結納
fx比較
くまぶろは、頑張ってる人達を応援します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by くまお
 
[スポンサー広告
麺びより まるやす(刈谷市)2
215- 012-1

215- 016-1
鶏台湾つけ麺(大盛) 900円

オープン当初に続いて2度目の訪問です。刈谷市小垣江のまるやすさんにおじゃましました。
前回と変わらない活気あふれる店内と、吉田兄弟?の軽快な三味線の音色に気分も高揚しますね。
今回はもうひとつの辛いほうのつけ麺、台湾バージョンの「鶏台湾つけ麺」をいただきました。

提供時のビジュアルはノーマルの「鶏白湯つけ麺」とさほど変わらない乳白色なんですが、
これが少し混ぜれば、みるみるうちに赤く染まっていきます。
口にすれば唇にしっかりとした辛さが残る仕様で、個人的には結構辛さを感じました。
ネーミングの台湾的要素は特にないですかね。辛さとニンニクぐらいですね。
多くはないけどニンニクがそれなりに効いてるので、気になる方は注意が必要なレベルです。
辛味成分の中には細かいエビも見られます。多少の風味はあるがそれほど強い影響はないかな。
ベースの鶏白湯が安定しているので、チョイ足しのイメージですがそれでも十分ですね。

麺は変わらず好印象です。平打ち麺はつややかでつけ汁の絡みも良いですね。
前回見られたようなオペレーションのミスもなく、ベストの状態でいただくことが出来ました。
メンマとチャーシューは前回より量が増えてるような印象ですね。
ネギも変わらず辛めで多めです。薬味としての存在感強いのはネギ好きには有難い限りです。

最後はランチサービスの「茶漬け」をいただいて、つけ汁をぶっかけての完食です。
鶏白湯は豚骨よりもさらに素材の甘さが出ているので、
それが気になる方には、卓上に辛味成分がないので最初からこちらを選んだ方がいいですね。
ただ私みたいに辛さ耐性が無い方と、ニンニクNGの方は気をつけたほうがいいかもしれないです。
目新しさはありませんが、ここの鶏白湯スープは新店舗らしからぬ安定感が今回もありました。
美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

210- 001-1
麺びより まるやす
愛知県刈谷市小垣江町中伊勢山22-1
11:30~14:00 17:30~22:00
月曜定休
TEL:0566-91-8283
公式HP http://menbiyori-maruyasu.com/

関連記事
スポンサーサイト
Posted by くまお
comment:0   trackback:0
[まるやす
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kumaokun712.blog42.fc2.com/tb.php/389-2deaea5e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。