結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
ばーばら(幸田町)14
217- 021-1

217- 023-1
たらこの豆腐クリームまぜそば 800円 (6月限定)

6月限定のメニューをいただきにばーばらさんにおじゃましました。
まぜ屋はなびさんの“明太子クリームまぜそば”と、ファミレスの“タラコスパ”を
ヒントに考案されたという一杯、その名も「たらこの豆腐クリームまぜそば」です。
ちなみに名前は“たらこ”ですが、使われてるのは辛いほうのたらこ“明太子”です。

油そば用の黒いお皿ではなく、白いラーメンどんぶりでの提供のこちらは、
明太子の赤と大葉のグリーンが映えるキレイなビジュアルですね。
豆腐クリーム・明太子・大葉&薬味類が、層を成すように重なっていますが、
それぞれの素材単体は混じりけのないシンプルなものなので、
まずはガーっと混ぜちゃったほうがいいですね。
パーツの全てが混ざることによって、一体感が生まれるタイプの「まぜそば」です。

「一体感」と書きましたが、その決め手がこの豆腐クリームですね。面白いなぁ…これ。
エスプーマという機械を使ってムース状になっていまして、フワッとしてます。
そのままでもフワッとした豆腐なんですが、麺や具材と一気に混ぜることで
豆腐クリームに空気が入って、さらにフワッとして全体を優しく包む印象です。
豆腐の存在感もムース状からさらに混じり合うことで、良い意味でフェードアウトされていて、
豆の持つ「味」と「食感」両方の柔らかさという、良い特徴のみ前面に出てるような気がします。
まさに名脇役・名引き立て役の豆腐クリームですね。

そんな名脇役に引き立てられたこの丼の主役“明太子”はかなりの量ですね。一はら近いかも。
これだけ入ると塩分が気になりそうですが、決して塩辛くはなく良い塩梅ですね。
タレがごく控えめというのもありますが、やっぱり豆腐クリームの存在が大きいですよ。
明太子の強い存在感を和らげるクッションの役割を、確実に豆腐クリームが果たしています。
量といえば、大葉(青じそ)もたくさん入ってましたね。明太子との相性が良いですよね。

いやぁ…この発想と完成度には参りました。凄いですよ。
発想はパスタからのようですが、ただ「タラコスパ」を「タラコまぜそば」にしたんじゃ、
確かに面白くないですし、クリーム系にするとまんまパスタっぽくなってしまう…。
そこで出てきたのが豆腐ですが、そのまま使うと今度「豆腐サラダ」っぽくなりそう…な所、
“エスプーマ”で豆腐をムース状にしちゃったこのアイデアですね。
あくまで口当たりは優しくスッキリ、クドくなくてさっぱり、そして明太子のピリ辛と。
豆腐トウフしてないし、これ完璧じゃないですか。やらなかったけど“追い飯”も美味しそう!
明太子なら通年入る食材だし、レギュラーにならないかな…と思うぐらい、
記憶に残る限定物になりました。老若男女イケるまぜそばだと思います。
かなり美味しかったです!ごちそうさまでした。

___麺のこと書き忘れてました(^^;)平打ちの太縮れ麺です。
“絡み”という点ではバッチリ!好相性の麺でしたよ。

204- 005-1
ばーばら
額田郡幸田町大草馬場73-1
11:30~14:00 18:00~22:30(スープ切れ終了)
月曜定休(4月より火曜日も営業となりました)
TEL:0564-63-0807

【追記】
※6/19に、南三陸町へ炊き出しに行かれるそうです。
その際に持ち込む支援物資をばーばらさんが募集されています。
詳しくは店主さんブログ「ばーばらのブログ」にて
ご協力よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[ばーばら
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/385-43f316b2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。