結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
まるぎん商店(岡崎市)15
214- 003-1

214- 004-1
荒武者牛次郎 880円(※荒武者サミット対象メニュー)

半田のさくらさんに続いて2杯目ですね。“荒武者”という小麦粉をフューチャーした企画
“荒武者サミット”の一杯を求めて、まるぎん商店さんへおじゃましました。
まるぎんさんが持ってきたのは、その名も「荒武者牛次郎」という新作のまぜそばです。

“牛次郎”とありますが、“牛”は肉ではなく脂の牛…“牛脂”です。
なぜ牛脂を使っているだけで、“牛次郎”と名乗っているかということですが、
これは食べればわかります。“牛脂”やこのまぜそばの主役で大きなポイントなんです。
牛脂というと精肉のおまけでついてくるようなブロック状の塊で、
身体に悪いような重たい脂をを連想するかもしれませんが、全然違いますよ。
こちらの牛脂は無色透明でサラッとしていて、しつこさのような物は全然ないですね。
口当たりは軽くても独特のコクがあって、これが丸くて優しい醤油ダレと見事に合います。
ペッパーも唐辛子もフライドガーリックも、バランスを損なわない程度に適度に効いてますね。

そしてこのコラボの主役“荒武者”を使用した麺ですが、
先日いただいたさくらさんの荒武者麺より、弾力がある麺でした。
牛脂醤油ダレが思ったより優しかったのは、麺を感じる仕様ともいえますね。
こちらの麺も噛めば噛むほど味わいが深くなる印象です。じっくり食べたくなる麺です。

具材もまるぎんらしさが随所に見られます。サイコロ炙りチャーシューは定番ですね!
キャベツやもやしにメンマもいいですが、この中では長いカットの青ネギが面白かったですね。
敢えて細かく切らずに長いまま活用することで、薬味ではなく具材となっていたのが新鮮でした。
そして別添の割り下入り生卵を溶いて投入すると、また表情が一変します。
甘過ぎない甘さと生タマゴのまろやかさが、これが元の牛脂ベースのタレと合うんですよね。
すき焼き風につけて食べるのもアリだと思いますが、私は投入をオススメします!

もっとガツンと来るものかと思ってたのですが、想像よりも全然シンプルな味でした。
なぜ牛“次”郎のなのか?、なぜ“二号”じゃなく“商店”での販売なのか?という疑問は、
一口食べてすぐに吹き飛びました。間違いなく“まるぎん商店”のまぜそばでした。
飾らずにシンプルに素材の美味しい食べ方を教えてくれるのが、まるぎんさんの真骨頂ですね。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

204- 012-1
まるぎん商店
愛知県岡崎市寿町13-20
11:30~14:00 18:00~22:00
水曜定休
TEL:0564-25-8578
まるぎんグループHP
※「荒武者牛次郎」は5/31まで、1日20食の限定商品です。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[まるぎん商店
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/378-5ad3ff71
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。