューというよりこれは角煮ですね。大迫力なカタマリが2個入ってます。
白飯が欲しくなるような強い甘辛の味付けは、スープを変化させる程のインパクトがありました。

ニンニクの有無は聞かれますが、ニンニクありきのラーメンという印象ではなかったですね。
もちろんニンニクは合いますが、ニンニクに頼らなくても完結できるラーメンだと思います。
この味ならヤサイやニンニクを増してあちら系に持ってくより、魚粉の追加が面白そうです。
魚粉を入れたら全く表情の変わるラーメンになりそうですね。
汁なしや味噌なども気になるし、また近いうちにおじゃましたいと思います。
開店おめでとうございます。美味しかったです。ごちそうさまでした。

212- 007-1
麺屋 克
愛知県西尾市戸ヶ崎3-16-10
11:30~14:30 17:30~22:30
不定休
TEL:0563-65-6066

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:1   trackback:0
[麺屋 克
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/07 21:34 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/373-cab9c71d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。