結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
大岩亭(安城市)2
216- 003-1

216- 004-1
辛いラーメン(こってり) 650円

2回目を狙っていたんですけど、スープ切れ等でなかなかタイミングが合わなくて
今回やっと来れました。安城の大岩亭さんにおじゃましました。
GW前に一気にネット界で話題となってからは、かなりの混雑ぶりだったようですが、
従業員さんが増えて2人体制になりましたし、だいぶ落ち着いてきたようですね。
回転灯が付いたので、営業してるかどうかも分かりやすくなっていました。

今回は辛いバージョンのほうでいただいてみましたが、
スープのベースの色はハッキリ認識できますね。思いっきり「緑」です(^^;)
さらにグリーンが増しているということは、味覚の印象もさらに昆布色が強くなっています。
今回のスープは豚骨云々というより、昆布がメインのスープになってましたね(笑)
昆布が増している分粘度もさらに増していまして、もう行くところまで行ったという印象です。
やり過ぎ感は正直ありますけど、これも個性!いいじゃないですか。
“みんなちがってみんないい”の代表的なラーメンですよね。好みは別にしてね(^^)

辛味は自家製ラー油で付けているようで、卓上のラー油と一緒ですね。自分には結構辛いです。
今回若干酸味を感じるんですが“辛い”仕様なのかな。「辛いラーメン」ではプラス材料でした。
昆布以外にも色々なものが浮いていますが、昆布でない黒い粒は焦がした唐辛子みたいです。
丸い粒も唐辛子の種子ですね。独特なスープがさらに賑やかになっています。
タレ味がそんなに強くないので、辛さ成分はよりクローズアップされている印象でした。

“大岩亭”のラーメンは少なくとも“大岩亭”に行かないかぎり食べられない一杯です。
さらに個性的になって食べ手を選ぶ一杯ですが、ツボにハマれば忘れられない味になりますね。
そして、ラーメンの味も個性的で魅力的なのはもちろんなんですが、
大岩さんの頑張ってる姿に触れると、ラーメンの味以上に何か感じるものがありますよね。
言うなれば、“自分も頑張ろう”と元気をもらえるラーメン店かな。
何か辛いことがあった時に大岩亭さんを思い出して、元気をもらいに行こうと思えるお店です。
色々と大変でしょうが、また次も元気と笑顔で迎えてほしいと願っています。
またおじゃまします。美味しかったです。ごちそうさまでした。

追伸:新しい店員さんの接客も良かったですよ。
短期間で“大岩亭魂”引き継いでるのに感心しました。二人三脚で頑張って下さいね!

207- 012-1
大岩亭
愛知県安城市緑町1-16-9
11:00~14:00 17:00~21:00
(スープがなくなり次第終了)
月曜定休
TEL:090-4231-6503

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[大岩亭
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/384-4b292257
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。